お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年9月9日

1014 今朝は地下鉄東西線が止まっています。

先週の防災週間をきっかけに、交通手段が止まるような事故があった場合を想定してはいたのですが、今朝は地下鉄東西線が止まっています。

715
私は、水曜日にはいったん診療所に入って一週間の雑務を片つけてから午後の大学病院の外来に向かうことが多いのです。

716
今朝は、朝7時に総武線三鷹方面から新宿駅に出て、都営新宿線に乗り換え、駅で出会った子供の同級生2人と子供を途中の学校のある駅で降ろしてから、大島駅で降りました。大島駅はここ南砂町から2キロほど北にあります。

717
タクシーで南砂町駅に着くまでの所要時間は90分。通常は45分程度ですからほぼ倍はかかりましたが、アドリブで交通手段を変えたにしてはまずまず。

大島駅では南方面行きのバス停にまず行ってみたのですが、亀戸駅方面からの振替乗車客で大島駅ではすでに車両がいっぱいになっていて、ひとバスに10人ほどしか乗れませんでした。バスをあきらめて北向きの車線に移動して大島駅で客を降ろしたタクシーにやっと乗せてもらうことができました。

718
9時の診療開始には本日の担当医師も、視能訓練士も出社できず。私のほかは職住近接で自転車通勤の正社員とパート事務職員の2人だけが出てこられています。と言う内には、本日のドクターが無事到着しました。こちらも駅前の駐車場が既にいっぱいで、少し離れた駐車場に駐車してきましたとのこと。私はいつもの雑務、つまりメールへの返信やこのブログの執筆にかかりました。
719
南砂町駅前の大島方向に向かうバス停には60人程度でしょうか?バス待ちの出勤目的の乗客が長蛇の列で、ここでもバスが到着してもほとんど乗れません。ここまで来たのは良いけれど、昼までにこの町を出てお茶の水の大学に移動できるか心配になってきました。

720

駅前の広場にはパトカーが2台お出まし。警察官が警備に当たっており、このほかに普段はホームの整理をしている東京メトロが雇ったガードマンが数名で乗客に事故の回復予想の説明をしています。昼ころまではかかる見込みということです。

各角云々するうちに9時30分にはバス待ちの列は30人に収束してきました。
本日(2009.9.9)の事故の報道

721
ーーーー引用開始ーーー

9日午前4時8分ごろ、東京都江東区東陽の東京メトロ東西線東陽町駅で、中野駅方面から来た保守用車両が、始発前に同駅に停車していた10両編成の車両に衝突した。けが人はいない。

 東京メトロによると、この影響で同線は始発から高田馬場-葛西間で上下線とも運転を見合わせた。午前7時40分現在、復旧作業が続いており、九段下-葛西間で運転を見合わせている。
ーーーー引用終了ーーーー

722
9時45分現在、バス停で大島行きのバスを待つ人の列は20人程度になり、パトカーも引き上げてゆきました。現在までの受診患者数はコンタクトレンズや霰粒腫など5人程度です。当然ですが事故が有って地下鉄が止まっても受診する人は再来も新患もそれなりにいるということ。

723
本日は電気は止まってはいませんが、停電になるとレセコン(医療費の集計をし、処方箋と領収書のプリントをする診療所のカギとなるパソコンコ)も使えなくなります。当院のように電子カルテではなくて、紙カルテを使っている医院ではそのような場合でも前回の診療状況の把握は容易です。しかし、準備した手書きの処方箋用紙のある場所の確認などなすべき準備は多そうです。

コピー ~ 057
もう一つの心配は、新型インフルエンザの流行です。厚生労働省のホームページを見ますと、新型インフルエンザでは結膜炎の合併は少ないとされ、インフルエンザを理由に眼科自体を受診する事は少ないとが推測されます。しかし、院内職員に罹患者が出た場合には、その従業員が治癒するまで診療に従事してもらうことができなくなります。こうして診療に従事できる人材が減少した場合に、どのように診療を行うかも緊急に検討すべき点です。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類