お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2010年4月9日

1368 「補装具における遮光眼鏡の取扱指針改正のお知らせ」

新潟の安藤先生(済生会新潟第二病院眼科 安藤 伸朗先生)は盲人のリハビリテ―ションなどに関して積極的に取り組んでおられ、盛んにメールマガジンで情報を発信しておられますが、今回出された”補装具における遮光眼鏡”に関する政府の取り扱い指針の変更を教えてくださいました。身体障害者手帳のある患者さんで、一割の自己負担の様です(今後私は確認します)。この内容はすべて既に公表された内容の様ですので引用させていただきます。

ーーー引用開始ーー
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「補装具における遮光眼鏡の取扱指針改正のお知らせ」

 平成22年3月31日に、厚生労働省から発出された「補装具費支給事務取扱指針の一部改正について」
(障発0331第12号障害保健福祉部長通知)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(旧)補装具の対象者について
 種 目:眼鏡
 名 称:遮光眼鏡
 対象者:網膜色素変性症、白子症、先天無虹彩、錐体杆体ジストロフィーであって羞明感をやわらげる
必要がある者
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(新)補装具の対象者について
 種 目:眼鏡
 名 称:遮光眼鏡
 対象者:以下の要件を満たす者。
  1) 視覚障害により身体障害者手帳を取得していること。
  2) 羞明を来していること。
  3) 羞明の軽減に、遮光眼鏡の装用より優先される治療法がないこと。
  4) 補装具費支給事務取扱指針に定める眼科医による選定、処方であること。
      ※この際、下記項目を参照の上、遮光眼鏡の装用効果を確認すること。
       (意思表示できない場合、表情、行動の変化等から総合的に判断すること。)
    ・まぶしさや白んだ感じが軽減する
    ・文字や物などが見やすくなる
    ・羞明によって生じる流涙等の不快感が軽減する
    ・暗転時に遮光眼鏡をはずすと暗順応が早くなる
  ※遮光眼鏡とは、羞明の軽減を目的として、可視光のうちの一部の透過を抑制するものであって、分光透過率曲線が公表されているものであること。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 この改正により、これまでの支給対象者を4疾患に限定するのではなく、上記の要件を満たす対象者へ
適用されることとなり、「遮光眼鏡」の定義も明確化されました。
 なお、上述の「補装具費支給事務取扱指針に定める眼科医」に変更はありません。自治体により取扱いが違うようですので、ご確認ください。

平成22年4月
          日本ロービジョン学会補助具検討委員会
          (代表者 守本典子:岡山大学眼科)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

尚、この件について、読売新聞HP yomiDr(よみドクター)に以下のように紹介されていますので、患者さんは既に知っているものと思われます。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=23246
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「遮光眼鏡の購入補助 拡大」
 特定の波長の光を遮ることで、視力が低下した人のまぶしさなどを低減する「遮光眼鏡」について、厚
生労働省は、4疾患に限られていた購入費の支給基準を見直した。4月からは、白内障や緑内障、糖尿病
網膜症など、遮光眼鏡で見えやすくなるとされる他の多くの眼病に対象が広がる。

 同省が見直したのは、「補装具費支給事務取扱指針」で、身体障害者手帳を持つ人が補装具を購入する際に、自己負担分1割を除く費用を支給する基準を定めたもの。遮光眼鏡については、網膜色素変性症、白子症、先天無虹彩、錐体杆体(すいたいかんたい)ジストロフィーの4疾患に支給が限られていた。今回の見直しでは、〈1〉まぶしさによる苦痛を感じていること〈2〉眼科医による処方であること――などの支給要件を細かく定める一方、疾患名による限定は外した。

 遮光眼鏡はエネルギーが強い短波長の光(青色)だけを選択的に遮ることで、サングラスのように視界全体を暗くせず、まぶしさや白んだ感じ、コントラストの低さを改善する。約3万円で、これまで4疾患以外は全額自己負担だった。
(2010年4月8日 読売新聞)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーーー引用終了ーーー
安藤先生(済生会新潟第二病院眼科 安藤 伸朗先生です)、貴重な情報をいただきありがとうございます。
みなさんと情報を共有させていただきますので転載をお許しください。
なおこの内容に関しては別経路での確認が清澤ではできていませんので、情報が必要な読者の方は当方ではなく直接行政機関にお問い合わせください。

清澤

ーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com