お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年3月14日

810 杉花粉症による目のかゆみ  月刊ニッキンマネーより

2
杉花粉症による目のかゆみ 
(からだ相談ROOM 健康Key Word Vol 6)
月刊ニッキンマネー 2009,3(Vol 42)PP70-71
に取材記事が載りました。

4

ーーー引用開始ーーー
スギ花粉症による目のかゆみ

花粉症による目のかゆみはつらいもの。放置すれば重症化することも。がまんや自己流の治療でごまかすことなく、できるだけ早く適切な治療を行ってくれる眼科医を探し、花粉症の季節を上手に乗り切りましょう。
今月の Doctor

清澤源弘(きよさわ・もとひろ)先生

清澤眼科医院院長。東京医科歯科大学眼科学臨床教授、日本眼科学会眼科専門医。「すべては患者さんのために」を医療の基本と考え、日々の治療に取り組む。
https://www.kiyosawa.or.jp/

Q:私はスギ花粉症で、毎年、目のかゆみや鼻炎に苦しめられます。花粉が飛ぶ1カ月前に治療を始めるとよいと聞くのですが、仕事が忙しくて時期を逃してしまいました。目がかゆくなってから通院しても効果は得られますか?目のかゆみを少しでも軽くするにはどうすればよいでしょうか。(Uさん・会社員)

なぜ、1カ月前から治療が必要?

今年もスギ花粉症の季節がきました。私がクリニックを開く東京都江東区では、2月10日ごろから花粉飛散が予測されています。また、花粉情報協会によると、今年は「全国的に飛散量が多く、飛散開始は例年並みかやや早い」とのことです。
花粉症の治療は、花粉が飛ぶ1カ月前から始めるのが理想です。花粉症の人は、スギ花粉をあびると、ヒスタミンという物質が体内で分泌されます。このヒスタミンが目のかゆみや鼻炎などを起こす作用を持っています。ですから、ヒスタミンの分泌に必要な成分の生産を薬に よってあらかじめ抑え込んでおけば、たとえ花粉が飛んできても、目の粘膜や鼻の粘膜がヒスタミンを放出するという反応をしにくくなります。つまり、目のかゆみや鼻炎などの症状が現れにくくなるのです。「1カ月前から治療を」というのは、こうした理由のためです。

目のかゆみを抑える治療法とは

とはいえ、すでにスギ花粉の飛散する時季は来ています。1カ月前から治療をするのは、すでに手おくれ。ただし、治療法はあります。目のかゆみが強い人に対しては、ステロイド剤の入った目薬を処方します。ステロイド剤は炎症を即効的に抑えられる、効果が強くて有効な薬です。ただし、それだけに使用法には注意が必要。副作用の心配があるからです。
3
 ステロイド剤を点眼すると、眼圧があがってしまう体質の人がいます。そうした人が長期間ステロイド剤をつけ続けると、緑内障になる危険性があるのです。自分がその体質かどうかは、ステロイド剤を一定期間点眼し、その後眼圧を調べてみないとわかりません。とはいえ、強い炎症を抑えるには、ステロイド剤にかわるものはありません。ですから、ステロイド剤の使用に際しては、医師の指示を必ず守ること。また、2週間後に再び眼科を受診し、眼圧に問題がないか調べてください。
ところが患者さんのなかには、目のかゆみが治まってしまうと、再び来院しない人がいます。目薬が残っているといって、そのまま使い続けてしまう人もいます。こうしたいい加減な治療は非常に危険で、その間に眼圧が上がり、緑内障が進行したということにもなりかねません。
 ステロイド剤入りの目薬は、目のかゆみを即効的に抑えるために1.2週間だけ使用。その後はヒスタミンの分泌をくい止めるために抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の目薬に切りかえていけば、症状をやわらげ、花粉症の季節をうまく乗り切っていけるでしょう。
 そして、来年こそは1カ月前から治療をスタートすること。花粉症などのアレルギー疾患は、「1年後に治っていた」ということはありえないのですから。

花粉は一年中飛んでいる
スギ、ヒノキ、マツ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、
花粉症の原因となる植物はスギだけではなく、約40種類もあるとされます。また、飛散時期も異なり、ほぼ一年中なんらかの花粉が飛んでいます。
「花粉症のはなし花粉症と上手につきあうためのQ&A(監修・獨協医科大学眼科名誉教授小暮文雄、提供・参天製薬株式会社)」より

1、外出時に工夫を 
 花粉がたくさん飛ぶ昼間の時間帯や風の強い日は、できるだけ外出を控えて。また、外出時には体に花粉がつかないよう工夫を。たとえば、花粉防止のゴーグルやマスクをつけ、帽子をかぶるなど。また、上着はウールよりもダウンジャケットのようにサラッとした生地のほうが、花粉がつきにくく、おすすめです。

2、室内に花粉を入れない 花粉は目に見えなくても、外出すれば雪のように体につもっているもの。帰宅時には、玄関の外でコートを脱ぎ、よく払ってから家の中に持ち込むこと。また、外出着と部屋着はきちんとわけ、帰宅したら外出着はすぐにクローゼットにしまいましょう。なお、花粉症の人がいる家庭では、この時季、洗濯物や布団を外に干さないのが鉄則です。

3、コンタクトレンズをしない
この時季だけはコンタクトレンズの使用を休み、眼鏡にかえることも大事。コンタクトレンズをしていると、眼球の角膜に花粉がすり込まれ、かゆみが強く表われます。どうしても使いたいなら、2週間や1カ月のレンズはやめて、1日交換のものを使いましょう。なお、目を直接液体で洗う行為はおすすめしません。

文・高田幸絵 イラスト・ハヤシフミカ
ーーーーー引用終了ーーーーー

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ

Categorised in: 未分類