お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2010年4月28日

1391 バックリング素材の脱出に関する質問とお答え

網膜はく離術後の埋設素材の露出についての質問を頂きました。通常の素材で糸の緩みであればその除去は比較的容易ですが、マイラゲルの膨潤で有るとその除去はちょっと厄介です。

質問
2010/04/26 13:08 投稿者:ヒロポン 210.128.112.2
はじめまして。
私、網膜剥離の術後がかれこれ20年が経ちます。右目を手術したのですが、ここ4,5年前くらいから下まぶたのあたりの腫れが若干ですが目立ってきました。かかりつけの眼科医は、たぶんシリコンが緩んでるかもしれないとのこと。でも心配ないよと言われます。最近何かで読んだ記事で、今は使用禁止のモノが当時は網膜剥離の手術に使われていたことを知りました。本当に心配ないのでしょうか?私のかかりつけの眼科医は、K医科大学病院にて手術後、紹介を受けた開業医で、通いつづけてかれこれ20年です。

あと、もうひとつ相談ですが、
そのかかりつけは大阪にありますが、いま私は転勤で東京にいます。東京の先生を紹介してくれと言ったときも、先生は、年に1回か2回はこっちに帰ってくるでしょ。そのときにまた見せに来てくれたら大丈夫だよと言われ結局紹介されずでした。
こういった場合はどうすればよいのでしょうか?
長々とすみません。
どうぞ宜しくお願いします。

2010/04/28 06:33 投稿者:kiyosawaganka 121.94.159.170

お答え:それはご心配なことですね。通常のバックリング用のシリコン樹脂が糸の緩みで浮かび上がってくる場合と、マイラゲルという名前の素材が膨らんでしまう場合があります。
マイラゲルに関しては2007年12月21日の清澤眼科医院通信171 網膜剥離手術後の埋没物マイラゲルMIRAgelの脱出:網膜剥離に対して逢着されたスポンジが膨潤して、眼球運動の障害を示した患者さんが私の診療所にやって来ました。(https://www.kiyosawa.or.jp/archives/50639120.html)をご覧ください。

これはあまり多いものではなく、網膜はく離術後何年もたってそのあたりに外から見えるふくらみを生ずるのは、多くの場合は糸の緩みかと思います。剥離は多くの場合もう落ち着いていますので、バックリングを手術的に取り除いてよいかもしれません。

 外す手術は入れる手術よりは普通は短時間のものです。ただし、眼球壁が薄くなっているでしょうから危険はあり、細心の注意が必要です。

 まずMRIを撮って状況を判断し、手術的除去のために紹介を出すとすれば、その案件に慣れた施設に渡すのが良いかと思います。東京在住でしたらご相談下さい。
ーー追加コメントーー

20年前からの概要を紹介状にまとめていただいて来ていただいてもよいですが、それは必ずしも必要ないと思います。

自分が診掛けた患者さんですと、またおいでと言ってしまいがちですが、宛先未確定でも転居の場合には紹介状を作る方が患者さんには親切ということも少なくはないのでしょうね。

Categorised in: 未分類

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com