お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年11月25日

1149 ひざ関節の人工関節への置換手術とは

人工膝関節置換術は「変形性膝関節症」などの疾患によって、破壊され変形した膝関節の痛みのために歩く事が困難になったり、日常生活に大きな支障を来たす患者さんに対して行われる手術です。関節の壊れてしまった骨・軟骨の部分を切除して、人工関節を埋め込みます。人工関節は金属(コバルトクロム合金やチタン合金)と超高分子ポリエチレンで出来ています。歯がダメになった時に入れ歯にするようなものです。
膝人工関節の概念図膝関節ををこんなように人工物に置き換えるのが膝の人工関節置換ですね。(knee replacemtntをgoogleで捜すと97万枚の図が見られました。)

正常なひざ関節
東海林様、皆様、お心遣いありがとうございます。無事に手術が終わり、母とも普通に話が出来て、夕刻の東京への列車に乗ることができました。
(図は、正常な膝の構造です、大腿骨と脛骨が接しているのが正常のひざ関節です。)

傷んだひざ関節それが加齢性の変化でこのように関節面が傷んでくるのでしょうね。これでは、歩くとこすれて痛いでしょう。

母は、ひざ関節の人工関節への置換手術を受けたのです。
もともと下腿に静脈血栓が有って、凝固阻害剤を使われていたため、硬膜外麻酔が使えず、静脈からの麻薬で鎮痛をしてもらってましたが、それでもかなり全身麻酔からさめた後には痛がっておりました。
7
一時間ほどしたら痛みになれたか、少しは楽になったと言ってましたので、後は感染などがなければ、大丈夫でしょう。

ひざ人工関節レントゲンこれは仕上がった関節のレントゲン写真です。こんなものを手術後見せてくださいました。
今日は、手術を手術室付設の患者家族用の部屋のモニターで見せてもらいという得難い経験をしました。

2
人工関節の置換は、全身麻酔下に行われる2時間ほどの手術ですが、人工関節に合わせて大腿骨と脛骨を整形して入れ歯をつけるように骨セメントで関節の各パーツを上下の骨と、膝蓋骨の裏側に張り付けるというものでした。
膝蓋骨の部品大腿骨の下端と脛骨の下端,それに膝蓋骨のパーツ

電気メスを使うので止血操作もほとんどありません。かなり手術としては完成されたものという印象で、術者のアドリブで改変できる部分は少ない手術だという印象を受けました。

3
前後の十字靱帯はなくても大丈夫なのかなどと眼科の私も神経内科医の弟と話しながら見ておりました。

膝人工間接部品(実際の部品はこんなものです。)
尤も、この手術に十分になれた医師が行ったからそのような印象を受けたのでしょうが。術前の準備を整えてくださった内科の担当医の先生と手術を上手に行ってくださった形成外科の主治医の先生に感謝いたします。

4
兄弟3人で2時間を共に過ごすというここ20年なかった貴重な時間の過ごし方もできました。

5
それにしても施術中の手術をリアルタイムで家族に見せることは、眼科も含めて、すべての外科医に出来ることとも考えにくく、これが恒例になったら大変であろうなあとも感じたことでした。

Categorised in: 未分類