お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年2月14日

1280 北朝鮮では貨幣改革失敗が失敗し大変なことになっているらしい。

バンクーバーではオリンピックが始まったようですが、日本のメダルの情報はまだ入ってきません。一方、朝鮮日報(2010年02月13日15時58分)によると北朝鮮では貨幣改革が失敗し、国民生活が大変なことになっているらしいです。
20091205103121-1
貨幣というものは、その通貨が食糧その他、実際の物資に交換できるということを前提に流通するもので、その暗黙の了解のもとで貨幣経済は成立しています。

58 日本でも私が生まれる7年前(1946年2月16日)には、終戦後のインフレの中で預金封鎖と新円切替が行われ、その後には過重な累進性の強い財産税が課税されるということで、大変な混乱を経験したと聞いていました。

59 私が中学生になってからですが、昔話としては、父などから”預金に引き出し制限がかけられたが、生活費には回せなくとも預金があれば戦前からあった会社の株式投資に回すことは出来たはずだ”とか、”コインは新円切り替えの対象となることを逃れられたはずだ”とか、その時代を生き抜いた世代の人々から、その当時の話を聞くことができました。

60 どうも今の北朝鮮ではそのような混乱事態がかなり悪い形で起きているように見えます。

 朝鮮日報(2010年02月13日15時58分)によると北朝鮮では貨幣改革が失敗し、国民生活が大変なことになっているらしいです。

――抄訳引用―――
61 昨年11月30日の貨幣改革以降、北朝鮮が激しいインフレに苦しんでいる。
 貨幣改革後、北朝鮮は主要都市の工場に布告文を掲げたという。■すべての機関でドルの使用を禁止する■必要なドルは国家銀行を利用すること■違法に外貨を使用した者は厳罰に処する■未申告者は処罰する■生活必需品の値札販売制度に違反した場合は物品を没収する−といった内容だ。

 100ウォンを1ウォンに交換する貨幣改革を行いながら、旧貨幣の交換限度額を50万ウォンに定めたため、それ以上を保有する商人や住民の金が1日で紙切れとなった。
 まもなく物価が天井知らずに上昇し、市場が凍りついた。時間が過ぎても、商人は商品を売れなくなった。価格が正確に定まらない状況となったからだ。
65
 さらに、国家保衛部・保安省(警察)を総動員して、全国の主要市場を閉鎖したため、混乱状態は極限に達している。また昨年12月から、ここ数年で最悪の寒波まで襲うというダブルパンチにも見舞われた。
挙句の果てに、アパートに市場を通じて供給されていた石炭、薪などのエネルギー供給まで途絶え、凍死者が続出した。また、食糧価格の高騰により、全国で餓死者が多発した。ーー

 貨幣改革の一次的な被害者は商人だったが、国営企業の被害もそれに引けを取らない。ーーー国家が企業を養う「計画経済」が破たんすると、北朝鮮当局は労働者を市場に追いやり、それぞれ金を稼ぐよう命じた。ーー共産主義社会ではタブーとされる、富の個人的蓄積が始まったのだ。しかし、今回の貨幣改革でこうした企業や労働者は1日で破産した。これまで貯めた資金が紙切れとなり、賃金が旧貨幣基準で70倍−100倍に上昇、市場がまひしたことで、労働者への配給食糧が断たれてしまった。ーーー

64
 貨幣改革以降、外貨使用禁止措置と主要為替商に対する検挙令が発令されると、対外貿易取引も、自由取引から内閣傘下の貿易銀行を通さなければならなくなり、対外事業も完全にストップした。
 貨幣改革直後、1ドル=75ウォンで取引されていた為替レートは、闇ドル市場で1ドル=500ウォンに達している。このまま行けば1ドル=1000ウォンを超え、旧貨幣基準で3000ウォンまで進むと予測する人も多い。――

63
ーー元幹部の脱北者は、今回の貨幣改革が一国の経済を完全にまひさせたため、どんな対応を講じてもしばらくは混乱を避けられず、ややもすると体制崩壊につながる可能性もあると話した。ーー

ーーーー引用終了ーーー

62

清澤のコメント:この混乱がそのまま日本の我々に影響するわけでもないでしょうけれども、北朝鮮が国家として持ちこたえられなくなると、東アジアも静かではいられないという事態もありうるのでしょうか?

今回も無粋で、眼の健康とは無関係な話題でした。

ーーーーーーーーーーーーーー

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類