お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年1月12日

489 標準的な網膜の厚さをご存知ですか?

3網膜の厚さってどのくらいのものかごぞんじですか? (管理頁
中心窩で160ミクロン、後極部平均で170ミクロンくらいだそうです。
明日、久しぶりに会う私の友人の尤之浩さんが共著者になっているこの論文は、その質問に答えています。
この連休、友遠方より来るまた楽しからずや?です。

15網膜厚分析器による健康な中国人の後極部の網膜厚の測定値

Retina, 26(2): 176-181,2006年2月

CHAN, CHI-MING MD, MSc *++; YU, JY-HAW MD, MSc +; CHEN, LI-JU MD +; HUANG, CHE-HUNG MD +; LEE, CHEN-TUNG MD +; LIN, TAI-CHIH MD +; LIU, DER-ZEN PhD ++

14要約:
目的:
健康な中国人を対象に後極での網膜厚分析器(RTA)で網膜の厚さを算定する。

方法:
眼球の後極と黄斑小窩における網膜の厚さを178人の健康な中国人を対象にして331眼でRTAによって測定した。 また、網膜の厚さに対する性、年齢、屈折値、および眼軸長の関連を評価しました。

13結果:
中心窩領域の平均した網膜の厚さは158.6+/- 24.8ミクロンでした。そして、中心窩周辺領域(小窩から600-2,500μm)での平均網膜厚は、174+/-25.2mμでした。そして、後極領域(小窩から600-6,000mμ)での平均網膜厚は171.9+/-25.3mμでした。左右眼や屈折値によっては、中心窩、傍中心窩、そして後極のそれぞれの領域での網膜厚には差はありませんでした。これらの3つの領域の網膜の厚さは、40歳以上であること、眼軸が24ミリ以下であることに伴っていました。傍中心窩と後極部では女性の網膜が厚かったです。年齢、屈折値、眼軸長は網膜厚には相関しませんでした。

12結論:
後極領域の網膜の厚さは年齢、眼軸長、および性で異なりましたが、左右や屈折の球体等値は全く関係ありませんでした。 RTAは病態に関係する網膜の厚さの変化を黄斑部や後極部で非観血的にすばやく測ることができる装置です。

以下に原文

11

POSTERIOR POLE RETINAL THICKNESS MEASUREMENTS BY THE RETINAL THICKNESS ANALYZER IN HEALTHY CHINESE SUBJECTS.

Original Articles

Retina. 26(2):176-181, February 2006.
CHAN, CHI-MING MD, MSc *++; YU, JY-HAW MD, MSc +; CHEN, LI-JU MD +; HUANG, CHE-HUNG MD +; LEE, CHEN-TUNG MD +; LIN, TAI-CHIH MD +; LIU, DER-ZEN PhD ++
Abstract:

10
Purpose: To assess retinal thickness at the posterior pole in healthy Chinese subjects with the retinal thickness analyzer (RTA).

9
Methods: Retinal thicknesses at the posterior pole and fovea were measured by the RTA in 331 eyes of 178 healthy Chinese subjects. Retinal thicknesses as a function of sex, age, refractive errors, and axial length were also evaluated.

8
Results: The average thickness of the foveal area +/- SD was 158.6 +/- 24.8 [mu]m, the average thickness of the perifoveal region (600-2,500 [mu]m from fovea) +/- SD was 174 +/- 25.2 [mu]m, and the average thickness of the posterior pole region (600-6,000 [mu]m from fovea) +/- SD was 171.9 +/- 25.3 [mu]m. There was no significant difference in retinal thicknesses of the foveal, perifoveal, and posterior pole regions in either right or left eyes or as a function of different spherical equivalents.
2
Moreover, there was no significant difference of foveal thickness between males and females. Greater retinal thicknesses of the foveal, perifoveal, and posterior pole regions were associated with age of older than 40 years and axial length of <24 mm, and greater perifoveal and posterior pole thicknesses were found for females. Furthermore, there were no significant correlations between age, refractive errors, and axial lengths with retinal thicknesses. 5
Conclusion: Retinal thicknesses of the posterior pole region differed by age, axial length, and sex, but there was no effect of laterality or different spherical equivalents. The RTA is a fast and noninvasive technology to assess retinal conditions with thickening or thinning in the fovea and posterior pole.

4
今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:
相互リンクページ

Categorised in: 未分類