お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年1月21日

774 電車の中では北方謙三の水滸伝を読んでいます

この数ヶ月、医院への往復の電車の中では北方謙三の水滸伝を読んでいます。(北方謙三水滸伝公式HPへリンク)現在19巻中の18冊目で、後2冊。北方謙三は原典の妖術使いの公孫勝を特殊部隊の隊長としたように理路整然と物語を整理して、まじめな人間たちの物語として書き直しているのだそうです。

親しい中国からの留学生T君に聞くと、中国でもこの小説は子供達には人気だが、上の者の言うことを聞かないことを肯定するような内容なので、学校では読むことを禁止されているにも拘らみんなが読んでいたそうです。

彼に聞くと、騎馬隊長の扈三娘(コサンジョウ)は後に足の悪い矮脚虎・王英と夫婦になるなど、内容も良く覚えていて驚きます。この手の本を読んでいると少し心が綺麗になる気がします。

Categorised in: 未分類