お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2008年11月4日

715 ”続・解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴” の目次

続 解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴
この度あらたに出版にこぎつけた若倉 雅登/清澤 源弘/山田 昌和の本のご紹介を申し上げます。この巻では特に、CL装用者の苦情、クレームなど日常すぐにでも役立つ知識や、厚生労働省特定疾患(附:都の難病)と申請や、視覚障害者の申請など患者への情報提供のための社会医学などにも多くの多くのページが割かれており、担当者は各医師が実際の申請をするのに必要な情報を時間をかけて調べました。編集会議では、寝転がってページを拾い読みしていただけるような本にしようということで作りましたが、実際にはかなり踏み込んだ記事になっています。学会場ででもご一見願えますと幸いです。清澤
金原出版のページにあるのですが、入口が目立たず見逃されそうですので
以下に、金原出版からの出版案内を転載いたします。金原出版の元ページにリンク

ーーーーーーーーーー
続・解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴
愁訴索引付 (第1版)

編著)若倉 雅登/清澤 源弘/山田 昌和
定価 10,080円(本体9,600円+税5%)
ISBNコード  978-4-307-35131-7
発行日 2008/10/30 (第1版)
在庫状況 あり
B5判・288頁・図数:95枚・原色図数:49枚

 説明
種々の愁訴を有して編者らの医療機関を受診した実際の症例を用いながら、どのように診断したか、あるいは診断しにくかったか、また、どのように解決したか、あるいは解決しにくかったかを、率直に書いた前著「解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴」が好評につき、続編がこの度刊行された。
続編では、前著で触れられなかった、患者から良く持ちかけられる質問や相談への対応、珍しい

>>続きを読む

種々の愁訴を有して編者らの医療機関を受診した実際の症例を用いながら、どのように診断したか、あるいは診断しにくかったか、また、どのように解決したか、あるいは解決しにくかったかを、率直に書いた前著「解決!目と視覚の不定愁訴・不明愁訴」が好評につき、続編がこの度刊行された。
続編では、前著で触れられなかった、患者から良く持ちかけられる質問や相談への対応、珍しいあるいは一見難しいが特異的な愁訴や小児の問題を取り上げた。さらに、不明愁訴の代表格として「目がぼやける、ピントが合わない」の色々な実例を集めた。
また、目に関係する話題の症候群、心療眼科的問題や社会医学的情報も含め、かなり豊富な内容になった。
臨床眼科医はもちろんコメデイカルの方々の知識の追加、困った愁訴の考察の手がかりや診療指針の一助に本書をお役立ていただきたい。
>>閉じる
 目次
I よくある相談への正しい対応
 CL装用者の苦情、クレーム
   Column 眼鏡嫌悪、眼鏡願望への対応1
 CL装用者の老視対策
 使い捨てCLは、安全だといったのに
   Column 眼鏡嫌悪、眼鏡願望への対応2-1
 眼乾燥なら本当にドライアイ?
   Column 眼鏡嫌悪、眼鏡願望への対応2-1(続き)
 目やにが多いのでなんとかしてほしい
 「痒い」といったら、アレルギー性結膜炎?
 繰り返し白目に出血
 結膜炎の治療をしても、充血が消えない
 ひどいEKCの後、ステロイド点眼をやめると曇る
 二重瞼の線が変わってきた
 一瞬針で刺されたような痛み
 白内障術後の苦情の少ない、IOLのねらい方
   Column 片目で見ると暗い
 上半分が見えない
 「段々見えなくなる」と訴えるが、視力の値は不変
   Column 視野が欠けるというが、視野検査は正常
 変視症の自覚があるが、視力も視野も正常
 失明を過度に心配する人への対応
 
II 難しい愁訴への正しい対応
 角膜はきれいなのに、上皮びらんのような訴え
 ドライアイ症状なのに、上皮障害がない
 涙液量はあるのに、眼乾燥感
 目をつぶっているほうが楽・片目をつぶる
 持続的な眼痛があるが、眼球に異常なし
 下痢が治ったら、ものが2つに見えた
 センターラインがY字に見える
   Column 複視の診断への道すじ
 近くのものが二重に見える
 目(瞼)が重いので、何を考える?
 自分の目が怖くて、いやだ
   Column 対人恐怖と森田療法
 目が段々大きくなる
   Column ものが傾いて見える
 行を間違える
   Column 先天性眼球運動失行
 目の位置を治してほしいというが、斜視はなし
 目の中に何か入っていると主張してきかない
   Column 他の身体科におけるセネストパチー
 「ものが揺れて見える」というが、眼振なし
 視力が低下してから、実際に存在しないものが見える
 見てもリンゴとわからないが、リンゴと聞くとわかる
 家族の顔がわからない
 眼振を治してほしい
 色覚異常の遺伝をどう説明する?
 遺伝性眼疾患をどう説明する?

III 「ピント」が合わない・「ぼやける」の意外な結末
 眼鏡の問題
   Column 中枢性調節障害
 黄斑上膜の診断と治療の進歩
 病的近視
 眼底に異常のない網膜疾患
 眼底に異常のない視神経疾患
 斜位の退行
 斜偏位
 上斜筋ミオキミア
 短矩形波眼球運動
 眼振
 薬物の副作用
 
IV 扱いにくい小児の問題
 瞳が白く光る
 乳児が目でものを追わない
 瞬目が多い
 瞼が下がっている
 外に出ると眩しがる
 涙が多い赤ちゃん
 目が内向きに寄っている
 疲れると目が外を向くその手術適応は?
 横目づかいや顔をまげて見る
 さかさまつげ
 教室でまっすぐ前を見ていられない
 見ているときに頭を振る
 小児期の失明眼に対する義眼

V 目に関係する疾患をめぐる諸問題
 髄液漏出症候群で、目はどうなる
 光過敏性てんかんとは?
 マーカスガン現象とわにの涙
 プロテウス症候群
 眼症を生ずる顔面骨疾患
 どこまで治す甲状腺眼症
 繰り返すヘルペス性角膜炎
 再発を繰り返す眼窩筋炎
 再発を繰り返す視神経炎
 虚血性視神経症の行方
 頭蓋内疾患を考えるべき眼科的異常とは?
 下垂体卒中とは?
 PTSDとは?
   Column EMDRとは何か?
 皮膚科疾患と目
 AIDSと目
 パーキンソン病と目
 サルコイドーシスと目
 ベーチェット病
 身体表現性障害と目
 うつ病と目
   Column 若者に多ディスミチア親和型うつ病とは?
 統合失調症と目
 抗精神薬、抗不安薬と目

VI 患者が聞きたいこと,知りたいこと
 ドライアイなら人工涙液をたくさんつければよい?
 点眼にまつわるいろいろな質問その1
 点眼にまつわるいろいろな質問その2
 コンタクトレンズで瞼が下がる?
   Column ソフトコンタクトレンズ裏返し装用のすすめ
 疲れ目にきく目薬ってある?
 加齢による眼瞼下垂の手術適応は?
 老視をいつ、どのように矯正するか?
 不同視がある場合、どこまで矯正してよいの?
 暗いところで本を読んではいけないって、本当?それはどうして?
 マイボーム腺機能不全って何?
 結膜弛緩症って病気なの?
 ステロイド内服や点眼を続けるのがこわい
 白内障の手術は、いつすればいいの?
 眼内レンズが濁ることはあるの?
 人間ドックで乳頭陥凹といわれたが、それって緑内障?
 人間ドックの眼底検査で動脈硬化といわれたが、どうすればいいの?
 黄斑変性は治ると新聞に出ていたが?
 ボツリヌス治療って、何?
 目にいい食べ物やサプリメントはあるの?

VII 患者への情報提供のための社会医学
 厚生労働省特定疾患(附:都の難病)と申請
 視覚障害者の申請
 視覚障害者が受けられるサービス
 介護保険と眼疾患
 障害年金の知識
 後遺障害等級評価
 補助の出る治療用眼鏡
 ロービジョンエイドとは?
 複視治療のためのプリズム眼鏡
  Column 眼鏡嫌悪、眼鏡願望への対応3
 眼鏡の工夫
ーーーーーーーーーーーーーーー引用終了
金原出版の元ページにリンク金原出版のページから直接発注もできます。
アマゾンから発注の方はここからどうぞ。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科

Categorised in: 未分類