お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年8月1日

970 眼瞼痙攣の治療を成功させるコツ (ヘルシーサイトコンソーシアム ラウンドテーブルデスカッションより)

582009年6月7日(日曜日)に開催された「ラウンド・テーブル・ディスカッション」の議事録がトランジションズ ヘルシーサイトコンソーシアム 事務局の小林さんから送られてきました。これはHealthy Sight Reportという冊子にまとめられ、配布される予定とのことです。このブログでも御紹介させてください。

1

kiyosawa02

眼瞼痙攣の治療を成功させるコツ
清澤 源弘先生(清澤眼科医院院長)

40歳以上の女性に多くみられる眼瞼痙攣。
注射をはじめ、経口薬、眼鏡、手術など、さまざまな治療法があります。

10
中年女性に多い眼瞼痙攣

 眼瞼痙攣という病気があります。眼を開いているのがつらい、しかめっ面をするというものです。眼瞼痙攣は頭頸部のジストニアで、持続的開瞼が困難な病態です。片側顔面痙攣は、血管による神経の圧迫です。
 両側眼瞼痙攣の患者さんの例では、容貌が侵され、不随意な閉瞼によって機能的失明の状態を生じます。患者さんの多くが重い苦しみを抱えています。
 眼瞼痙攣も片側顔面痙攣も、男女比をみると2対1くらいで女性が多いです。発症年齢も似ています。40、50、60歳くらいが多くて、ここから上にいくと少なくなってきます。若い人も少ないです。二十歳くらいの人は眼瞼痙攣が出てくることがあって、10歳代でもわずかに発症しますが、一般的には中年くらいの病気であるといえます。
 原因としては、、精神安定剤を使っていたり、睡眠薬をかなり飲んでいたりと、精神科の薬を使っている人に多くみられます。患者さんに、「あなたは睡眠薬を大量に飲んでいませんか」と聞いてみると、眼瞼痙攣の人では21%、片側顔面痙攣の人では8%くらいが服用していました。

55
眼瞼痙攣の症例

 症例をひとつ紹介します。66歳の女性で、初診が20年7月。症状としては、○両眼が開けにくい。○2年前から両眼まぶたがだるくて涙が出る。○まばたきが激しい。○眼がかすむ。というものでした。前医で眼瞼痙攣と診断され、ボトックス注射を受けたけれど、効果がなかったということです。
 治療前に自己評価表を記入していただきました。
 3個以上あれば可能性が高い、1〜2個ならば疑いはある、という評価となります。この方は、5つに○をつけられました。
 次に軽いまばたき、速いまばたき、強いまばたきと3つに分けて、動作を評価します。
 3点、3点、3点ですから、0点から9点までで10段階で評価します。6〜9点だと、重症眼瞼痙攣となります。この方は6点になりました。
 その他の質問から、神経内科でハルシオンをもらって寝ており、精神科の関連薬があるということ。また、痙攣の症状は2年前からであり、ボトックスをいままで3回やったけれど、結果には満足していないということがわかりました。軽いまばたき、速いまばたき、強いまばたき、どれができないかというと、眼瞼痙攣の場合には、速いまばたきが特にできないようです。
 また、疾患別のうつの尺度ですが、眼瞼痙攣では4人に1人くらいが気分抑うつになっています。これは、結果なのか、原因なのかはわかりません。片側顔面痙攣でも4%くらいが気分抑うつになっています。
 「まぶしさ」や「痛み」というのも、眼瞼痙攣の主要な愁訴です。サングラスや薄い点眼麻酔薬で痛みをとめてあげると、非常に楽だと言う人がいます。ボトックスでも、それ自身は鎮痛剤ではないですが、痛みをとることができます。

45
眼瞼痙攣の治療

 治療としては、主に眼輪筋へボトックスの投与を行います。私は2.5〜5単位を1ccくらいに分けて注射しています。どうしても10〜20%の無効例があり、有効率は、眼瞼痙攣は80%、片側顔面痙攣は90%くらいです。
 副作用があり、うった後、ちょっと効き過ぎると兎眼になったり、真ん中にうってしまうとまぶたが下がったり、また眼を閉じなくなりますから流涙が出ます。片側顔面痙攣の場合、兎眼、流涙、筋緊張の低下がみられ、「表情がなくなった」と言って、ちょっと嫌がる人もいます。

30
 経口薬としては、リボトリールやアーテン、GABAAあるいはアセチルコリンに関係した神経伝達物質を使うと、一時的に症状が緩和されます。次の注射までの期間を延ばそうという時やあるいは併用しないとコントロールできないという時に使うことがあります。
 クラッチ眼鏡というものもあります。鼻あてみたいなものがまぶたに触るものです。あるいは水泳帽をかぶって、眼の周りに刺激を与えると、眼が開けられるようになる人もいます。
 それらを行ってもうまくいかない時は、眼の周りの皮膚を切除し、眼を閉じる筋肉を減らすという治療法もあります。これまで10%くらいの人に行いました。

14
 患者さんがどのくらいの期間ボトックスを注射していたかを調べてみると、標準的には3〜6カ月です。忘れた頃に戻ってくる患者さんもいるし、二度と来ない方もいます。患者さんの比率としては、2〜6カ月という標準的な間隔でボトックスをうっている人が半数を超えるくらい。それから、ちょっと忘れた頃になって戻ってくる人が6分の1ぐらい。そして、3分の1は二度とうたないで済んでいる方です。
ーーーーーーーーーーー

21
さていかがでしょうか?この話題の概要は私からはしばしば既に発信したものではありますが、こうして社会に広く発信し続けることいに意義を感じています。

もう少し詳しい原稿は”明日から役立つ神経眼科、打倒!解決!不定愁訴・不明愁訴、あすから役立つ神経眼科診療の知識”の中の 1、眼瞼痙攣の中にも公表していて、これは神経眼科第26巻第3号(2009)にも間もなく印刷されます。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

携帯SEO
今日:
昨日:

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ

Categorised in: 未分類