お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年9月5日

1009 東京でも新型インフルエンザ流行はもう始まっている。

734
医院のファックスに、医師会から区内でのインフルエンザ流行の現状を伝える通知が入っていました。このところ、新型インフルエンザに対する診療方針などがしばしば送信されてきていますが、眼科を担当する当医院ではあまり真剣には読んではおりませんでした。(この内容は、医師が自分の診療の参考にするための情報であって、ほかの目的には使用しないようにという注意が付いています。)

735
しかし、これを読んでみますと、驚くような事が書いてあります。すでに今週は区内の幼稚園、小学校、中学校、そして高校とすべての階層の学校にわたって、すでに一人以上のインフルエンザ患者が複数の学校で発生しており、そのかなりの部分が3人以上の患者を抱えた集団発生になっています。

インフルエンザ頻度
9月の新学期が始まった現在、この状況を見ますと都内でももう爆発的な流行はまじか(潜伏期を考慮して数日以内)に迫っていると考えざるをえません。この傾向は、厚生大臣が行った発表で示されたインフルエンザ患者の8月での増加にも対応しています。例年とは違うカーブということは、この増加が新型インフルエンザであることを容易に推測させるものです。

736
人類の歴史でもある時点から新しい感染症がこのように広がったというのは数少ないことです。まれに動物の感染症が人に感染することはあっても、このように人から人へと連鎖的に広がってゆく。そしてその感染にはエイズの場合のような濃密な接触をも必要ともしない、そして、それなりの重篤な症状を呈し、体の弱い個体などでは死亡例も報告があるというわけです。

737
さて、人ごみにでかけてゆくときにはマスクをしようとか、外出から帰ったら手をあらい嗽をしようなどという注意を払うことで自らの感染ははたして防げるのでしょうか?おそらく、朝夕の通勤電車に1時間も乗っている私を含む人々には、おそらく感染を避けることは無理であろうと思います。家庭内に入ればもう家族全員に移るのは当然の帰結です。

738
とすると、いったん罹患していかに早く軽くこのインフルエンザから回復するか?という点が問題です。私の場合ならば、もし万一感染したら、人に移すわけにはゆきませんから、診療の一線を離れて療養に励むということなのでしょうか?

739
その場合には医院を休診にするのか?医院の代診を誰かに依頼できるのか?などという点もBCP(事業継続計画)の文脈中で早急に考えて置かねばならない点です。従業員にもいつもは体調が多少悪くても勤務を求めたりするわけですが、特に今の時期はインフルエンザを疑わせる風邪をひいたら、その日は休むようにと指導をすることにいたしましょう。

近々、最も有効なインフルエンザの療養方法を考えてみることにしましょう。

追記:今国内でワクチンを誰から使わせるかという話が出ていますが、おそらくもうここまで流行が広がっている現状ではもう今からでは間に合うまいというのが、医師仲間との話での共通の認識でした。健康に留意しながら、早く軽く罹患してリレンザかタミフルで治療しようというのが唯一の作戦のようです。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類