お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2009年12月31日

1200. 清澤眼科医院 経眼科外来2009年の総括

2009年の清澤眼科医院での神経眼科疾患の患者さんの特徴をまとめてみました。

1

神経眼科外来で扱った患者さんは20歳未満、20歳代、30歳代、40歳代、50歳代、50歳代、60歳代、70歳以上がほぼ均等に分布していました。
2

男女の比は男性が45%、女性が55%とほぼ均等でした。
3

神経眼科疾患で当医院を受診された患者さんの住所は、くないが25%、区内を除く都内が30%、都内を除く関東圏内が35%で、関東以遠の患者さんも10%居ました。
4

神経眼科外来で取り扱った疾患は、脳・神経疾患22%、眼瞼疾患群(眼瞼けいれんを含むが、すべての眼瞼けいれん患者が登録されてはいません。)、眼の不快や頭痛は16%、視神経症8%、複視・眼窩疾患(甲状腺疾患や重症筋無力症を含む)が8%、眼振(先天眼新が多い)は7%、斜視が7%で、その他に分涙されるものが12%でした。
ーーーーーー
本日、江本博文先生が清澤眼科医院の神経眼科外来の特徴を示すデータをまとめて下さいました。眼瞼けいれん関連や、眼振の症例、それに小児の斜視は全例が登録されているわけではありません。

Categorised in: 未分類