お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年10月14日

1079 2009年度医師臨床研マッチング、医科歯科大1位、順天堂3位

2010年4月から開始する研修先を決めるための、2009年度医師臨床研マッチングの「中間公表」の結果が10月9日明らかになったとのことです。

707
 募集定員1万500人に対し、マッチング参加者は8407人。(参加しない新人医師はほとんどいないのでしょうね。とすると不人気な研修プログラムの2000人分にはゆく人がいないことになりますね。)
 
医学部を持つ大学と医科大学に限って、大学病院の本院を1位希望した参加者数(1位希望人数)を見ると、1位東京医科歯科大、2位東大の順で、いずれも昨年と同じだったそうです。

708
私が現在も非常勤職員で関係している東京医科歯科大学は今年も第一位で、鼻が高いことです。順天堂江東高齢者医療センターで実際に出入りさせていただいている順天堂大学も、今年は3位で昨年の 5位から躍進(順天堂大学医学部附属順天堂医院)。68人の募集に63人の応募と92.6%のマッチ率です。

コピー ~ 598
しかし出身校の東北大学は、31人の募集に15人の応募と昨年の59位からさらに68位と人気低迷。市内に有力な病院群(国立医療センター、市立病院、厚生年金病院、労災病院、江南病院、公済病院、県癌センターなどなど)があり、昔からそういった病院に入る方々が多かったからとはいえ、これの数字は残念。

コピー ~ 595
一方、臨床研修病院で1位希望人数が最も多かったのは、国立病院機構東京医療センター(東京:募集定員28人、1位希望人数63人)。ここは、日本臨床眼科学会で7年連続で”打倒解決、不明愁訴・不定愁訴”のインストラクションコース講演を若倉先生、私と一緒に行って下さっている山田先生が部長を務めている病院ですね。他科は知りませんが眼科のレベルは高いです。

コピー ~ 596
 今後、参加者は10月22日までに希望順位の変更など行い、10月29日にマッチングの最終結果が公表されるスケジュールになっているそうです。

ーーーー
清澤の追加コメント:
30年前に仙台の東北大学を卒業したころ、東京の病院に入ることにあこがれました。当時の東北大学眼科教授の水野勝義先生のお世話になることにして私は東北大学眼科に初期研修医として入局しました。3年後に1年間だけ国内留学と称して相模原市の北里大学で修行をさせて頂きました。未知の集団の中に身を置くことはとてもよい刺激になります。

以後、仙台、パリ、フィラデルフィア、帰国してまた仙台、そして東京と多くの施設で仕事をさせていただき、現在の開業に至りました。が、違う流れで教育された方々と仕事を一緒にすることは今でも大好きです。

東京出身の先生で地方の大学を卒業された先生方には東京に戻りたいという傾向が強いようですね。東京医科歯科大学や順天堂大学にはその大学の卒業生でないと出世しにくいという悪習は少ないように思います。

また、卒業後直接に有名で大きな病院に入って臨床の腕を磨くというお考えの先生方が増えています。最近は大学にしか授与資格がない医学博士を取る方はやや減って、専門医資格だけでよいという先生方も多くなっています。

しかし、医学界にはいまだに出身大学、出身医局と言う考えが根強くあり、何々病院は何々大学の系列であるというような(前時代的な)慣習も根強く残っています。それは大学の卒業生が就職する会社を選ぶようなものです。

もう十分にお考えになったことでしょうが、初期研修医の研修先の選択に当たっては先輩にその辺の裏事情も十分にお聞きになることをお勧めいたします。
今後、新卒の医師になられる方々のご健闘をお祈りいたします。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links
2

Categorised in: 未分類