お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年6月27日

940 眼瞼痙攣で以前にボトックス治療を受けられた患者さんへ

2月にボトックスの50単位バイアルが発売されて、4か月が経過しました。そこで、私は以下のような封書を各患者さんにお送りし始めました。
ーーーーーーーーーーー

927
拝啓 皆様におかれましてはいかがおすごしでしょうか。
さて、眼瞼けいれんのその後の経過はいかがでしょうか。
このたびカルテをチェックしておりましたところ、治療を中断していることがわかりました。
下記の症状があり、現在もお悩みの場合には再度受診をお勧めしますので、お早目の電話でのご予約をお願いします。

ご予約TEL : 03-5677-3930

928
<眼瞼けいれんの自己診断>
□ まばたきが多い
□ 外に出ると、または屋内でもとてもまぶしい
□ 目を開いていられない(目をつぶっていたい)
□ 目が乾く、しょぼしょぼする、痛いなど、いつも目のことが気になる
□ 人ごみで人やものにぶつかる、またはぶつかりそうになる
□ 電柱や立ち木、停車中の車などにぶつかることがある
□ 太陽や風、階段の昇降が苦手で外出を控えている
□ 危険を感じるので車や自転車の運転をしていない
□ 手を使って目を開けなければならないときがある
□ 片目をつぶってしまう
      
※チェックの数が3個以上の場合は眼瞼けいれんの症状がいまだ続いていると考えられます。

929

<眼瞼けいれんの治療法に関する新しい情報>
この病気の治療法のひとつにボツリヌス療法(ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンを注射して、けいれんの原因となっている神経の働きを抑え、筋肉の緊張をやわらげ、症状を改善する治療方法)があります。ボツリヌス治療の効果持続期間は通常3ヶ月~4ヶ月です。
なお、この治療に用いられるA型ボツリヌス毒素製剤に待望の小容量製剤が出ました。より使いやすい製剤が登場したことにより、眼瞼けいれんの患者さんのご負担が軽減されました。

敬具

     清澤眼科医院 院長 清澤源弘
          

平成  6年  27月

ーーーーーーーーーーーーーー
930
ボツリヌス治療で使用される「ボトックス○R注100」に新しい剤形「ボトックス注50」が追加となります。これにより、一部の方を除いて多くの患者さんのご負担が軽減されますのでお知らせします。
なお、「ボトックス注50」は眼瞼けいれん、片側顔面けいれんで治療する場合に十分な量であり、今までの治療とお薬の成分・効果には変わりありません。
937
2月までの治療
施術料         4000円
ボトックス注100  92249円
窓口負担     計 28870円

新しい(3月以降)ご負担
施術料         4000円
ボトックス注100  51062円
窓口負担     計 16510

注):
※ 上記に示したご負担の例はボツリヌス療法に関与する部分のみです。
※ 医療機関を受診した際に算定される初診料/再診料およびその他手技に伴う費用負担については含まれておりません。
※ 患者さんによっては、ご負担割合が異なる場合(75歳以上の患者様では一定のご負担であること)もあり、上記のようなご負担の軽減とならない例もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

933
多くの患者様には、”ああそうでしたか”と受け取っていただけているかと思いますが、その後転院されていたりして、”この通知はいらなかったですよ。”という患者さんもあろうかと思います。その際にはご容赦ください。

これから暑くなってまいりますお体を大切にお過ごしください

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類