お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年11月28日

732 眼トキソプラズマ症とは

感染経路

(上図をクリックして拡大してみてください。)トキソプラスマというのはトキソプラズマという名前の原虫の感染症ですが、この原虫は通常は猫に感染していて、その卵が猫の糞便に排出されます。(図の右下部分)それを人や動物が口から摂取すればトキソプラズマに感染します(図の右下から左下へ)。
また、感染した家畜の生肉を食用すれば、そこからの虫体が人間に感染することがあります。(図の左上から左下へ)最近は猫の糞便からというものよりは生肉の食用による感染が多いようです。感染しても発症しない潜在的な感染も多いとされています。 
電子顕微鏡トキソ

このトキソプラズマに妊娠中の女性が感染すると胎盤を介して胎児に感染が移行することがあります。左の図が強拡大のトキソプラズマです。この図ではトキソプラズマが宿主の細胞に侵入しようとしています。

toxo顕微写真
次の図は弱拡大のトキソプラズマです。

1.眼トキソプラズマ症の眼症状
黄斑萎縮トキソ

感染したトキソプラズマが眼の組織に至れば、ぶどう膜炎の症状を発生するというものですが、その眼への感染の形態には次の2つがあります。
a)先天性感染:
先天性感染は両眼の網膜中心部分(黄斑部)の網脈絡膜炎であり、中心部に灰白色の増殖組織、周囲に黒褐色の色素沈着を伴います。
眼底

成人になってからその約3分の1には境界が鮮明な滲出性病変を伴って再発します。
再活性化トキソ

b)後天性感染:
chorioretinitis

後天性感染は先天性トキソプラズマ症の再発病巣に似た境界が不鮮明な白色の滲出性病巣が通常は片眼に出現します。
最近では、大量の免疫抑制剤が使用された臓器移植後の患者や、エイズに罹患した患者で、それまで落ち着いていた病巣からの再発が起きたり、日和見感染の形で新たに発生するトキソプラズマ症の患者を見ることもあるとされています。

視神経炎トキソ
稀ですが、初感染が視神経炎の形で表れることもあります⇒図の出典(http://www.uveitis.org/medical/articles/case/toxo.html)

toxoplasma abscess
眼ばかりに出るわけではなくて、全身的には、脳にシストや膿瘍を形成した症例の報告が多数あります。

toxo 偏光顕微写真
トキソプラズマ症の診断には、眼底の臨床像、蛍光眼底検査、血清反応、前房水の分析などが用いられます。

ことに血清反応には間接赤血球凝集反応(IHA)と間接ラテックス凝集反応(ILA)があります。これらで疑問のある血清に対して、間接蛍光抗体法(IFA)を行います。

しかし、トキソプラズマ症には不顕性感染が30%と多く、陽性率が年齢とともに上昇することも考慮して検査結果を解釈する必要があります。

IgM抗体は先天性感染の再発時には検出されず、後天性感染の初期に検出されます。
もし眼底所見からトキソプラズマ症が疑われるのに、血清でトキソプラズマ抗体の陰性という結果が続くならば、梅毒や結核など他の疾患も考慮が必要であるとされています。
また網膜病変が瘢痕病巣である場合には犬回虫症も鑑別が必要になります。

酵素抗体法を用いて眼内のトキソプラズマへの感染を見るには房水の抗体値も測定して両者のガンマグロブリン値を比較する方法もあります。前房水の採取までするならば、PCR法でトキソプラズマのDNAを探す方法もあります。

眼トキソプラズマ症の治療

acetylspiramycin
先天性感染の再発例と後天性の滲出病巣が治療の対象ですが、瘢痕病巣は治療の対象とはなりません。その治療にはアセチルスピラマイシン(上の化学式)、ダラシン、ダラプリムなどが使われます。光凝固や硝子体手術も時に応じて行われます。

本症は一般的には予後が良いのですが、治療を行っても5から30%には再発を繰り返し、病巣が黄斑にかかる症例では視力低下が起こる事を患者に十分納得していただかねばなりません。

また本症患者の妊娠中の対策としては、血清反応を定期的に行い、抗体価上昇がなければ妊娠を継続させるとされています。

生肉の生食は避け、その標準的な加熱処理は摂氏50度で30分、または56度15分です。

(この記事のまとめには文光堂眼科診療ガイドを参考にさせていただき、世界中のHPから図を借用しています。)

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類