お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2010年4月8日

1367 特異的IgE(MAST33アレルゲン)の新しい採血検査が行えます

ーーーーーーーーーーーーーー
同時多項目アレルゲン特異的IgE抗体測定
○原因のはっきりしないアレルギーにお悩みの患者さんに朗報です。33種のあらゆる抗原を一度に調べる(特異的IgE(MAST33アレルゲン)日立化成製の新しい採血検査が江東微研で行ってもらえるようになっていますので紹介いたします。

最近のアレルギー疾患は食・住および自然環境など様々な環境変化を背景に、複数の抗原(アレルゲン)に反応する場合や、複数の増気に病変を有するタイプ、重症化・低年齢化などが報告されています。
mast cell このたび、陽性度の高い33種類のアレルゲンを一度に測定する特異的IgE(MAST33アレルゲン)検査を開始します。同検査は少量の採血で、広範囲にアレルゲンの検査ができるスクリーニング検査として有用です。抗生アレルゲンには、抗生労働省により食品の原料表記が定められた特定原材料7品目(エビ、カニ、小麦、そば、卵、乳、落花生)すべてが含まれています。
mast cell 採血量は微量(血清0.5ml冷蔵)で、3割負担の患者さんなら5000円程度の負担(実施料点数1430点、免疫学的検査判断領144点)で所要日数5-7日で結果が見られます。結果はMASTクラスといって0から6までの7段階で示され、1なら擬陽性、2-6が陽性と判定されます。
 興味のある方は受付にお尋ね下さい。(このほか従来の通り、抗原数を絞った血液での抗原検査も行う事が出来ます。)

Categorised in: 未分類

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com