お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年7月28日

966 巨大乳頭症 megalopapilla

視神経乳頭が大きい:という質問をいただきました。

32
質問:
 6歳の娘が視力検査で眼科に行きまして、視力は問題なかったのですが、視神経乳頭が白く明るくて人より大きい・・・といわれました。ただ、視力もでているし先天性なものだと思うので、気になるなら大学病院などでみてもらいなさい。と、言われました。ネットで見ていると、脳腫瘍の症状に似てると思って心配になりました。先生は、今までに、見たことがないと言われましたが、このような先天的な奇形はご存じでしょうか。大学病院はすぐには行けそうにないのですが、別の目医者に行った方がよいでしょうか。

10
お答:
巨大乳頭症megalopapillaと呼ばれるもののことでしょうか?
生まれつき、眼底の視神経乳頭が大きい人がいます。
6歳のお嬢さんなら視野も視力も測れたわけですから、それらが正常で緑内障が除外でき、しかも頭痛とか失神発作とか脳腫瘍を思わせる症状がないならば敢えてうっ血乳頭を疑って、あわてる必要はないでしょう。

50

巨大乳頭は、視神経乳頭の直径が2,1mm以上のものです。その乳頭の中でのくぼみは正常の目におけるそれよりも大きいことが多く、緑内障と紛らわしいです。
この眼底は正常眼圧緑内障と見分ける必要があります。
巨大乳頭は両眼性であるよりも片眼だけのことが多いです。
視力な通常は正常であり、少し低いこともあります。
マリオット盲点の拡大以外では視野も正常なことが多く、それで正常眼圧緑内障と区別できます。

28
ごく稀なものですが視神経の腫瘍であるグリオーマでは進行性に視神経乳頭が拡大することがあるので注意を要します。
米国の教科書では、脳の画像診断は顔面や頭蓋の正中部に奇形がないならあえて取るまでもないとされていました。(小児神経眼科学ハンドブックKenneth Weston Wright著を参考にしました)

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類