お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年10月24日

1098 眼瞼けいれん、早期の専門治療を

本文

日本経済新聞の本日の夕刊にインタビュー記事が出ました。日経のHPから

”元気ナビ 眼瞼けいれん、早期の専門治療を (らいふプラス面)

 50歳代以降で発症することが多い眼瞼(がんけん)けいれんは、まぶたの筋肉が緊張して目が開けにくくなる病気だ。原因はよくわからないが8000人に1人の割合で起きるとされる。医師でもほかの病気と区別するのが難しく見過ごすケースも少なくない。最近の研究で感覚異常やうつ症状、抗不安薬との関連性も指摘されるようになった。眼科、精神科、心療内科などが連携した診断と治療が重要と専門家はいう。”

本文を添付します50歳代以降で発症することが多い眼瞼(がんけん)けいれんは、まぶたの筋肉が緊張して目が開けにくくなる病気だ。原因はよくわからないが8000人に一人の割合で起きるとされる。医師でもほかの病気と区別するのが難しく見過ごすケースも少なくない。最近の研究で感覚異常やうつ症状、抗不安薬との関連性も指摘されるようになった。眼科、精神科、心療内科などが連携した診断と治療が重要と専門家はいう。
 井上眼科病院(東京・千代田)の若倉雅登院長は、同病院に来院した眼瞼けいれんの患者121人を対象にアンケートを実施した。調査に使ったのはうつ病かどうかを診る質問票。およそ半分にあたる58人が「憂うつだ」「毎日楽しく過ごせない」といった症状を訴え、程度の軽いものまで含め、うつ症状を抱えていることがわかった。
 若倉院長は「憂うつな気分になると症状がひどくなる人もいる。逆に心の問題が解決すればよくなる人もいる」と語る。嫌いな人に会うたびに症状が悪化したり、遺産相続問題や子供の非行をきっかけに発症したりするケースもあるという。
 清澤眼科医院(東京・江東)でも患者の4人に1人の割合でうつ症状がみられた。東京医科歯科大学で臨床教授を務める清澤源弘院長は「眼瞼けいれんを診断する際の症状の特徴にうつ症状を加えるべきだ」と提案する。
 眼瞼けいれんとうつ症状との因果関係はよくわかっていないが、精神疾患の治療薬の服用が発症の原因になることもあるようだ。若倉院長らは254人の眼瞼けいれん患者にヒアリングしたところ、抗不安薬や睡眠導入薬である「エチゾムラ」や「ベンゾジアゼピン系」を、それぞれ約21%の比率で服用していた。薬の短期使用者では薬をやめると眼瞼けいれんが治る患者もいたが、長期間使っていると治りが悪かった。
 若倉院長は「眼瞼けいれんの患者はここ数年増えているが、特に抗不安剤などを服用している若い患者も多い。安易な薬の投与が原因になることもある」と注意喚起する。
 眼瞼けいれんを診断するのは主に眼科医だが、専門に診られる医師は少なく、見逃してしまい病気の発見や治療が遅れるケースもあるようだ。
 東京・荒川に住む近藤英子さん(36、仮名)は7年前の冬、突然光がまぶしく感じられるようになり、徐々に眼が開けられなくなった。ちょうどスギ花粉が飛び始める時期だったため、花粉症と思い眼科へ行った。眼の傷や自律神経失調症などが疑われて治療をしてもらったが一向に良くならなかった。
 仕事や結婚の準備で忙しく、ストレスのためでは、と言われカウンセリングも受けた。心療内科などで眼瞼けいれんと診断されたが、専門の治療を受けられず、ほとんど目が開けられない状態が続き休職した。ものにぶつかってしまうため部屋の中を歩くのもままならない。文字も読めない。常にみけんに力が入って顔中が引きつっていた。
 眼瞼けいれんを完全に治すのは難しいが、早期に治療を始めれば、日常生活は通常通り送ることができる。
 最も効果的な治療は「ボツリヌス治療」。細菌の毒素であるボツリヌストキシンを目の回りに注射をして、緊張した筋肉を和らげる。8~9割の患者でよくなるという。ただ、専門のトレーニングを積んだ医師がいる病院などでしか受けられない。
 近藤さんも神経内科や眼科を転々とした末に、ようやくボツリヌス治療を受けることができた。今でも3ヶ月に1度のペースで治療をしているが、昨年は子供を産み、もうすぐ育児休暇を終えて仕事に戻る予定だ。「今は病気との付き合いに慣れた。疲れやストレスで症状が悪くなる。一方、楽しくしているとよくなる」と話す。
 眼瞼けいれんは、これまで主に「まばたきがうまくできなくなる病気」とされていた。まぶたの回りの筋肉を調節する脳の回路に異常が出るためとみられてきた。
 若倉院長は「眼瞼けいれんは心の状態と体の症状が強く関係した現代病」と指摘する。
早期に適切な治療を始めるには「眼科だけでなく精神科や神経内科と連携して治療していく必要があるだろう」と清澤院長も強調する。

1

2

3

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links

Categorised in: 未分類