お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年11月25日

1150 経済的理由での受診間隔延長の希望が目立ってきました。

日本航空
 日航の再建がもめています。藤井大臣のおっしゃるように絶対に国民の金が未払いの企業年金に消えてはならない。という発言には同感ですが、個人の財産権をその部分だけ特別立法でごまかして延命措置を取ろうとすることにそもそも問題有りではないでしょうか。いったん破綻させた方がましかもしれません。これは山崎氏の受け売りです(リンク)

日経2年
 自分の手元のデータからの実感で、私は日本の経済が2番底に向けて急落を始めたのではないかと危惧しています。その根拠は単純です。私は、自分の医院の受診患者数(再診延べ人数と、新たにカルテを作った患者数)を毎日診療終了後に記録分析しています。この数はリーマンショックのあった昨年10月をピークとして、日本経済の動きどおりに2月まで急減、花粉症などの季節要因にも支えられて7月までは増加しました。、8月からはお盆や夏休みで例年通り減少。10月にはやや持ち直しましたが、11月は大幅な減少(10月比で11月の見込み値が13/16)です。

デフレ
患者さんのお話にも経済的理由での受診間隔延長の希望が目立ってきました。安定していると言われている医療業界でもこの有様ですから、一般の業界は推して知るべし。
皆さんの周りはいかがでしょうか。

Categorised in: 未分類