お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年6月29日

598 視神経のコロボーマについての質問と答

huji (管理頁

視神経のコロボーマについての質問をフランスから戴き、お答えを差し上げました。
コロボーマにつきましては、当ブログに以前の ”2007年04月28日に記載した324 眼のコロボーマ coloboma 脈絡膜欠損”という記事(⇒リンク)もありますのでご参考になさってください。質問はポータルサイト”患者の気持ち”を経たものでその中にあります質問と答えの項はサーチエンジンにはかかりにくいと思いますので此処に再掲示します。

猶、コロボーマ二には脈絡膜欠損が網膜から脈絡膜にかけて存在するもの、虹彩だけに切れ込みがあり滴状の瞳を示すもの、そして本質問のように視神経をも巻き込み視神経のコロボーマと呼ばれるものが含まれます。私が以前見た症例では小眼球で視神経は明らかな低形成を示し、その後方の視神経に先天性の嚢腫が出来ていた例も有りました。

1質問:
はじめまして。
現在フランス在住で4ヶ月になる女の子がいるのですが、以前より子供の左目が内斜視なことが気になっていて地元(フランス)の眼科へ連れて行ったところ視神経のコロボーマと言われました。来月MRIで詳しい検査をする予定にしていますが、まずはメガネをかけさせたほうが良いと言われました。
初めて聞く病名かつフランス語での医師からの説明で不明な点が多々あり色々と教えていただきたくお願い致します。

2
1.この病気は進行しますか
2.この病気に関連して脳など他にも異常があることなどありますか
3.治療して治る方法はないですか もし無いとすればこのまま今後の治療はどのようなものになるのでしょうか メガネをかけるだけでいいのでしょうか
4.今後の生活でどんな支障が出てくるのでしょうか
5.まだわずか4ヶ月でメガネをかけることは大丈夫ですか?
6.この病気は遺伝なのでしょうか?また将来この子が子供を産む際、彼女の子供に遺伝することはないですか?
7.右目は正常と言われましたが左目が原因で(右目に負担がかかって、など)悪くなることなどないですか。メガネを使用して悪りませんか
8.日常生活で気をつけることはあります
以上、宜しくお願い致します。

お答え:

3

其れは心配なことでしょう。分かることをお答えします。

1.この病気は進行しますか?
A,もともとが眼球の形成不全ですから、今以上には進行はしません。

2.この病気に関連して脳など他にも異常があることなどありますか?
A,視神経の中に水のたまった袋ができていたりする場合がありますので、CTやMRIで調べるわけです。このような変化があったとしても手術になることはまず無いでしょう。

3.治療して治る方法はないですか もし無いとすればこのまま今後の治療はどのようなものになるのでしょうか メガネをかけるだけでいいのでしょうか?
A,  眼球が小さいと遠視を呈するのでこの場合には弱視を少しでも防ぐため、凸レンズの眼鏡を使ってもらって少しでも視力を出すようにするとよいでしょう。コロボーマ自体に影響を与える治療法はありません。

4.今後の生活でどんな支障が出てくるのでしょうか?
A,よいほうの眼の視力と悪いほうの眼の視力はどの程度なのかによって生活上の不都合
が決まってきます。生後4月では視力は測れませんね。3歳になれば、そろそろ視力が測れるかもしれません。

5.まだわずか4ヶ月でメガネをかけることは大丈夫ですか?
A,結構小さな子供でも眼鏡を掛けますが、4ヶ月では少し早いかも知れません。2歳なら
十分に自分で掛けます。やってみてというところでしょうか。

4
6.この病気は遺伝なのでしょうか?また将来この子が子供を産む際、彼女の子供に遺伝することはないですか?
A,はっきりした遺伝は分からないことが多いと思います。親族に特に同じような病気の
患者さんが居なければ、あまり遺伝は考えなくてもよいのではないでしょうか?

7.右目は正常と言われましたが左目が原因で(右目に負担がかかって、など)悪くなることなどないですか。メガネを使用して悪くあなりませんか
A,右が正常というのは朗報でしょう。右だけを使うことで悪くなることは無いでしょ
う。眼科で決めた度数の眼鏡も使わせてください。

8.日常生活で気をつけることはあります
A,特に無いと思います。定期的に眼科医とご相談ください。

といったところでいかがでしょうか。

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

当ブログに以前の ”2007年04月28日に記載した324 眼のコロボーマ coloboma 脈絡膜欠損”という記事(⇒リンク)

Categorised in: 未分類