お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年5月24日

902 霰粒腫とは?その診断と治療(マイボーム腺の疾患)

カラジオン写真
霰粒腫

マイボーム腺に梗塞を生じ、これが無菌的な異物反応を起こすと、内部にゼリー状の肉芽を生じて、痛みと発赤を伴う散霰腫(カラジオン)とよばれるものを作ります。

カラジオンの裏側絵
(この原稿はマイボーム腺の疾患(⇒元の記事にリンク)の一部である霰粒腫の部分に図を補い新たな記事に仕立て直したものです。マイボーム腺関連の疾患全般にご興味のある方は元記事もご覧ください)

カラジオン裏写真
裏返してみると、このように少し赤くなって膨らんでいます、表から触ると、小豆大の小結節を触れることができます

カラジオンの構造図
このように、瞼の中にあるマイボーム腺に老排物がたまってこれが無菌的な炎症の原因になっています

感染症である麦粒腫とこの散霰腫をあわせた物が、ものもらい(めっこじき:長野県のことば)などと通称されるものです。

329
(この”ものもらい”という語が標準語化しているそうでこの言葉の分布を研究したページもあります。⇒ものもらい呼び名地域別ランキングにリンク)

カラジオン挟瞼器
その治療には局所への局所麻酔剤注射の後、挟瞼器で挟んで血液の流出を防止した上で出来れば裏側から瞼縁に直角に分泌腺の導管を傷つけないように注意しつつ3-5ミリの小切開を置きます。その上で鋭匙を用いて中のゼリー状の肉眼組織を充分に取り去ります。その費用はおよそ2000円(3割自己負担で)、10分程度の小手術です。

331
その後には軟膏をつけ、私は衣服を汚さないようにと説明して眼帯を1時間程度かけていただいています。

(最近は術後のクレームがいやで霰粒腫も切らない眼科医も増えているともいわれていますが、私は膿がたまって切るべき時は切ったほうが直りが早く確実と信じています。)

332
再発を繰り返す中高年の患者では眼瞼の癌が隠れていることがあるので、その内容物の病理検索をしておくことが薦められています。

簡単にケナコルトなどのステロイドを注射して炎症を抑える方法も有ります。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類