お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2008年1月6日

483 清澤眼科医院通信136号(2008.1.4)

門松

483 清澤眼科医院通信136号(2008.1.4)
管理頁

best doctors
○あけましておめでとうございます。
4日金曜朝から診療を開始しました。

 oculocutaneous albinism
481 ocular albinism、眼白皮症、眼白子症を年越しに記載しました。(図は黒人の眼皮膚白子症患者の前眼部です。睫毛も虹彩も黒くないです)

1
来春の花粉、関東地方は昨年の2倍の予測。飛散傾向を気象会社が予測しています。今夏の猛暑の影響などで飛散量は少なめであった今年よりも多く、飛び始める時期は関東では2月上旬になる見通しとのこと。
清澤注:一ヶ月前つまり1月になりましたので、花粉症の予防点眼薬を開始するのがよいでしょう。パンフレットの準備を依頼しました。花粉症のブログ記事も2008年用に更新しました。
ブログ記事にリンク

花の写真は相川公一さんの花シリーズ。”話の箸休めに、豪華でなくてもよい、ひっそりと真面目に咲いている小さな花の写真を”というリクエストに応えて苦労して写してくださっているオリジナルな花の写真のシリーズです。サボテン、チューリップ、薔薇、菊、つつじその他の写真があります。

483 清澤眼科医院通信136号(2008.1.4)のヘッドライン

1、近況:
1)自前ドメインの新ホームページ運用中(リンク)。少しずつ改修中です。

2.予約電話 03-5677-3930。ネット予約に⇒リンク

3.清澤の東京医科歯科大学眼科での診療は毎水曜。。⇒リンク 

4.直近の読者数ピーク:10月15日訪問者数: 732 / ページビュー: 1205 最近やや伸び悩み。躍進への手は何か無かろうかと思案中。

5.当医への眼科相談窓口 ⇒リンクご利用ください。:問答が結構な数たまりました。まもなく200件です。

6.新砂コンタクトレンズ案内⇒リンク

7.眼瞼痙攣治療紹介⇒477 清澤眼科医院通信133B号(2007年12月25日、水曜日)

8. 当院ホームページ(患者の気持ちのポータルサイト)紹介⇒リンク

9.広報:

10.当ブログの新テーマ

136号本文はこの先です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから本文のはじまりです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●清澤眼科医院通信136号(2008年1月4日、金曜日)
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929

すべては患者さんのためにの額
南東北病院の渡邉一夫理事長に病院の標語を揮毫していただいたものです。長い眼でみて一人でも多くの患者さんに利用願える医院であり続ける事がよりよい診療所の証と考え、諸所に背伸びをしています。

1、近況;
ブログ

1)当医院独自ドメインのホームページ運用開始。(リンク)。 此処から全てのコンテンツに連結しています。 従来の患者の気持ちページ”それに眼科質問箱、更にネット用予約システムもここからリンクして運用中。
この予約システムからは2007年12月だけで16件の連絡をいただきました。

(電話図)
2、当医院は新患再来とも予約をお勧めします。
日中の電話予約が簡単です。夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします。
 問診表に記入して持参されますと、受付け時間が短縮できます。(⇒印刷用問診票リンク:

地下鉄
当医院への地図です(⇒リンク)東西線南砂町3番東口の本当に直前です。

2

3、水曜は東京医科歯科大学で診察しています。医科歯科大学では診断医業務と神経眼科特殊再来のみを行います。(下記をご覧ください):東京医科歯科大学眼科HPも9月で改訂。水曜午前の清澤眼科医院は眼科専門医で女医の堀江ちはる先生が担当です。

 (⇒リンク287東京医科歯科大学眼科での外来診療の一日(水曜日) )

10 当院は病院診療所連携を重視しています。重症例は東京医科歯科大学(休日夜間救急は医科歯科大学付属病院の救命救急外来3813-6111大代表へご連絡を:勝手に掲載してすみません。)へ、白内障手術は順天堂東京江東高齢者医療センターにお連れして対応をお願いしています。難しいハードコンタクトレンズなどは西葛西井上眼科コンタクト診療所に繋ぎます。

3医院紹介サイトQ-lifeも改訂されてます、→リンク。

2
4、当ブログ読者は一日500-700人。読者数ピークは9月10日で訪問者761。下に設置のカウンターでのページビューはまもなく総計15万に。(古い項目のページにはカウンタが付いていませんでした。途中からですし、実数はもう少し多数です。)
お問い合わせも増え、うれしい悲鳴です。恐縮ですが診療中は未受診者からの電話相談には対応できません。お困りの方も本人が受診し、セカンドオピニオンや治療をお求めください。

5、医学相談には、”患者の気持ちの”サイト内の質問箱をご利用ください。 患者の気持ちロゴ  質問欄⇒(ここでリンク)。質問箱は、多くの方々に答えを共有していただきます。適切な質問は”質問と回答”に加筆し、当ブログに随時公開し閲覧に供します。

インターネット医科大学
○”ニフティーの医学相談コーナーであるインターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科担当教授として質問に短く答えます。質問で、お題を下さるのは歓迎です。

6、コンタクトレンズ:
オアシスとアドバンス
○コンタクトレンズ希望の方は保険証を持ち、清澤眼科医院を御受診ください。ワンデーアキビューモイスト2800円、アドバンス3000円、オーツー・オプティクス2500円、など、なるべく当日中に試用レンズをお渡しし、可能なら販売まで行います。⇒最新価格表

7、 眼瞼痙攣の治療について 
コスメ
 眼を開いて居るのがつらいというだけの患者さん、瞼が痙攣する患者さん、眉間じわを気にするかたも居ます。早めにご相談ください。

◎最近もいくつかの関連記事を載せました

4○ジストニアを特定疾患に指定してもらう請願のために署名をジストニア友の会が募集中。当院での署名は現在65人請願用紙(⇒リンク)をご覧ください。

当医院の今後のボトックス投与予定:1月-2月は(年末年始を除く)毎火曜と毎土曜です。再初診とも電話でご予約ください。

ボトックス関連の詳細記事を別項にまとめました
6
477 清澤眼科医院通信133B号(2007年12月26日、水曜日) 年内にもう一度と思い整理しなおしました。

グーグル

9、従来からの当院ホームページ
は“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで眼科医院と御検索願うと2番目です。⇒リンク

6◎病名説明記事検索○検索方法 
1)直接Googleに<清澤眼科医院 xxx>と病名のxxxを入れ換えてサーチすると大概の(?)疾患が出てきます。お試しください。新たな解説希望の疾患がありましたらリクエストください。鋭意説明します。(このブログ記事のコメント欄に記入願えば、全記事のコメントを定期的にチェックしていますので筆者に伝わります。)

2)系統索引(おばあちゃんにもわかる目の病気、一般眼科編)と(⇒リンク)、おばあちゃんにもわかる眼の病気(神経眼科編)もあります。

9、関連記事:
迷ったときの医者選び
迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されています。収載の眼科医は12人です。4月に角川SSコミニュケーション社から改訂版が出るそうで、その取材インタビューが昨日ありました。

7
10、 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○2008年01月06日
484 硝子体除去後の水(液体)について
○481 ocular albinism、眼白皮症、眼白子症
○479 フックス角膜滴状ジストロフィーと角膜グッタータ 2007年12月26日
○476 杉とヒノキの花粉症 2008年(2007年12月25日)
○475 介護保険とその認定 2007年12月23日
○171 網膜剥離手術後の埋没物マイラゲルMIRAgelの脱出(2007年12月21日)
○473. 2007年清澤眼科医院10大ニュース

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

携帯SEO
今日:
昨日:
相互リンクページ

Categorised in: 未分類