お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年7月17日

613 おしゃれ用カラーコンタクトで眼障害多発 の記事を見て

”おしゃれ用カラーコンタクトで眼障害多発 国が規制へ” という記事が掲載されており、当医院にもその件に関する問い合わせが、某報道機関からも来ています。私は、”コンタクトレンズの専門家”ではありませんが、コンタクトレンズも扱う一般の町の眼科医ですから、そのような事例に遭遇したこともあります。   (管理頁

3
今回の規制強化の背景から説明します。
その内容は”おしゃれ用カラーコンタクトで眼障害多発 国が規制へ 7月11日 19時00分 などの記事で読み取ることができます。

4
ーーーーー引用ーーー
視力補正を目的としないカラーコンタクトは、10代から20代女性に特に人気があるが、角膜炎、角膜びらんなど眼障害例も多く報告されている。独立行政法人・製品評価技術基盤機構の調査によると、受診者は10代後半から20代前半までの女性が約9割を占め、使用頻度については「ほぼ毎日使用している」61%となった。

 一方、眼障害の多くは「手入れ不良」(25%)。そのほか、「長時間装用」(10%)、「使用方法を理解していない」(10%)、「装用したまま就寝」(4%)など、使用方法の問題により生じたものである場合が多い。

 おしゃれ用カラーコンタクトレンズの購入先は、「販売店」(47%)、「インターネット・雑誌」(47%)となっている。

普段、おしゃれ用カラーコンタクトレンズ以外に、「コンタクトレンズを使用していない」人は91%にのぼったにも関わらず、「購入する前に医者(眼科医)の診断を受けていない」(99%)、「販売店、インターネットなどで購入したが使用説明を受けていない」(84%)、「取扱説明書をもらっていない」(34%)など、受診者が十分な情報提供を受けていなかったことも明らかとなっている。

 おしゃれ用カラーコンタクトレンズは、大韓民国、シンガポール、台湾など海外から輸入されており、国内では製造されていない。輸入量に関する公式な統計はないが、最近1年間で約250万組500万枚と推測され、増加傾向にあるという。
ーー引用終了ーーー

5
この記事を見るとわかるとおり、、おしゃれ用の度なしコンタクトレンズを使う人は、普段医療用の度入りのコンタクトレンズを使う必要がない人であるがゆえに、
(1)その安全性を確保するのに必要な眼科医の診察をそもそも受けておらず、
(2)その装用に必要な基礎知識(脱着手順と準備、装用可能時間、保存の注意、有効期限とその意味など)を順を追って説明されていない。という2つの致命的な欠陥をもってコンタクトレンズに接していることになります。

6
関連の記事をインターネットで探してみますと
カラーコンタクト法的規制へ 取り扱う企業は反論 4月07日 09時04分 といった記事も掲載されております。

その内容を見ますと、
ーーー引用ーーー
関連する企業も意見を発表。H社は「眼障害そのものはカラーコンタクトだけではなく医療用の度つきノンカラーレンズにも発生しており眼障害はカラーコンタクトに限って起こるものではございません」と同社HPで説明した。

 株式会社Fは同社HPで「当店のカラーコンタクトレンズは、医療用コンタクトレンズと同じ工場で作られており、厳しい検査を受けて出荷されていますので、安心できる品質です」と、自社の製品の安全性を訴える。
ーーー引用終了ーーー
などとの意見を述べています。

7

私の先のコメントを見ていただきますとわかるとおり、
(1)コンタクトレンズを使う人は使い始める前に、角膜疾患や強いドライアイその他にも多数ある”コンタクトレンズを乗せてはいけない眼”ではないことを眼科医に確認されていなくてはならない。
(2)コンタクトレンズを初めてあるいは久しぶりに販売する際には医師ないし販売所から”コンタクトレンズ使用に関して必要な諸注意を、しっかりと時間をとって(おおむね15分くらいか?)口頭で順を追って説明をしなくてはいけない。(文書が添付されても、読み聞かされなければ、おそらくそのままゴミ箱に行くでしょう。)ということであろうかと思います。

8
”従来の医療用コンタクトレンズでも似た障害が出ている”というのはばかげた理屈で、眼科で処方を受けて正規のルートで購入しても似たような障害が起きることがなくはないのは、使い方の基本が守られなかったり、目になにがしかの障害(痛みや充血)が起きかけているのにそれを強行して使い続けるから目の傷を広げてしまうのです。

コンタクトレンズというのは、大変優れた屈折矯正機器であるが、同時に非常に危険な”高度管理医療機器”でもあるという自覚を持って安全にお使い願いたいというのが一般の眼科医の気持ちであるとご理解ください。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:

相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科

Categorised in: 未分類