お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年2月21日

793 2008年の清澤眼科の学術での業績

情報公開として:

2008年一年間での清澤眼科医院院長ないし東京医科歯科大学眼科臨床教授としての清澤源弘の学術的な実績を収載します。

16
【医学論文・原著】1. Suzuki Y, Horie C, Kiyosawa M, Nariai T, Mochizuki M, Oda K, Kimura Y,Ishiwata K, Ishii K, Measuremnt Of central Benzodiazepine receptor density in the Visual cortex predicts the prognosis of hemianopia, Jorunal of Neurological Scince 268(1-2):102-7 2008 May 15

2. Horie C, Suzuki Y, Kiyosawa M, Mochizuki M, Wakakura M, Oda K, Ishiwata K, and Ishii K Deceased dopamine D receptor binding in essential blepharospasm. Acta Neurologica Scandinavica 119(1):49-54 2009 Jan(オンラインにて2008年先行発行)

17
【医学書・著書】1. 清澤源弘、若倉雅登 “目がしょぼしょぼしたら-眼瞼けいれん?正しい理解と最新の治療法 改訂版” メディカルパブリケーションズ 東京,2008

2.  鈴木幸久、清澤源弘 眼瞼、眼窩の最新治療-眼瞼痙攣の治療 すぐに役立つ眼科診療の知識 臨床神経眼科学 柏井聡編集-p.370-372 金原出版株式会社 東京 2008

(以後3-36は単一出版物の別章です)
3.  清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-眼鏡嫌悪、眼鏡願望への対処②-1-p.11 金原出版株式会社 東京 2008

4.  大野直則、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-上半分が見えない-p.30-31 金原出版株式会社 東京 2008

5.  大野直則、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”ー「段々見えなくなる」と訴えるが、視力の値は不変-p.32-34 金原出版株式会社 東京 2008
6.  鈴木幸久、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-変視症の自覚があるが、視力も視野も正常-p.36-37 金原出版株式会社 東京 2008

7.  清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-下痢が治ったら、ものが2つに見えた-p53-54 金原出版株式会社 東京 2008

8.  清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-複視の診断への道すじ-p.57 金原出版株式会社 東京 2008

9.  清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-近くのものが二重に見える-p.58-59 金原出版株式会社 東京 2008

10.  鈴木幸久、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-ものが傾いて見える-p.70-71 若倉雅登、清澤源弘、山田昌和 編集,金原出版株式会社 東京 2008

11.  堀江千春、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-行を間違える-p.72-73 金原出版株式会社 東京 2008

12.  鈴木幸久、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-「ものが揺れて見える」というが、眼振なし-p.80-81 金原出版株式会社 東京 2008

13.  清水恵、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-見てもリンゴとわからないが、リンゴと聞くとわかるp.84-85 金原出版株式会社 東京 2008

14.  清澤源弘、清水恵、鈴木幸久、石井賢二 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-家族の顔がわからない-p.86-87 金原出版株式会社 東京 2008

15.  坂 夏子、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-色覚異常の遺伝をどう説明する?-p.90-91 金原出版株式会社 東京 2008

16.  堀江真太郎、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴-黄斑上膜の診断と治療の進歩-p.96-97 金原出版株式会社 東京 2008

17.  鈴木幸久、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-眼振-p.113-114 金原出版株式会社 東京 2008

18.  清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-乳児が目でものを追わない-p.120-121 金原出版株式会社 東京 2008

19.  山下牧子、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-目が内向きに寄っている-p.130-132 金原出版株式会社 東京 2008

20.  清澤源弘、山下牧子 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-疲れると目が外を向くその手術適応は?-p.133-134 金原出版株式会社 東京 2008

21.  川端秀仁、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-教室でまっすぐ前を見ていられない-p.140-141 金原出版株式会社 東京 2008

22.  江本博文、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-光過敏性転換とは?-p.147-149 金原出版株式会社 東京 2008

23.  清水恵、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-マーカスガン現象とワニの涙-p.150-151 金原出版株式会社 東京 2008

24.  清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-プロテウス症候群-p152 若倉雅登、清澤源弘、山田昌和 編集,金原出版株式会社 東京 2008

25.  江本博文、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-頭蓋内疾患を考えるべき眼科的異常とは?-p.170-171 金原出版株式会社 東京 2008

26.  江本博文、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-下垂体卒中とは?-p.172-173 金原出版株式会社 東京 2008

27.  岩永洋一、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-皮膚科疾患と目-p177-178 金原出版株式会社 東京 2008

28.  鴨居功樹、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-AIDSと目-p179-180 金原出版株式会社 東京 2008

29.  清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-パーキンソン病と目-p.181-182 金原出版株式会社 東京 2008

30.  佐野研二、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-コンタクトレンズで瞼が下がる?-p.205-206 金原出版株式会社 東京 2008

31.  佐野研二、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-ソフトコンタクトレンズ裏返し装用のすすめ-p206 金原出版株式会社 東京 2008

32.  梶田雅義、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-老視をいつ、どのように矯正するか? p.211-213 金原出版株式会社 東京 2008

33.  黒石川誠、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-暗いところで本を読んではいけないって、本当?それはどうして?-p216-217 金原出版株式会社 東京 2008

34.  佐々木秀次、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-眼内レンズが濁ることはあるの?-p.228-229 金原出版株式会社 東京 2008

35.  森浩士、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-厚生労働省特定疾患(附:都の難病)と申請-p241-243 金原出版株式会社 東京 2008

36.  神谷めぐみ、清澤源弘 “続・解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴”-補助の出る治療用眼鏡-p.260-261 金原出版株式会社 東京 2008

37、江本博文、清澤源弘、脳卒中による複視に対するリハビリテーション、脳卒中最前線、印刷中

38、眼科ブログは楽し 清澤源弘 (署名投稿記事) 東京都眼科医会報203:28 2008.4

39、緑内障患者の脳脊髄圧は低い 投稿記事:日本の眼科 印刷中

19
【学会発表】
1、長岡奈都子、清水恵、田中明子、清澤源弘、望月學:AZOORの一例、2008年第23回東京医科歯科大学同門会集談会、2008年7月21日

2. 清水恵、堀江長春、鈴木幸久、清澤源弘、望月学、若倉雅登、石渡喜一、石井賢二 “片側顔面痙攣患者の脳糖代謝” 第46回日本神経眼科学会総会 新潟 2008.10.11

3. 鈴木幸久、堀江長春、清水恵、清澤源弘、望月学、若倉雅登、石渡喜一、石井賢二 “顔面痙攣患者にみられた体性感覚運動野の灰白質密度増加”  第46回日本神経眼科学会総会 新潟 2008.10.11

22
【学会講演】
1. 清澤源弘、若倉雅登、山田昌和 ”解決!不定愁訴、不明愁訴6「目がぼやけるの意外な結末」” 第62回日本臨床眼科学会 東京 2008.10.25

2. 清澤源弘 ”眼瞼痙攣と片側顔面痙攣の治療を成功させる10のコツ” 第62回日本臨床眼科学会 東京 2008.10.25

3. 清澤源弘 ”眼瞼痙攣と片側顔面痙攣の治療を成功させる10のコツ” 東京都中野区眼科分科部会講演会 東京 2008.11.12

4. 清澤源弘 ”打倒!解決!不定愁訴・不明主訴” 第21回神経眼科講習会 新潟2008.10.12

25
【その他当医院に関連した書籍、雑誌、新聞の取材記事など】
1、迷ったときの医者選び東京
名医は名医を知る 名医は名医を知る 最新版 医療評価ガイド取材班編 2008 角川SSコミュニケーションズ⇒リンク

2、ドクターのよもやま話 眼瞼けいれんに悩む人は意外と多い
(とれぼーの 2007年3月号)

3、まぶしい、乾くに要注意…眼瞼けいれんの恐怖、新聞取材記事;夕刊フジ2008年02月21日

4、目の疲れが40代の目の病気につながる!? 雑誌取材記事;女性セブン2008年4月26日出版(5月10、17日号106ー7ページ)

5、一分間で判明、病気チェック 眼瞼痙攣 新聞取材記事:夕刊フジ2008年4月8日

6、きちんと知りたい健康情報 老眼だけではない 加齢に伴う 目の病気に注意 雑誌取材記事;マイハーベスト 2008年4号

7、すこやか生活術、あなたは大丈夫か?コンタクトレンズで視力急落した人たち 新聞取材記事:日刊ゲンダイ2008年6月2日

8、”美容整形のしわ取りなどで使う「ボトックス」など、ボツリヌス菌から抽出した毒素を使った薬品で16人が死亡するなど深刻な副作用が相次いでいる”との報道に接して
眼瞼・顔面けいれん友の会会報 投稿記事:2008年7月 第6号 2p

9、中高年の眼の病気 緑内障、失明するのはマレ 新聞取材記事:日刊ゲンダイ2008年9月7日

10、闘い続けるために 気がつきにくい眼力の衰え 雑誌取材記事:風まかせ2008年9月6日

11、目の不快感、眼瞼ミオキミア 書籍取材記事;オンナのカラダ、お悩み解消BOOK、扶桑社、80p

12、京浜急行電鉄報道発表資料;「清澤眼科医院」にPASMO電子マネーを導入します
10月9日(木)から(http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/mk_auto/20081008.shtml):日経産業新聞にも2008年10月09日掲載

13、中年が気になる目の病気 眼瞼けいれん:新聞取材記事:日刊ゲンダイ 2008年10月28日記事

14、緑内障患者の脳脊髄圧は低い 新聞取材記事:日刊ゲンダイ 2008年?月?日、新聞取材記事(568 原発性開放隅角緑内障の脳脊髄圧は低い? にリンク)

15、白内障にだまされるな 2009.1.22日刊ゲンダイ(リンク

24
【患者・一般向けの講演会講演など】
1、ボツリヌス菌から抽出した毒素使用の薬品で16人が死亡の記事に関連したコメント、フジテレビFNNニュース(2008年1月25日)

2、東京都眼科医会、眼科コメディカル講習会 講師 眼科疾患2

3、講義 特許庁 新任職員研修講義 1 講師

4、講義 特許庁 新任職員研修講義 2 講師

5、講演”ボトックスの安全性”と”質疑応答”……清澤源弘、第2回 眼瞼・顔面けいれん友の会~患者交流会~2008年2月2日(土)興和ホール、東京

6、講義、神経眼科 東京医薬専門学校で視能訓練士科2年学生、10月から12月まで6回

7、講演「眼瞼けいれんの治療を成功させる10のコツ」 清澤源弘 第5回 眼瞼・顔面けいれん友の会2008年8月13日 興和ホール

8、講演、ドライアイ?眼精疲労?一日中目が気になる…~なかなか治らない目の不快感に悩む方のために~2008年10月3日(金)、井上眼科病院院長を迎えて「市民健康セミナー」主催/サンケイリビング新聞社 協賛/グラクソ・スミスクライン

9、「産後まぶたがピクピク」というテーマでのコメント出演、フジテレビ「こちら ハピふる!婦人科」(2008年4月25日)

23
【進行中の共同研究テーマ】
1、PETで片側顔面痙攣の脳内機序を探す研究プロジェクト、研究主体:東京都老人研究所PET研究室、東京医科歯科大学大学院眼科

2、PETで緑内の脳内機序を探す研究プロジェクト、研究主体:東京都老人研究所PET研究室、東京医科歯科大学大学院眼科

3、PETで眼振の脳内機序を探す研究プロジェクト、研究主体:東京都老人研究所PET研究室、東京医科歯科大学大学院眼科

(なお神経眼科外来の臨床実績は別項目に記載します。)

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ

Categorised in: 未分類