お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年2月18日

1289 手狭になった受付のテーブル上に置く、コンピュータラックを作りました。

パソコン台3
手狭になった受付のテーブル上に置く、レセコンとプリンターを同時に乗せる台を特注で作ってもらいました。液晶画面の台は使用時に最大限前方に引き出せますし、キーボードも不要時には液晶画面の下に収納できます。
 製作してくれたのは5年前の開院時に院内の内装を手掛けてくれて以来、何かというとお願いしている内装業のサンデザイン社の角さんです。264事務待合室の床および机面の黒と、壁の白との一体性を考えて白一色にしてあります。
いったん出来上がって、搬入されてから、右わきの側板を大胆に切ってもらい、ディスプレーを脇からも覗き込める様にしました。

パソコン台2こうして新たに作られた場所には、画面右端に当日使われる予約カルテがもう準備されているのがみえます。

上の端も丸みを付けて、会計の患者さんに渡す処方箋や領収書を別の担当者が右脇から取りやすくしてあります。
搬入後に2回も持ち帰って手を入れてもらいましたが、こうしてでき上がった台に職員は満足の様です。(テレビの古い家改修のビフォー・アフターみたいですね。)

246
カルテ数も増加しましたので、最近来院していない患者さんのカルテは実は奥の院長室に移動して収納されています。ですから予約患者さんの分のカルテは、すぐに検査が始められるように、前日の内に受付後面のカルテ棚およびこの写真に見える院長室の2次収納カルテ棚から前もって取り出して、受付デスク上に予約時間順に準備しています。これが上の写真の右端に見えていた当日分のカルテです。

236
角さんには、昨秋に網膜断層装置OCTを設置したのを機会に、汚れの目立って来ていた一部の暗室の暗幕を新しいものに作り変えていただきました。また、何処のことか分からないと不評であった診察室1と診察室2も、それを示す案内板を暗室カーテンの上から吊る形で表示してもらいました。この院内技術講習会の写真にはこの暗幕と表示板が写っています。

262
このほか角さんに昨年は、表と裏の看板を緑のネオンサインに変えていただきました。

店舗外観旧
表の看板はロゴマークを取り除いて清澤眼科の文字だけを約1.5倍の大きさに変更し、南砂公園の中にある地下鉄の入口あたりからも駅舎の向こうに見えるようにと考えて、約2メートル分だけ中央より左に移動しました。黄色の文字を下から照らす電球の照明では十分には明るくなかったので緑のネオンサインに変えました。(下図が改善前です。)

258
裏の看板も、開院時の小さく照明の暗い看板に関しては、以前から良くないという意見を寄せられることが多かったのです。この際緑色のネオンサインに変えました。医院の入っているアルカナール南砂の建物では裏側なのですが、時間制の広い駐車場を通して永代通り(日本橋付近では国道一号線に相当します)と丸八通り(環状6号に相当)の交差点から直接に見えるという位置です。今後も東京全体の中で発展して行かない訳はないという立地です。

272

ーーーーーーーーーーーーーー

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類