お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年2月25日

515 PETで片側顔面痙攣の脳内機序を探す研究プロジェクト、参加者募集

管理頁

PET画像◎:2008年2月現在、PETで片側眼瞼痙攣の脳内機序を探す試みの研究プロジェクトが東京医科歯科大学(清澤源弘、鈴木幸久、堀江長春、清水恵が担当)と東京都老人総合研究所PET施設(石井賢二が担当⇒リンク)とで進められています。

PET装置他の神経疾患を合併してはいないなどの被検者としての条件に合い、痙攣時とボトクス後の2度の測定に病気を持った被検者として参加いただける方には、無料でPET検査を受けていただけます。全部で40名程度を予定、すでに約半数で検査が開始されています。詳細は清澤眼科医院にお問い合わせください。

肖像縦
その前に行われた”原発性眼瞼痙攣の脳内変化を見るプロジェクト”の報告文書が都老人研PET室から届いています。検査に協力いただいた方や、その結果に興味にある方は清澤までお問い合わせください。

7
(当初この記事には”片側眼瞼痙攣”という誤った名前がついていました。2008年4月29日の応答で気がつきましたので”片側顔面痙攣”に訂正いたします。清澤注)

(この記事には追加内容を準備中です。)
best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類