お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年11月4日

1194 コラーゲン涙点プラグ、キープティアのパンフレットが届きました。

キープティア1

キープティアを製造販売する高研という会社が医科向けのパンフレットを作って持ってきてくださいました。写真が奇麗ですので、それを用いてその長所をご説明しましょう。

ただし私の使い方を追加していますので詳細はあなたの担当医に確認なさってください。
(また私の記載に問題点を見つけた先生方がおられましたらご指摘いただけると幸甚です。この記載は私が自分の患者さんに常に説明している内容であって、この内容について製造会社には責任はありません。)

私の診療所では、単純なドライアイよりはむしろ眼瞼痙攣があってその結果で、あるいはその増悪因子としてドライアイが見られるケースにしばしば出会います。

コラーゲンプラグは6-8週で吸収して効果が減弱しやがて効果はなくなるとされていますから、永続的な効果を求めるにはシリコンプラグの方が有利ですが、初めて涙点プラグを利用する患者さんには、痛みや違和感がなく、爪で触っているうちに外れてしまったという故障もないコラーゲンの涙点プラグであるキープティアは涙点プラグの使い始めの初診者の患者さんには大変良いものと思います。

まず最初の図はキープティアの箱とシリンジに入った実物の絵です。このような紙の箱の中に、プラスチックのトレイに乗せられて入っています。30ゲージの細くて刃のついていない注入針が同封されていて、基本的には2涙点分がひと包みです。
キープティア2

医師による他覚所見では、著しい改善22%、改善が認められた60%、効果なし18%、悪化0%
患者による他覚所見では、とてもよくなった31%、良くなった56%、変わらない13%、悪化0%
効かないといわれることはあっても、悪化がないという点は医師にも患者さんにも有利な点です。

キープティア3

次は注入の仕方の説明です。
1.表面麻酔下に涙点から垂直に針を挿入
2.涙小管の水平ブナで針を進め、軽く圧力をかけてあてろコラーゲンをゆっくり注入。
3.涙小管にアテロコラーゲンが満たされると、涙点から逆流する場合とそのまま涙嚢へ流出する場合がある。
4.上下両涙点にアテロコラーゲン注入が終了したら約15分閉瞼し体温によるゲル化(やわらかな固体化)を促す。あふれたアテロコラーゲンはこのあとふき取る。
(清澤は、しばしば両眼の下涙小点に入れています。)

キープティア4

アテロコラーゲンは37度程度に暖められると、重合して長い分子になって流れ落ちにくくなります。ですから保存には冷所が必要で、うっかり常温に放置したり、冷蔵庫のドアが半開きになって白く変色してしまったならば、それはもう使えません。

さておおよその話は理解していただけましたでしょうか。
ご参考になればと思い今日の話題提供として説明をいたしました。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

Categorised in: 未分類