お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2010年1月15日

1226 ハイチで大地震があったそうです。医院でも義捐金の箱を作ります。

教会
ハイチで大地震があったそうです。日本に居るとハイチは全く無関係な土地だけれど、フランスや米国東部にはハイチ人は多かったです。そこで、私の医院でも最初の種銭を入れて、義捐金の箱を作ります。1週間程度で集まった分を日赤にでも寄託することにしましょう。

大統領官邸
もう20年も前の話になりますが、パリにもその昔ハイチがフランスの植民地だった関係でハイチ人は多かったです。首都がポルト・オー・プランスというのもその名残でしょう。国際ヨットレースなどでも名前を聞いたことのある町です。その頃、ハイチの人々は特有なフランス語を話すと聞かされました。

フィラデルフィアの有名フランス料理のレストランにもハイチ人が勤務していて、家内と明るく付き合ってくれていました。皿洗いの黒人マイさんは真面目な青年で、奥さんがスチュワーデスだという話でした。カリブ海諸国は収入が低く、今でも一日1ドル以下で暮らす人が多いということですから、出稼ぎに来る人は多かったのでしょう。

Wikipediaを見ると、
”ハイチ語(はいちご、Krèyol ayisyen:クレヨル・アイシアン)は、中央アメリカ西インド諸島のハイチなどで使われるフランス語系のクレオール言語です。英語でハイチクレオールと呼ばれることもあります。

ハイチでは、2005年時点でほぼ人口の全体に当たる約850万人が話します。移民や難民などで西インド諸島の特にバハマ、キューバ、ドミニカ共和国の他にカナダ、アメリカ合衆国、フランスなどでも話されます。

奴隷とされた人々の話した西アフリカの諸言語の影響を受けています。ハイチでは1804年の独立以来長くフランス語のみが公用語および文章語とされましたがフェリクス・モリソ=ルロワの努力の甲斐もあり、1961年にクレオールも公用語に認められたそうです。

基本的なあいさつなど 左からハイチ語、日本語、(私が覚えている程度のフランス語をカタカナで書き加えました。)

salu-こんにちは         サルー
Bonjou-おはよう         ボンジュール
Bonswa-こんばんは       ボンソワール
Silvouple-どうぞ、ぜひ     シルブプレ
Mèsi-ありがとう        メルシー
Mrele…-自分の名前は…    ジュマペール
Kijan ou ye? -お元気ですか?  コマンタレブー

国の名前も正式名称は、ハイチ語で Repiblik d Ayiti(レピブリク・ダイチ)、標準フランス語で République d’Haïti (レピュブリク・ダイティ)。通称、Haïti (アイティ)。
公式の英語表記はRepublic of Haiti(リパブリク オヴ ヘイティ) 。通称、Haiti(ヘイティ)。

標準フランス語では無音のアッシュが先頭に付いているので英語読みだとハイチですが、現地語では冠詞がつけばダイチ、つけないとアイチというわけですね。

Categorised in: 未分類