お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年11月4日

1114 化粧をすることで自分への意識も変化することを確認 というニュースが出ています。

化粧をすることで脳活動(自分への意識)も変化することを確認 というニュースが出ています。
—引用開始ーーー
2009/11/04(水)

化粧をすることで脳活動(自分への意識)も変化することを確認

カネボウ化粧品・価値創成研究所、およびメイクアップ研究所は29日、化粧前後における女性の脳活動の変化を比較し、化粧前に「他人の顔」のように認識していた「自分の化粧顔」が、化粧後には「自分の顔」、すなわち“自分そのもの”であると認識を変えていることを見出したと発表した。

化粧後の女性にとっての「自分の化粧顔」は「自分の顔」であり「他人と向き合うための社会的な存在」であることを示唆しているという。

この研究は、2007年7月より脳科学者・茂木健一郎氏と同社が共同で推進している「『化粧・美×脳科学』プロジェクト」において得られた成果の第二弾で、「美の本質」や「化粧の本質」などについての多角的な研究の一環としてスタートしたもの。第一弾となる研究成果を、2008年11月に、脳・認知科学における世界最大の国際学会 Societyfor Neuroscience(北米神経科学会)が開催した「Neuroscience 2008」において発表している。

実験は、実際に化粧をした状態で、前回と同様、fMRI(機能的磁気共鳴映像法:functionalMagnetic Resonance Image)で測定した。fMRIは強い磁気を発生するため、本来は磁気を帯びやすい金属を含む化粧品をつけた状態では使用することができないため、fMRI内で使用できる化粧品原料を選定し、それらの原料を含んだ化粧品を選別するところから研究をスタートさせた。

被験者にはこの化粧品を使ってもらい、化粧をした状態での「自分の素顔」「自分の化粧顔」「他人の素顔」「他人の化粧顔」を見た時のそれぞれの脳活動を測定した。

前回、素顔の状態での測定では、「自分の素顔」は「自分の顔」を見た時と同じ脳の部位が活動するものの、「自分の化粧顔」については「他人の顔」を見た時に活動する部位と同じ部位が活動した。一方で、化粧をした状態で測定した今回は、「自分の素顔」「自分の化粧顔」共に、「自分の顔」を見た時と同じ活動を示すことがわかったという。
ーーーー引用終了ーーーー
ファンショナルMRIは脳の局所での血流を測定する事ができる非侵襲的な方法で、通常のMRI装置を使って、脳の局所的な血流の増減を描き出すことができます。脳の活動は脳局所の血流に反映されると考えられていますから脳の活動を見たといっているわけです。

しばらく前までは私も研究に従事していたPETがその主座を占めていましたが、最近は装置が比較的利用しやすく患者に傷を負わせないことと、画像の解像力が良く、時間分解能も高いことからもこの手の脳機能の実験に多用されるようになりました。その原理を考案したのは日本人です。

人の顔の認識は脳の下面にある視覚的なパターン認識を行う視覚連合領の一部で行われますが、このニュースを見ますと、自分の顔と他人の顔は別の領域で行われているようです。そして化粧をしてないときは自分の化粧顔が他人として認識されていたものが、化粧をすると自分として認識するというように脳の自分の顔に対する認識の仕方が変わるという話のようです。

後頭葉下面でパターン認識に関連するこの部分は、人の顔の認識や物の形の瞬間的な認識のほか、日本人では漢字の瞬間的な読み取りに、また欧米人ではアルファベットが連なった単語を瞬時にそのままでその単語として理解するward form parceptionにも働いているという報告があります。

この研究は内容的にはさもありなんという結果としてよさそうです。

本日は視覚に関連した話題がネットに出ていましたのでご紹介し、解説を付記しました。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

Categorised in: 未分類