お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年5月2日

1402 健康ページにドライアイの記事が出ていました。

73
yomiドクターという石井苗子さんの書く健康ページにドライアイの記事が出ていました。オフィス周り、デスク周り、目の周りとドライアイを各自が改善する工夫をすることも大変結構なのですが、眼科としての治療も考えていただかないといけないと思いますので、コメントを付して引用させていただきましょう。

74
確かにドライアイは重要な眼の病気であり、新聞記事に取り上げていただくのは大いに結構です。石井苗子さんが看護師資格も持つ医療関係者であることを存じ上げております。彼女が面白い話題を提供しようとする意図は分かりますが、ドライアイの対策に涙の出る悲しい小説を手元に置くと言うのは医学的には全くナンセンスです。

75
 まず、(1)ドライアイには涙液層の不安定化によるものと、(2)本当に涙の分泌量のへっているものがあるのです。その中では涙液層の不安定になったものの方が実は多いのです。また涙には、(1)涙の基礎分泌、(2)痛みなどに対する反応性の涙、(3)感情に伴う涙、3種類の涙が有ることが知られていて、涙液分泌が減るタイプのドライアイというもので有っても、その原因の多くはこのうち(1)の基礎分泌の低下であるからです。

76
2007年05月11日
336 VDTと眼の健康管理
特許庁の新任職員研修の講師を頼まれて,昼休みに霞ヶ関に駆けつけて話をしてきました。。(記事にリンク)
 ドライアイの治療に私はまずヒアレイン点眼を処方します。次に、眼鏡を処方してガラス面の大きい眼鏡を風除けの目的で作ってもらいます。さらに可能であれば、部屋の空気への加湿などお勧めしています。シルマーテストでも涙液の減少が見られ、瀰漫性表層角膜炎や糸状角膜炎などの角膜障害が強ければ、涙点プラグをお勧めする場合があります。

ーーー引用開始ーーー

77
(石井苗子の健康術2010年5月1日 リンク)

ドライアイぐらいで医者に行けるか!!!
(ドライアイは立派な病気なのです。ドライアイになる原因は眼の乾きと疲労。眼が疲れると涙も出なくなることをご存じでしょうか)

78
 以前このブログで「号泣の健康法」を書きましたが、涙を流すことは、ストレス管理だけでなくドライアイの予防にもなるのです。しかしあまりストレスや眼の疲労が溜りすぎると、出そうと思っても涙が出なくなってしまう。ストレスやドライアイは、涙の量まで減少させてしまうのです。

80
 ドライアイぐらいとバカにしてはいけません。立派な病気なのです。ストレス、眼の疲労、ドライアイ、この三角関係を無視してはいけません。乾いた目が原因で眼の表面に無数の傷が付き、そこに細菌が入り込んで感染症を引き起こしたり、さらには視力も低下していくという症状になっていく場合もあります。でも「先生目が疲れるぐらいで眼科なんか行けないですよ、疲れはストレスからなんですから」と心療内科でおっしゃる方もいらっしゃいます。

79
 ドライアイは立派な病気なのです。

 今800万人以上もの日本人がドライアイを自覚しているにもかかわらず、病気としての認識が低いために放置していることが多い。

 例えばコンタクトレンズをしたまま乾燥したオフィスでイライラしながらメールの返事を書き、自宅に戻ってまたチェックするといった緊張の連続は次第に涙の量まで減少させます。ではどうしたらいいのでしょうか。

81
 ほんのちょっとした工夫でドライアイの管理を楽しむことができます。

 眼が疲れたなと感じたらコンタクトをはずしてマメに目をつぶり、ドライアイ用の目薬をつける。テレビは目の位置より下に置き、見下ろすように見る。パソコンの文字は大きくして、あとで変換する。できればパソコンの位置も目線が下になるような所に置くのが理想的です。照明はパソコン画面に直射しない。女性はデスクワークするときに足先と腰を温めながら、加湿器か洗濯物を室内に干すなどして湿度管理をする。

82
 最後に、涙で眼をうるおす方法ですが、感動して涙を流せる材料を手元に置いておく。今の私の場合は、茨木のり子さんの詩集なのですが、中でも「兄弟」という詩を読むと、なんにもしなくても1行目から涙が出てくるんです。これで私は、ストレスとドライアイの予防を手軽にやっております。
ーーーーーーーーーーーー

83
2010年03月02日
1309 あの社長の涙は何なのだ? 涙における各カテゴリの基礎的記述(一般向き)
某有名自動車会社の社長の涙を見て、”あの涙は一体どう医学的生理学的にはには説明されるのか?”と質問を寄せてくださった一流新聞社の方がいました。(続きを読む)

84
2006年05月24日
101 涙点プラグ(ドライアイ、ジェーグレン症候群)(一般向き)(当ブログ内の関連記事にリンク
 ドライアイの治療にはまずヒアレイン点眼を処方します。次に、眼鏡を処方してガラス面の大きい眼鏡を風除けの目的で作ってもらいます。さらに可能であれば、部屋の空気への加湿などお勧めしています。
シルマーテストでも涙液の減少が見られ、瀰漫性表層角膜炎や糸状角膜炎などの角膜障害が強ければ、涙点プラグをお勧めする場合があります。

61
2007年02月17日 
285-2 涙ーこの神秘の世界ー山田昌和先生講演を聴いて
山田先生のご発表の聴講記録です。”涙ーこの神秘の世界ー”、東京感覚器センターの山田昌和先生
 ドライアイは成人の10-15%が悩んでいる疾患で、涙液の減少によるもの(シルマーテストの短縮で診断される)と涙液の不安定化によるもの(これは涙液の表面の平坦な反射が崩れるのに要する時間、すなわちBUT brake up timeで診断される)に分けられます。このうちでも、涙液不安定型のドライアイの頻度が圧倒的に多く、これにはマイボーム腺の機能不全、コンタクトレンズの装用に伴うもの、VDT作業によるものなどが含まれて居ます。(この記事にリンク

62
2009年01月25日
775 “ドライアイを極めよう”という講演会を聞いて来ました。(眼科医向き)
“ドライアイを極めよう”という講演会を聞いて来ました。この講演会は東京都眼科医会が開催している平成20年度卒後研修会の第10回です。(詳細を読む

清澤の追加コメント:
コラーゲンプラグ
眼瞼痙攣の治療をすることが多い当医院ではコラーゲンにしろシリコンゴム製のイーグルプラグにしろ、涙点プラグを治療に使う事が多いです。ヒアレイン(ヒアルロン酸0,1%ないし0,3%)の点眼でドライアイがしのげればよぴのですが、それでも仕事にならないというような場合にはどうぞ眼科医にご相談なさってみて下さい。当医院ではこれらのプラグを常備していますので初診の日にでも施療が可能です。

Categorised in: 未分類