お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年12月17日

472 清澤眼科医院通信131号(2007.12.17)

472 清澤眼科医院通信131号(2007.12.17)
管理頁

台付きスリットランプ
すっかり寒くなりました。12月も半ばを過ぎ本日は当医院も忘年会です。そこで今年の当医院の10大ニュースを考えてみました。

2007年清澤眼科医院10大ニュース⇒その詳細
1、 組織改変:医院を医療法人化しました。

2、 4人の新従業員を迎えて、患者受け入れ能力も向上しました。

3、 2診制開始:土曜を二診体制としました。(10月)(12月21日に上図の診察ユニットを増設します。)

4、 コンタクト取扱:新製品を含め取り扱い品目も充実しました。

レンズ自動選択
5、 医院全職員でジョンソンエンドジョンソン社が日本中へのレンズ発送を行う南砂の新東京オペレーションセンターの見学に行きました。図

6、 ボトックスをはじめとする眼瞼痙攣の治療数が増えました。

7、 日刊ゲンダイ(2回)、夕刊フジなどの取材を受け少々マスコミにも登場しました。

8、 ”患者の気持ち”のホームページと自前の医院ホームページを創設。

9、 清澤眼科医院通信:ブログ清澤眼科医院通信を充実させています。

10、 東京医科歯科大学、順天堂東京江東高齢者医療センター、西葛西井上病院への出張診療を続け、学校医も筑波大学聾学校、大島中学校のほか今年から砂町第7小学校の各校医を引き受けました。医科歯科大学臨床教授の称号を許可されました。

写真は相川公一さんの季節の花シリーズ。今年も後一月です。

虹彩つきコンタクトここ数日、先天性無虹彩症用のコンタクトレンズ探しをしていました。その顛末はーー 。⇒リンク

472 清澤眼科医院通信131号(2007.12.17)のヘッドライン

1、近況:
1)自前ドメインの新ホームページ運用中(リンク)。少しずつ改修中です。

2.予約電話 03-5677-3930。ネット予約⇒リンク

3.清澤の東京医科歯科大学眼科での診療は毎水曜。。⇒リンク 

4.直近の読者数ピーク:10月15日訪問者数: 732 / ページビュー: 1205

5.当医への眼科相談窓口 ⇒リンクご利用ください。

6.新砂コンタクトレンズ案内⇒リンク

7.眼瞼痙攣治療紹介⇒464 清澤眼科医院通信128B号(2007年12月4日、火曜日)

8. 当院ホームページ(患者の気持ちのポータルサイト)紹介⇒リンク

9.広報:

10.当ブログの新テーマ

131号本文はこの先です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから本文のはじまりです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●清澤眼科医院通信131号(2007年12月17日、月曜日)
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929

すべては患者さんのためにの額
開院時に南東北病院の渡邉一夫理事長に病院の標語を揮毫していただきました。私は、長い眼でみて一人でも多くの患者さんを呼べる医院である事が、よりよい診療所の証と考え諸所に背伸びをしています。

1、近況;
ブログ1)当医院独自ドメインのホームページ運用開始。(リンク)。 ”すべては患者様のために”の誤植をやっと”すべては患者さんのために”に修正できました。 従来の患者の気持ちページ”それに眼科質問箱、更にネット用予約システムにもここからリンクして運用中。

旧式電話
2、当医院は新患再来とも予約をお勧めします。
日中の電話予約が簡単です。夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします。
 問診表に記入して持参されますと、受付け時間が短縮できます。(⇒印刷用問診票リンク:

地下鉄
当医院への地図です(⇒リンク)東西線南砂町3番東口の直前です。

12
3、水曜は東京医科歯科大学で診察しています。が、医科歯科大学では診断医業務のみを行います。(下記をご覧ください):東京医科歯科大学眼科HPも9月で改訂。水曜午前の清澤眼科医院は眼科専門医で女医の堀江ちはる先生が担当です。

 (⇒リンク287東京医科歯科大学眼科での外来診療の一日(水曜日) )

10 当院は病院診療所連携を重視しています。重症例は東京医科歯科大学(休日夜間救急は医科歯科大学付属病院、救命救急外来3813-6111大代表へご連絡を:勝手に掲載してすみません。)へ、白内障手術は順天堂東京江東高齢者医療センターにお連れし対応をお願いしています。難しいハードコンタクトレンズなどは西葛西井上眼科コンタクト診療所に繋ぎます。

6
医院紹介サイトQ-lifeも改訂されてます、→リンク。

2
4、当ブログ読者は一日500-700人。読者数ピークは9月10日で訪問者761。下に設置のカウンターでのページビューはまもなく総計15万に。
お問い合わせも増え、うれしい悲鳴です。恐縮ですが診療中は未受診者からの電話相談には対応できません。お困りの方も本人が受診し、セカンドオピニオンや治療をお求めください。

5、医学相談には、”患者の気持ちの”サイト内の質問箱をご利用ください。 患者の気持ちロゴ  質問欄⇒(ここでリンク)。質問箱は、多くの方々に答えを共有していただきます。適切な質問は”質問と回答”に加筆し、当ブログに随時公開し閲覧に供します。

インターネット医科大学
○”ニフティーの医学相談コーナーであるインターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科担当教授として質問に短く答えます。質問で、お題を下さるのは歓迎です。

6、コンタクトレンズ:
オアシスとアドバンス
○コンタクトレンズ希望の方は保険証を持ち、清澤眼科医院を御受診ください。ワンデーアキビューモイスト2800円、O2オプティクス2500円、アドバンス3000円など、可能な限り当日試用レンズを渡すか販売まで行うかをします。⇒最新価格表

各社年末のキャンペーン実施中

もえさよ
○新砂コンタクトでオアシスかアドバンス(ジョンソン エンド ジョンソン社)新規の購入者にはアンケートを書いていただきクオカードを進呈

7、 眼瞼痙攣の治療について 
コスメ
 瞼が痙攣する患者さんから、開いて居るのがつらいというだけの患者さん、眉間しわを気にするかたも居ます。早めにご相談ください。

◎最近もいくつかの関連記事を載せました
3○ジストニアを特定疾患に指定してもらう請願のために署名をジストニア友の会が募集中。請願用紙(⇒リンク)をご覧ください。

当医院の今後のボトックス投与予定:12月-1月は(年末年始を除く)毎火曜と毎土曜です。(12月28日金曜を追加設定)再初診とも電話でご予約ください。

ボトックス関連の詳細記事を別項にまとめました
6
464 清澤眼科医院通信128B号(2007年12月4日、火曜日)

グーグル

9、従来からの当院ホームページ
は“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで眼科医院と御検索願うと2番目です。⇒リンク

◎病名説明記事検索○検索方法 
1)直接Googleに<清澤眼科医院 xxx>と病名xxxを入れ換えてサーチすると大概の(?)疾患が出てきます。お試しください。解説希望の疾患がありましたらリクエストください。鋭意説明します。(ブログ記事のコメントに記入願えば、全記事のコメントを定期的にチェックしていますので筆者に匿名で伝わります。)

2)系統索引(おばあちゃんにもわかる目の病気、一般眼科編)と(⇒リンク)、おばあちゃんにもわかる眼の病気(神経眼科編)もあります。

9、関連記事:
迷ったときの医者選び
迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されています。収載の眼科医は12人です。近々改訂版が出るそうです。

best doctors
院長清澤源弘は、The Best Doctors in Japan™ 2008-2009に加えてもらえました。
 Best Doctor選出の仕組み :ベストドクターズ社の名医選出方法:多数の医師に「もし、あなたやあなたのご家族が、あなたの専門分野の病気にかかった場合、どの医師に治療をお願いしますか?」とアンケートし、その中で治療能力、研究成果、最新医療情報への精通度などを考慮した上で、ある一定以上の評価を得た医師(それぞれの国での医師全体の上位1~5%程度)をBestDoctors®と認定します。

7○12月7日、夕刊フジの記者さんが流行性角結膜炎についての取材に来てくれて、15日の記事になりました。
○468 
流行性角結膜炎 (続報) 2007年12月09日

8
10、 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○471 Pierre Robin(ピエール・ロバン)症候群とsticklerスティックラー症候群の眼症状 2007年12月16日
○470 原田病での白内障手術の時期は?2007年12月14日
○469 医療用虹彩付コンタクトレンズ(先天性無虹彩症用)販売中止の件 2007年12月11日○468 流行性角結膜炎 (続報)2007年12月09日
○467 鎌状網膜剥離2007年12月08日
○465第4回眼瞼・顔面けいれん友の会例会 質疑応答集(抜粋要約版)2007年12月05日

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。
管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類