お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年8月9日

635 生まれつきの眼振について質問を受けました (先天眼振)

生まれつきの眼振についての質問を患者の気持ちサイトからお受けしました。 (先天眼振) 多毛さんからの相談です  [視力障害について]

私の専門は神経眼科学(学位論文はポジトロン断層法の眼科的応用)であって、特に先天眼振を研究したり治療したりしてきた訳ではないのですが、多少このブログで先天眼振を話題に取り上げるにつれて先天眼振の患者さんからの相談を受ける事が多くなりました。最近は新患用の質問フォームもほぼ固まって、すでに診察した患者さんは30人をこえたのではないでしょうか。近々カルテを集めて見直してみたいと考えています。そのような中、今日も2人の新患の患者さんの来院を戴きました。

ご質問
5
私は生まれつき眼振があり、眼鏡矯正視力0.3程です。コンタクトレンズや最近話題のレーシック手術も適応対象外とのこです。乱視が強いこともあり、眼科診断では「様子を見ましょう」と聞き飽きた返答ばかりです。いっそのこと身障手帳を取ろうかとも思いましたが、ギリギリ5級にも6級にも当てはまらないようです。運転免許も取得不可で実態は不便なのに、世間一般では健常者として扱われる、こんな状況から少しでも開放されるために日々情報収集を心がけています。裸眼視力は無理としても、また、眼振治療も無理としても、せめて0.7くらいまでの矯正視力の向上は不可能でしょうか。

6
最近、ある鍼灸院のHPでハリ治療により眼振が止まり、それにより視力向上が期待できるとの紹介を見つけ、検討中です。
貴院のお力によって少しでも改善できればと思います。よろしくお願いいたします。

お答え
7
両眼での矯正視力が0,3とのこと、苦労されていることと思います。
まずは、ダロフDaroff博士の診断基準に照らして本当に先天眼振であることを確認する必要があるでしょう。

眼振を手術で緩める治療はなかなか難しく、それなりの数を行った経験のある医師さえほとんどいないと思いますが、状況によってはそのような手技を持つ数少ない医師に私自身が診察をしたうえで個別に相談を持ちかけることができる場合もあります。
私が最も多く行うのは、プリズムを処方して安静位が正面に来るようにする方法、次に輻輳眼位を利用するようにプリズムを処方する方法です。

8
これらも私が自分で診察をしたうえで、関連の大学に連れてゆき、
熟練した視能訓練士に個別のプログラムを依頼して行います。
前者のプリズムは比較的多くの患者さんに有効でしたが、10人以上に試しても輻輳プリズムが有効に作れた患者さんはまだいませんでした。

乱視が強い患者さんが多いのは先天眼振退特徴の一つです。乱視矯正や弱視の改善も重要ポイントです。
網膜上での振幅を小さくできるのでコンタクトレンズも視力の改善に有効な場合があります。
プリズム眼鏡とコンタクトレンズの併用も考慮できる可能性があります。

視力は両眼開放で測る必要があります。片目を隠すと、急に眼振が強まり、視力が下がる場合も多い(潜伏眼振)です。
薬剤の処方は特殊な眼振以外では普通できません。

10
針灸の眼振治療への応用は、(私も学会で見かけたことはあるのですが)、有効性が確立されたものではないと思いますので、私は自分の世話している患者さんには紹介してはいません。
ある程度信頼できる結果が出ている施設があればそれを知りたいと思いますが、現在国民健康保険に認められているほどには公的に認知されたものではありませんから、試すならば慎重にされるのがよいでしょう。

私が一度拝見できれば、最適な助言をするように努めますが、すぐに運転免許がとれるというわけにはゆかない可能性が高いかもしれません。

ーー(問答の引用終了)ーーーーーー

9
このブログを見て、遠くから私の診療所を訪ねてくださる先天眼振の患者さんも徐々に蓄積して来ました。今度はその所見をまとめてみたいなどとも考えています。その多くは原因の特定の出来ないものでしたが、確かに様々な原因の患者さんが居られます。中には比較的明らかな黄斑低形成があったり、眼白児症が見られた場合も有ります。手術含みで紹介をさせていただいた方も居られましたし、プリズムの作成が出来た方も居られました。セカンドオピニオンのための受診も歓迎いたします。

この話題に関連の有る私のブログの過去のページにリンクします。
⇒リンク
◎2008年08月10日
557 先天性眼振の解説(e-medicine)からの抜粋(治療編)⇒リンク
お待たせいたしました。先天眼振の治療に関する記載の抄訳です。

○103 先天眼振の診断と治療 (2006年05月27日)⇒リンク

○556 先天性眼振の解説(e-medicine)からの抜粋(診断編) 2008年04月23日⇒リンク

○神経眼科:原因不明の眼球振盪との診断を受けました。:インターネット …⇒リンク

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類