お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2010年4月26日

1388 東京都眼科医会学術部委員会で聞いたさまざまな話題です

aigo
 東京都眼科医会の学術部委員会が4月25日(日曜日)に行われました。(この記事は眼科医と一般の方々への話題提供です。)

 まずは本日までに休日を使って4日間で行われた眼科コメティカルの修了模擬試験の採点です。神経眼科部分の問題の原案はその講義を担当した私が作ったのですが、まずは無難にこなしていただけたようでした。

 全国規模の本試験は来月行われます。眼科医院の職員はこのような講習を受けて患者さんの質問を適切に院長に繋ぐことができる様な教育を受けています。当医院の医療事務系職員は入職後1年すると全員に受講を求めています。今年も2名が聴講しました。

ドッグカフェ
 東京都眼科医会では、JR四谷駅からほど近い東京都眼科医会事務所の会議室で教授クラスの講師を招いて毎月第4土曜日午後(例外有り)に眼科医向けに眼科卒後研修会を開催しています。毎回の眼科医聴講者は20-40人程度です。

 高名な大学教授を含む先生の講演をまじかに聞くことができ、ケーキとコーヒー付きの気さくな雰囲気の中で質問もゆっくりと自由にできる解りやすい勉強会です。
 
 今年は全分野をカバーする現在の講演項目は換えないで、講師が一部替わるわることになりました。無料の講演会も多い中で、年間10万円の聴講料は高いと言う声も有りますが、講演会の運営は赤字です。

 眼科医の皆様は東京都眼科医会事務局(電話 03-3353-8383 )にお問い合わせの上、聴講をご検討ください。年間席が原則ですが、単発でのご聴講も受け付けているはずです。ベテランの先生に交じって若手の開業医の参加も増えています。(ちなみに私も会場係として12回のうち最低2回は会場に伺います。)

 この研修会については、さまざまに広報を行っているが聴講する会員がこれ以上集まらないという事なのでこのブログにも書いてみました。

しのう
 もうひとつの話題は、視能訓練士の就職難が発生しているそうです。新しい学校が大量の卒業生を出したが、就職が決まらない卒業生が大分いて、都眼科医会に採用募集の申し入れがあったので会員への連絡はがきにこの件を記載したのだそうです。大手レーシックセンターの業績不振もそれに輪をかけているとか居ないとか。
 
 眼科医開業医には従来から大変貴重であった視能訓練士の従業員ですが、今が採用のチャンスかもしれません。当院の検査系職員は4人全員が視能訓練士です。

ラベンダー
 もうひとつ思い出しました。模擬試験採点中の雑談で眼科に大いに関連が有る或る新聞記事の話が話題になりました。帰ってきてから探したら見つかりました。 

 ”手術前アロマでリラックス 日本医科大血圧上昇防ぐ効果も: 手術前にアロマの香りでリラックス――”というものです。日本医科大学眼科の志和利彦・診療教授が4月から、手術を受ける患者の待合室や、外来の診察室でラベンダーのアロマオイルをたく試みを始めた。手術前の患者の緊張をほぐすのが狙いで血圧の上昇を防ぐなどの効果もあるという。「手術前の緊張が和らいだ」と患者からも好評だ。という話です。(出典ページへリンク)其処にいたみんなで納得した結論はアロマも良いが志和先生のキャラクターが最大の癒しでしょうということでした。

 この外来のアロマ、当医院でもやって見ましょうか?。もう少し検討してからでしょうね。

Categorised in: 未分類

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com