お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年3月19日

818 黄砂と眼のアレルギーについて

花粉と並ぶアレルギーの原因として黄砂が特にここ数日、話題になっています。この季節に多い杉花粉や、通年性に見られるハウスダストばかりが眼のアレルギーの原因ではないというわけです。
管理頁

8
日本に飛来する黄砂の粒の大きさは4μmくらいの粒子が最も多く、0.5µm(マイクロメートル) – 5µm(=0.0005mm – 0.005mm)くらいで、タバコの煙の粒子の直径 (0.2 – 0.5µm) よりやや大きく、人間の赤血球の直径 (6 – 8µm) よりやや小さいくらいだとか。杉の花粉は直径約30μm、これよりははるかに小さいものです。

黄砂ではさまざまな健康被害が生じます。

9
咳、痰、喘息、ただれ、鼻水、痒みといった呼吸器官への被害が知られますが、目や耳への被害も目立つと報じられます。また黄砂が多い日には、花粉症、喘息、アトピーなどのアレルギー疾患には悪化が見られるそうです。

1995年 – 1998年の春に韓国で行われた疫学調査では、黄砂の飛来時に高齢者の死亡率が2.2%上昇したほか、呼吸器・循環器・眼科の入院率や通院率が上昇したとも報じられていました。

10
日本に飛来する黄砂の粒子は非常に細かいため、肺の末端にまで到達するとされていますが、その細かさから到達する量自体はそれほど多くないとされています。

また、黄砂自体はアレルギー物質ではないものの、汚染物質が付着したときに何らかの相乗効果を及ぼし、汚染物質が人体に及ぼす悪影響を増幅させている可能性も指摘されているそうです。

1
黄砂が肺に入ると花粉症や気管支ぜんそくなどのアレルギー症状が悪化するというマウス実験結果を、市瀬孝道大分県立看護科学大教授(環境毒性学)と国立環境研究所などのグループがまとめたということを愛知県衛星研究所のページが採録しています。

2
多少調べてみましたが黄砂が眼のアレルギーを悪化させるというしっかりとした医学的な邦文の記述は見つかりませんでした。しかし、おそらくそのような働きは考えておくほうがよさそうです。

7
今後、眼のアレルギーと黄砂の関連をもう少し詳しく分析してくださる研究者が現われるのに期待しましょう。なお、黄砂は環境省のページではDust and sandstorm:DSSと訳されていますが、アラビアの砂嵐の話が多いです。英語のページを分析するともう少し詳しい記載があるのかも知れません。

8
日々の黄砂の飛来情報は、気象庁のページが詳しいですが、黄砂そのものに関する解説ではWikipediaがもっとも詳しいと思います。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類