お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年2月10日

505清澤眼科医院通信147号(2008.2.10)

505清澤眼科医院通信147号(2008.2.10)(管理頁

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

(不完全ですがgoogle自動翻訳です。I hope this google Japanese-English translation service may help you a little.)

暫くすると記事が冗長になってきます。そこで今日は記事の大掃除をします。

8
今年の花粉の飛散量は昨年の2~3倍です。スギ花粉の飛散が少量ですが始まってます。2008年用に花粉症記事を更新し、抗アレルギー薬点眼と内服薬処方をはじめました。
2008花粉症ブログ記事にリンク
慈恵医科大学耳鼻科で発行する花粉飛散数の記録は毎日の参考になります。⇒リンク。かゆみを訴える患者が急増しています。

覇商の門
今週の読書:覇商の門(上、下)火坂雅志 詳伝社文庫 信長に取り立てられ大商人となった堺の今井宗久の物語。堺では町人による自治が営まれ、時の為政者を選ぶほどの存在であったことも解ります。この頃の商人は決して侍の下に居た訳ではなく、矢銭を送り為政者を選ぶ力を持っていたようです。信長が従来の権威を打ち破る強い意志をもち、究極的には天皇制を廃し自ら王になろうと意図したことが、旧体制に押された光秀謀反の原因と描かれています。信長暗殺以後、今井宗及は歴史の表舞台に出ることも無く奈良県橿原市(大和今井町)に隠棲したとされますが、そこは少し尻切れトンボな印象も受けました。この作品を通して天皇制が形式的にしろ1700余年も連綿と続いたこの日本という国も考えることが出来ました。戦国時代は私の好きな時代物の舞台です。

kaiteibann
◎目がしょぼしょぼしたら-眼瞼けいれん? 正しい理解と最新の治療法 改訂版第1刷 が1月13日出版されました。(これが右上に改訂版と書かれた新版の図です)新しい改訂版をお買い求め願いたいところでは有りますが、旧版の残部でよければ(僅少約20冊のみ)、希望者に無料でお送りいたします。医院窓口にご請求ください。)

花の写真は今回も相川公一さんの花シリーズ。花を梅から水仙に生け変えましょう。

505 清澤眼科医院通信147号(2008.2.10)ヘッドライン

1、近況:
1)上に記載:杉花粉症の患者さんが増えています。

2)自前ドメインの新ホームページ。(リンク)。 ”患者の気持ち”のポータルサイト。⇒リンク

2.予約電話 03-5677-3930。ネット予約に⇒リンク

3.清澤の東京医科歯科大学眼科での診療は毎水曜。。⇒リンク 

4.直近の読者数ピーク:新記録! 1月28日は827人。

5.当医への眼科相談窓口 ⇒リンクご利用ください。。

6.新砂コンタクトレンズご案内⇒リンク

7.眼瞼痙攣治療紹介 502 清澤眼科医院通信144B号(2008.1.29) ⇒リンク

8.広報:

9.当ブログの新テーマ

146号本文はこの先です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから本文のはじまりです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●清澤眼科医院通信147号(2008年2月10日、日曜日)
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929

すべては患者さんのためにの額
南東北病院の渡邉一夫理事長に揮毫していただいたものです。ここに立ち返って一日を始めよう。

1、近況;
1)
かまくら祭湯西川
河原に連なる小さな無数のかまくら、そのひとつひとつに蝋燭が灯された景色は幻想的です。湯西川温泉では、もともとこの地方の物ではないのでしょうがいくつもの本物のかまくらを雪で築いて、冬の秘湯へいざなっています。駅で見かけたかまくら祭りのポスター。

7
今年の花粉の飛散量は昨年の2~3倍です。2008年用に花粉症記事を更新。抗アレルギー薬点眼と内服薬処方開始。
2008花粉症ブログ記事にリンク
慈恵医科大学耳鼻科で発行する花粉飛散数の記録は毎日の参考になります。⇒リンクかゆみを訴える患者が急増中。

ブログ

2)当医院独自ドメインのホームページ運用中。(リンク)。 此処から全コンテンツに連結。 

3)従来の患者の気持ちページ”の眼科質問箱、ネット用予約システムもリンクして運用中です。

グーグル

.googleで眼科医院と御検索願うと2番目です。⇒リンク

昔の電話機

2、当医院は新患再来とも予約をお勧めしています。
日中の電話予約が最も簡単です。夜間も使える診療予約に⇒リンク。
 問診表に記入して持参されますと、あなたの受付け時間が短縮できます。(⇒印刷用問診票にリンク:
花粉症の季節を迎え職員も厚く配置し迅速な対応に心がけます。

地下鉄
当医院への地図です(⇒リンク)東西線南砂町3番東口の本当に直前です。

6
3、水曜は東京医科歯科大学で診療。医科歯科大学では初診時の診断医業務(2008年3月まで)と、神経眼科特殊再来(4月以降も継続予定)でコメント提示のみを担当しています。継続的な私の診療を御希望の方はむしろ南砂の医院に私をお訪ねください。水曜午前の清澤眼科医院は東京医科歯科大学医局の所属、眼科専門医の女医、堀江ちはる先生が担当しています。

5
当院は病院診療所連携を重視しています。重症例は東京医科歯科大学(JR御茶ノ水)へ、白内障手術などは順天堂東京江東高齢者医療センター(江東区新砂)にお連れして対応をお願いしています。難しいハードコンタクトレンズなどは西葛西井上眼科コンタクトクリニックに繋ぎます。治療が一段落すると当院に戻っていただきます。

医院紹介サイトQ-lifeも依然好調。→リンク。

5
4、当ブログ読者は一日500~800人。2008年1月29日は訪問者827、ページビュー1206です。(10月からの左上のカウンターと、それ以前からの私設カウンターには食違いがあります。)
お問い合わせも増え、うれしい悲鳴です。恐縮ですが診療中は未受診者からの電話相談には対応できません。お困りの方も本人が受診し、セカンドオピニオンや治療をお求めください。

5、医学相談には、”患者の気持ち”サイト内の質問箱をご利用ください。 患者の気持ちロゴ  質問欄⇒(ここでリンク)。質問箱は、多くの方々に答えを共有していただきます。質問歓迎。

インターネット医科大学
○”ニフティーの医学相談コーナー、インターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科担当教授として質問に短く答えます。質問歓迎。

6、コンタクトレンズ:
オアシスとアドバンス
○コンタクトレンズ希望の方は保険証を持ち、清澤眼科医院を御受診ください。丁寧に診察します。バイオメディックス2200円、ワンデーアキビューモイスト2800円、アドバンス3000円、オーツー・オプティクス2500円など廉価です。⇒最新価格表
○花粉症のある方はこの季節だけでもワンデータイプにするとかゆみが軽くなることが期待できるでしょう。

7、 眼瞼痙攣の治療について 
ボトックス関連の詳細記事を別項Bにまとめました
Bシリーズはすべてボトックス関連の特集号です。

コスメ
 眼を開いて居るのがつらいというだけの患者さん、瞼が痙攣する患者さん、眉間じわを気にするかたも居ます。早めにご相談ください。

◎当医院のボトックス投与予定:毎火曜、毎金曜そして毎土曜です。(1月から金曜日も新たにボトックス投与日に加えました。)再初診とも電話でご予約ください。

◎関連記事

6
○”ボツリヌス毒素使用例での死亡事例報告につき、市民団体が米国FDAに患者と医師への注意喚起を要請”との記事のニュースが1月25日夕刻にフジテレビで放映されました。その中でボトックスの合併症についての質問を受け清澤が高須クリニック院長、舛添厚労大臣と共にコメントしました。(このテレビ出演の顛末記に⇒リンク)

8、 ◎病名説明記事検索○検索方法 
1)直接Googleに<清澤眼科 xxx>と病名のxxxを入れ換えてサーチすると大概の疾患が出てきます。お試しください。新たな解説希望の疾患がありましたらリクエストください。鋭意説明します。(このブログ記事のコメント欄に記入願えば、筆者に伝わります。)

2)系統索引(おばあちゃんにもわかる目の病気、一般眼科編)と(⇒リンク)、おばあちゃんにもわかる眼の病気(神経眼科編)もあります。

9、関連記事:
迷ったときの医者選び
迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されています。収載の眼科医は12人です。版元が替わって4月に角川SSコミニュケーション社から改訂版が出ます。(記事早見紹介、⇒リンク

7
10、 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。

○506 眼瞼・顔面けいれん友の会 第2回会員交流会 報告 2008年02月07日
○505 ボトックスで顔面の痛みがとれる?。2008年02月05日

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:
相互リンクページ

8

Categorised in: 未分類