お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年4月9日

544 《病気チェック―眼瞼けいれん》夕刊フジ 2008,4,7より

8
(夕刊フジの記者、新井さんが4月6日月曜日発売で4月7日火曜日発行の夕刊フジにこの記事を書いてくださいました。取材に協力させていただきましたので、引用して紹介いたします)  (管理頁
ーーーー引用開始ーーー

《一分間で判明、病気チェック―眼瞼けいれん》

10
 40代以降の発症が多く、目の周りの筋肉が過度に収縮し、まばたきがうまくできなくなる「眼瞼(がんけん)けいれん」。目が乾く、しょぼしょぼする、などの症状を伴うことから、当初はドライアイや疲れ目と間違われやすい。「気づいていない人や誤診されているケースは結構多い」(清澤院長)という。

14
 “けいれん”といってもまぶたがピクピク動く症状は少なく、圧倒的に多いのが、「屋外、室内でもまぶしい」「目をつぶっていた方が楽」(90%以上)という訴え。そのまま放置していると、まばたきの回数が増え、伏し目がちになり、眉間には縦ジワができ、次第に人相まで変わってくる。早期に治療(ボトックス注射療法など)を開始すれば、それだけ治療効果も高くなる。チェックリスト(井上眼科病院・若倉雅登院長考案)で該当するようなら、早めに専門医を受診するようにしよう。

18
 原因には、パーキンソン病や脳梗塞などの病気で起こる「症候性」や抗うつ薬、抗不安薬などの長期服用で起こる「薬剤性」もある。が、もっとも多いのは原因がはっきり分かっていない「本態性眼瞼けいれん」。何らかの原因で、まばたきをつかさどる神経に異常が起きていると考えられている。発症のキッカケや増悪因子にはストレスとの関係も指摘されているので、とくに働き盛りのサラリーマンは注意したい病気だ。

24
(※チェックリストは、清澤源弘・岩倉雅登著「目がしょぼしょぼしたら―眼瞼けいれん?」より作成)

32
★ 「眼瞼けいれん」チェックリスト
① まばたきが多い
② 外に出ると、また屋内でもまぶしい
③ 目を開けていられない
④ 目が乾く、しょぼしょぼする、痛いなどの目のことが気になる
⑤ 人ごみで人やものにぶつかる、またぶつかりそうになる
⑥ 電柱や停車中の車などにぶつかったことがある
⑦ 太陽や風、階段の昇降が苦手で外出を控えている
⑧ 危険を感じて車や自転車の運転をしなくなった
⑨ 手を使って目を開けなければならない時がある
⑩ 片目をつぶってしまう

「1―2つは疑いがあり、3個以上は可能性が高い」
(清澤眼科医院・清澤源弘/東京・南砂町)

36ーーーーー引用終了ーーー
この10の質問に丸がいくつか付いたとして受診いただけば、清澤眼科医院や御茶ノ水井上眼科病院では、次に速瞬、軽瞬、強瞬の3種の瞬きが上手に出来るか否かを評価して行きます。そのほかのドライアイなどの症状も見て、人工涙液処方、風除け眼鏡の処方、涙点プラグの下涙点への挿入、ボトックス注射、クラッチ眼鏡作成、それでもだめなら眼輪筋切除などの治療を順に決定してゆきます。どうぞ、眼瞼けいれんが的確に評価でき、適切な治療が出来る眼科医をお訪ねください。

39

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類