お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年1月26日

1246 眼科医の眼科ブログあれこれ

眼科医の眼科ブログあれこれ

このページの一番上の左側に[ヘルスビューティー・健康]というマークがあります。その健康という部分をクリックするとライブドアブログの中で健康に関するブログ11637件のランキングが示されます。

私のブログはこの中でたいていは5位から7位辺りにあるのですが、今日開いてみたら、そのさらに上、2位に眼科医のブログが入っていました。ビックリ。

 ”めブログ : 眼科専門医の目のブログ”、これを開いてみると、レーシックセンターで有名な南青山アイクリニックのページでした。”2010年01月16日はYAHOOからリンクを貼られると大変なことになるの話”ということで錯視に関するページの紹介をしたら、yahooのトップページにリンクされて、一日6000人のページビューなのだそうです。まずは多くの来訪者を集められて、おめでとうございます。

 HEBI

 そこからのリンク先は、立命館大学の”北岡明佳の錯視のページ”というものでした。このページには確かに見たことがある錯視が網羅されています。代表的なのがこの回転する蛇の図ですが、こうして貼ってうまく動いてくれますか?(黄色と青がこの画像のポイントなので、この画像をダブルクリックして、PC画面いっぱいにすると突然蛇がうごめきだします。)いつ見てもすごいですね。大脳のV5領域(視覚的な動きを感ずる中枢)がビンビンと刺激されます。

 眼科のブログにもいくつか頑張っているページが他にもあります。
 
一番気になるのは奈良県の眼科医が書いている”ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ 眼科診療をしながら気がついたこと、最近気になったことを書いてみました”という松本先生のページ。今日はこのヘルスビューティー”健康”の15位です。
”MRI検査では、ディファインのコンタクトレンズは使用はできませんのでご注意ください”などといった、ちょっと気がつかない大事なことへの言及もあり、時々拝見しています。
コンタクトレンズなどへの深い造詣がうかがわれます。

小さな眼科クリニック@城北公園 ———- (竹内眼科医院) も緑内障や網膜に関する眼科医向けの詳しい記載が多く、眼科医に取って参考になるブログです。器械や薬剤などを調べると頻繁にヒットしますし、その記事の正確さもかなりのものです。

 私の知人のブログもここで2つ紹介してしまいましょう。

 ”眼科医フォーチュン・クッキー日記&ブログ :眼科医の生活と意見を、時には専門的なお話も含めて書いています”は、ちょっとプロっぽい感じ。複視とMECE(ミーシー)その2 (学生・研修医編)など、学会や講習会で聞いてきた話をちょっとまとめて分かりやすく再現して見せます。ブログランキングにも挑戦しているそうで、私のブログともリンクしてもらっていますが、読者を眼科医に限定するとランキングには不利、かといって一般の市民を対象にするには内容が高度という著者のジレンマを感じます。

もうひとつ、”目玉医者のスローライフ日記 一言メッセージ :目は心の窓。フリーター眼科医の目に映ったLOHASネタの数々。ゆっくり健康になろう!”というページです。この人の話す一言一言にはこちらの無知を恥じてしまうような教養と心の豊かさ、温かさがあふれています。
このブログの著者は「異物の国への旅」(書き下ろし小説)の著者、高見沢草介でもあります。

昨年の夏、この本の書評を書くことを著者に約束して献本一冊をいただきました。お引き受けしましたので確かに読み終わったのですが、感想は通り一遍には書けません。それで今日を迎えてしまいました。痛みを訴える原因になる異物が客観的には存在しないのだけれど、患者さんがそれに深くとらわれていることは医師として了解できるといった不条理な経験を書いた小説?ドキュメンタリー?。此処まで真摯には取り組めないけれど、こんな患者さんは私の前にもたくさん来ているのだろうなーと思います。此処に書評の未完成のお詫びを兼ねて、紹介いたしました。

Categorised in: 未分類