お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年3月28日

1348 細胞外マトリックスと幹細胞で組織再生?人体製造技術のお話です。

指の再生細胞外マトリックスと幹細胞?人体製造技術のお話です。

まだメカニスムも副作用も分からない治療法だそうですが、切断しされたゆびが再生できるという訳のわからない、俄かには信じがたい治療法の話をNHKで見ました。
(2010年3月28日(日) 午後9時00分~9時49分 総合テレビ 人体“製造”~再生医療の衝撃~ )

matrix2戦傷者で大腿部の筋が大きく失われた兵隊の大腿四頭筋のボリュームが増えていました。これは、豚の膀胱から細胞成分を取り除き、残るものが細胞外マトリックスで、これを断短にまぶしておくと再生するのだそうです。

そもそも幹細胞は骨髄の中にあるのですが、皮下脂肪の中にも多くの幹細胞があるのだそうで、乳がんの切除後の乳房の再建にも使えるのだそうです。

matrix
そして、それが豊胸術から顔面筋の萎縮の補正にまで使ってしまうのだそうです。これなどは眼科でも使えそうには見えますが、果たして大丈夫なのでしょうか?施療料金が100万円程度ならば、今の美容形成と比べても決して高いものではないでしょう。

豚の胎児に人の幹細胞を移植し、豚胎児の肝臓を薬剤で破壊すると豚胎児の肝臓にヒトの遺伝子を持った肝臓が出来るのだそうです。であれば、それを元の幹細胞を提供した人に移し戻すというのは当然考えられるストーリー。

マトリックス2
さらには米国ルイジアナ州では一般に開かれた幹細胞バンクだそうです。招来の自分の幹細胞を使っての臓器移植に備えて50年間取ってお居てくれるのだそうです。其処まで自分の命に固執するか、とは思うのですが、200万円なら無理でもないかも。

果ては救世主兄弟だそうです。姉の血液疾患を救うために作られた弟。組織免疫型が同じですから、移植は間違いなく成功するはずではあるのですが。子供は移植のドナーになる同意などしてはいないというのももっともなお話。というわけで、イギリスでは血液疾患以外の臓器移植を目的にした救世主兄弟の作成は禁止なのだそうです。

最後の話題は、幹細胞に手を加えて作った精子だそうで、そうなれば男性でなくても精子が作れるというお話なのだそうです。
ーーーーー

マトリックス清澤のコメント:
マトリックスという映画が数年前に会ったのですが、あれはこのような組織の再生研究の最先端を知っていて書かれた台本だったのかと思えてしまうようなお話でした。

眼科で真っ先につかえそうなのは細胞外マトリックス。角膜の表面の再生が悪いスチーブンス・ジョンソンなどに使ってみる人が出てきそうに思われますが。如何なものでしょうか。

ヒアレイン
と思って調べてみると、細胞の外で組織の構造を支える成分という意味で眼科でもすでに使われているヒアルロン酸(商品名がヒアレイン)はその一つだそうです。
ヒアルロン酸という成分は、近年広く知られるようになりました。ヒアルロン酸は、細胞外マトリックスの別名でもあるのだそうです。

細胞外マトリックスは(Extracellular Matrix Extract)を略して「ECM-E」と呼ばれることもあります。ECM-Eは食用ヒアルロン酸として加工したサプリメントが数多く、販売されていますが、話がそこにたどり着くと夢の薬というよりは聞きあきた、いかがわしさも伴う健康食品ですね。

参考ページ
(http://ameblo.jp/igatakeru/entry-10391622267.html)

細胞外マトリックス 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E%E5%A4%96%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

ーーーーーーーーーーーーーー

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類