お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年4月30日

882 間違い215か所 社会保険労務士の参考書を回収:という記事が有りました。

1
間違い215か所 社会保険労務士の参考書を回収:という記事が有りました。

結果だけを見るとお粗末ですが、本を作るというのは実は大変なことなのです。思いもしなかったような誤植が隠れていて、著者は後でがっかりさせられます。

最近は文庫本の小説を読んでいても、手書きだった時代ではありえないようなワープロ変換ミスがそのまま残っていたりします。

”後世恐るべし”、だから”校正をしっかりして内容ももう一度吟味しないといけない。”というダジャレで私に教えてくれたのは桑島治三郎先生でした。

また、”本を作る時には原稿を出した時点で力が抜けるが、最初に書く時以上の集中力でゲラは見直さなくてはいけない。その観点から、見たら君のこの章は明日までに全面的に書き直し。近くが二重になるという所で遠くが二重になる例を挙げている。”と不明愁訴の本の最終段階で指示を出してくださったのは若倉雅登先生でした。ゲラをジズラだけではなくきちんと内容まで吟味して読みなおしてくれていたということで、ありがたいことです。

ーーーーーーー

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類