お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年1月18日

772 「セザンヌ主義~父と呼ばれる画家への礼讃」を見てきました。

posuta-

moji今日は、ポール・セザンヌ (Paul Cezanne 1839-1906フランス後期印象派)の展覧会を覗いて来ました。ちなみに、本日1月19日は、セザンヌ生誕の日です。”この日ご来場いただいたお客様先着200名様に、記念品をプレゼントします!!”と横浜美術館のページに書いてあります。この特別展は今週末で終わりますので、昨日の会場はとても込んでいました。

1
この画家は、巷でも非常にポピュラーですし良く見かけるのですが、視覚を取り扱う研究者の中でも興味を引く画家であるという事が言われています。

ブリジストン
 もう20年も前になりますが、確か医学界新聞という無料で送られてきたタブロイド誌に当時日本大学の生理学の教授であった酒田英夫教授がセザンヌのセント・ビクトワール山の絵を引き合いに出して人の視覚を論じていた記事があり、その指摘の的確さに驚いてその記事を切り抜き暫くは大事に持っていたものでした。

2 その記事はもう見つかりませんが、おそらく同様の内容は”頭頂葉”という先生の著書にも出ています。此処では宮崎アニメについて論じた別のブログ記事の一部を引いて見ましょう。

”では、この宮崎アニメ人気の秘密を、科学的な側面から検証してみることにした。「私たちは普通、目に映った景色をそのまま見ていると思うんですけれども、実はそれは脳の中で作られた景色なんです」と、聖徳短期大学の酒田英夫教授は言う。脳で知覚している映像を「知覚像」、そして網膜に映った映像を「網膜像」といい、我々は網膜に映った像をそのまま認識しているのではなく、脳の中で様々な処理が行われた物を認識しているというのだ。例えば、自分がある山の景色に感動し、写真を撮ったとする。

3

しかし、その写真を現像して見てみると、自分の印象と違いがっかりする、といった具合である。酒田教授は、宮崎監督が、この知覚像のメカニズムを直感的に理解して作品を作っているのではないかと指摘する。例えば19世紀に活躍した画家、ポール・セザンヌは、その頃全盛であった遠近法を無視し自分の感じたまま、「知覚像」に忠実に絵を描き、物体そのものの迫力を表現しようとした。その画風に似ているというのである。つまり、宮崎監督は自分が見て感動した風景などを、頭の中で再構成し、「知覚像」にそった画面構成によって臨場感を生みだしているというのだ。”

4
というわけで、見て美しく、心にしみるものであればそれだけで良いのですが、セザンヌは網膜像ではなく知覚象の絵を描いているというのです。今日はそのセザンヌの絵を横浜美術館で見てきたのです。

セザンヌは近代絵画の父と呼ばれ、20世紀絵画の扉を開いた後期印象派を代表する画家です。また「印象派より永続的で堅牢なものを」と、印象派的な過度の分析法に反対の意を表し、造形的な画面の構成に力を注いだ。パブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックによって提唱・創設されたキュビスムの形成に多大な影響を与えた。

5
セザンヌは静物画や風景画を好み、これらの画題で幾多の作品を残しているが、肖像画や自画像、水浴図に代表されるモニュメンタルな大構図の作品でも優れた作品を手がけている。少年時代(1852-58年)にエミール・ゾラと知り合い、詩作や絵画の創作に熱中しながら友情を育む。

オルセー
1861年、父との対立が本格化し、法律の勉強を放棄しパリへと旅立つ。後にカフェ・ゲルボワでクロード・モネ、ルノワール、アルフレッド・シスレー、フレデリック・バジールら後に初期印象派を形成する主要な画家たちと知り合う。

6
1886年、父ルイ=オーギュスト・セザンヌが死去。父の遺産により生涯の経済的不安からは開放される。1880年代以降はエクス(プロバンス県のエクスという意味のエクサンプロバンスという方が耳には慣れているか?:清澤注)に戻り、プロヴァンスの風景画、人物画、静物画、水浴画など、後にセザンヌを代表する作品を制作することに専念。

7
1906年、偉大なる巨匠としての地位は確立されていたものの、エクスのアパートで肺炎により死去。
(セザンヌの伝記に関するこの部分はhttp://www.salvastyle.com/menu_impressionism/cezanne.htmlを参考にしました)

8
視覚生理学の立場で見たセザンヌの絵の技法に御興味のある方は酒田先生の御著書”頭頂葉”もご覧下さい。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

9
管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科

Categorised in: 未分類