お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年8月5日

971 レーシックは安全な近視矯正手段か?その合併症は?

bunsyunn

最近の週刊誌(週刊文春)にレーシック手術の危険性について論じた記事が出ていますが、私の医院にもレーシックの結果に満足できなかった患者さんが時々訪ねてきます。

55
私のレーシックに対する一般的な考えは、”世の中にはそのような方法があるのだから患者さんがどうしてもというなら、自己責任で判断することを条件に紹介はするが、敢えて私が患者さんに勧めることはしない。参考に申し上げるならば、もし私の家族が受けたいといったら、お父さんは絶対に許さないというようなものだ”と説明しています。

45
先日は患者さんから、このようなレーシック術後の不満を施術した施設では真剣に取り合ってはもらえず、自分で探した最寄りの眼科医を渡り歩くが依然として問題は解決しないという患者さんを呼ぶ”レーシック難民”なる言葉を教えてもらいました。その方々の実情は結構深刻です。

30
このことについて、国内のネット情報は施術する側に立って安全だという事を力説し紹介するXXクリニックでレーシックを受けなさいというものばかりで、レーシックに関する十分な中立の立場での情報を与えてはいないようでしたので、今日は海外の情報を少し探してみました。
ーーーーーーーーーーーーー
21

LASIK complications⇒リンクというページがあり多くはそこからの情報です。
http://www.lasikcomplications.com/index.htm
そのページにはレーシックを受けない10の理由などというのも載っていました。

1、レーシックはドライアイを起こす。
2、レーシックは画像の質の劣化を起こす。
3、レーシック後の角膜は完全には回復しない。
4、緑内障や白内障などずっと遅れて出る合併症の可能性がある。
5、レーシック術者は両眼を同時に施術したがるが、片眼ずつのほうが安全
6、炎症、フラップずれ、網膜剥離などが遅れて発生することがある。
7、40歳以上での老眼鏡の必要がなくなるわけではなく、眼鏡と決別できるわけではない。
8、レーシックでの本当の合併症の発生率がわかってはいない。
9、合併症が出た場合のリハビリテーションの手段が限られている。
10、視力矯正のためのより安全な手段として眼鏡やコンタクトレンズが存在する。
ーーーーーーーーーー
45

下にある米国の大手放送局からのテレビニュースのユーチュ-ブでもそのような話が紹介されています。

その中の話では95%の患者さんがレーシックの結果に満足しますが、5%の患者は不満を残すようです。

その不満には
1、遠視方向への過矯正を含む不適切な視力(強い眼精疲労の原因となる)
2、大変にひどいドライアイ(フラップ作成に伴う角膜知覚の喪失による)
3、画像のにじみなどによる夜間の見にくさ(視力が良くても、画像の質が悪く単眼複視を訴える)などが含まれているそうですが、私のところに来た患者さんではその不満の多くはドライアイ(乾き目)に関連したものでした。

実際に涙液分泌が少ないような例では、ドライアイに対する涙点プラグが有効な患者さんもみうけますが、すべての患者さんに満足のいく対応が可能なわけではありません。

英語がわかっても分からなくても下のニュースをご覧になってみてください。泣きそうな顔の眼鏡店員アビー・エレンさんは何かをあなたに語りかけることでしょう。
ABCニュース レーシックは眼障害を起こすか?
ABC News – Is LASIK causing injuries? Interview with patient Abby Ellin

眼科医はレーシックなんてとんでもなく危ない考えだ、そんなものに近づくなと言っている。
Eye doctor tells patients that LASIK is a “terrible idea”, and warns “don’t go near it”. CBS News 4/25/2008

さらに、2009年8月4日15時1分 レーザーを使う視力回復手術「レーシック」を巡り、インターネットのホームページなどの料金表示が利用者の誤解を招くとして、公正取引委員会は近く、いずれも業界大手の品川近視クリニック(東京都千代田区)と、神奈川クリニック眼科(同新宿区)に対して、景品表示法違反(有利誤認)の恐れがあると警告する方針を固めた。とその価格にも疑義が提示されています。⇒リンク

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類