お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年5月17日

1426: 7頭目のモグラ君がこのたびめでたく発見されました。

土中観察窓南砂町駅前の江東区立あゆみ公園でかねて行方不明で有るとして捜索されていた7頭目のモグラ君がこのたびめでたく発見されました。
http://mememam.blog43.fc2.com/blog-entry-263.html
謹んで、お祝いの言葉を添え、報告申し上げます。

なお、このモグラは新砂3丁目地内にあるあゆみ公園の区の公設看板にて、7頭の存在が公示されながら、なぜか6頭しか発見されず、南砂町の7不思議の一つとして3年間も問題視され、多くの市民の注目を集めてきたものです。

シルエットオブワンダーランド

後の6つの謎をでっち上げなくてはならなくなり、清澤院長はその対応に苦慮しておりますが、それは後日の話題として。)

このたびの発見により、江東区立あゆみ公園は、地下をテーマとした世界で唯一の公園であることが再認識されることになりました。

電車
この公園は、東京メトロ東西線の線路の真上に位置しております。園内には実際の地下鉄車両を切断したモニュメントも置かれており、日中ないし深夜にその展示車両の座席でまどろむとその直下を通過する東西線車両の通過する走行音も聞こえると言う噂が有ります。

電車2この公園の開園は2002年(平成14年)4月1日であり、それまでは最近まで当医院の家主であった東京湾土地開発株式会社の運営する有料駐車場となっていました。西に向かって連続する運河の埋め立て地がそのさらに前の姿であり、さらにさかのぼれば第二次世界大戦当時はまだ海岸線を形成していた模様です。公園の北を走る道路は、最近はコミューター道路などと言う色気のない名称で呼ばれておりますが、従来は海岸堤道りと呼ばれていて、道の南側にはかつて海岸線を形成していた堤防が部分的に残存しております。

電車3東京湾土地株式会社及び東京湾マリーナ会社はその後、従来の親会社であった石川島播磨重工業(正式名はIHI:アイエイチアイ)に吸収合併されて消滅致しましたが、その管理部門はアルカナール南砂の3階に今も同じ職員で存続しております。かくして、当医院は今年からその家主が東京証券取引所一部上場会社となりました。

電車3
この公園は新砂三丁目3番6号がその地籍ですが、隣接する商業施設であるアルカナール南砂は3番53号という変則的な地籍配列となっており、その地籍を衛星ナビに入力しますと順天堂江東高齢者医療センターの南辺りを示しますので、宅配業者などが品物の配送に苦労する場面にもしばしば出会います。

地下には東西線および砂町水再生センターへ通じる巨大暗渠(下水道)が存在しているため、それらに関連した遊具やモニュメントが設置されていることがこの公園の特徴です。今回話題になっているモグラの造型物もそれを記念して配置されたものです。この、地下下水道は、地下鉄の下をくぐるため、サイフォン構造にしてある模様で、その設置工事は、現在永代通りをまたぐ歩道橋辺りに

古くからの住人ならではの知識としましては、展示されている地下鉄車両の南隣付近には巨大な防火用水槽も埋設されております。その入り口はマンホールになっていますが、その設置時には大きな穴を掘り、タンクを埋設してから再び土盛りがなされました。

園内には東西線5000系電車先頭車両が、カットされ保存されています。ただし、車両の床板は外され、座席は木製ベンチ(公園内ですから、来訪者が長時間の睡眠を取れぬように工夫されています)、車両のナンバープレートや営団地下鉄のエンブレムであるSマークは模造品とのことです。

東西線は公園のすぐ先で地上に出るため、その走行深度はごく浅く、車内に入ると直下を走る東西線列車の振動が聞こえるそうです。

また、保安上の目的か、グーグルアースではそのトンネル出口付近は写真が閲覧できないようにされていました。

ファイブスター
その他にも、地下鉄の車輪の実物や、公園の地下を通る砂町水再生センタへ通じる巨大下水管の一部を複製した輪状の展示物、駅名板に似せた公園の看板、東西線05系電車の形をしたジャングルジムも展示されています。

なお、簡単な運転台のような物も作られているが実車とは異なり2ハンドルです。また、乗って動かす小児向けの遊具もあり、児童公園の部分は動物が入らぬように策がしつらえてあります。

公園の入り口は各方面に向かって開放されており、05系の前面の一部がデザインされている物もありますが、これらの05系をデザインした物は、当時最新だった8~10次車タイプの物である。

近くの未就学時や小学生たちが毎日遊んでいるが、列車の屋根で遊んだり、車内のいすに寝転がる、ホームレスではないと思われる人もいるという話がある。

通称は電車の公園。近隣には新砂のぞみ公園や新砂めぐみ公園があり、海岸堤通りを北に超えるとさらに広大な南砂3丁目公園が展開しています。

Categorised in: 未分類