お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年5月16日

898 日本眼科医会の眼科コメディカルの講習終了試験が5月16日行われました

122
○日本眼科医会の眼科コメディカルの講習終了試験が5月16日土曜日に全国で行われ、東京都眼科医会では日本都市センターホテルを会場に約400名が受験しました。私は都眼科医会学術委員会の担当者として試験に立会ました。

第10問の視覚障害者の装具は次のどれか?の答えはすべて○、眼科コメディカルがしてよいことは?は、”流行性結膜炎が疑われる患者にあちこち触らぬ様に伝える”という最後の項目だけが○だそうです。この指示内容は正しいとは言え、コメディカルスタッフの判断で伝えて良いものか?とも考えられる項目ではありました。(解答は日本の眼科7号にも近日発表されます。)

 ”10の大問の中に○やxをつけたり、或いは適切なものを選んでゆく小問が並ぶ形式ですが、医師国家試験や眼科専門医試験で使われるような”問題の形からは答えが推測できないような出題型式”の設問ではありません。”という昨日の私のコメントはこの問題を意識した私見でした。

121
 この講習会は眼科医会員の眼科での職員を対象とし、窓口担当者に眼科の知識を身につけさせるという目的で1~5月に5日間全日を掛ける長い講習会です。用意されたテキストに基づき、最後に全国共通まとめテストが付きます。今年も、当医院から2名が受講し、これで、今年4月入職して講習開始に間に合わなかった2人を除く5名全員が既受講者となります。”問題が難しかったのか、今年は制限時間一杯まで会場に残る受験者が例年よりも多かった。”というのが事務局員の感想でした。

119

土曜に出勤してくださった眼科医会事務方と会場係をしてくださった方々にこの場を借りて感謝申し上げます。結果は7月中旬までに所属医療機関に送られるそうです。来年東京都は4日の講習になりますが、再受講も受け付けるようになりそうです。また多くの眼科職員の受講をお待ちしています。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類