お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年12月8日

466 清澤眼科医院通信129号(2007.12.08)

466 清澤眼科医院通信129号(2007.12.08)のヘッドライン
管理頁

拍子木すっかり寒くなりました。12月になり、ここ4年の年中行事、年末まで毎晩友人の藤井さんと行う自宅周辺の夜回りが始まりました。今年の夜回りには今のところ変わったことは起きていません。

馬橋の神輿
今夜は、神輿の話になりました。相方の藤井さんは阿佐ヶ谷の神輿グループに属しているそうです。地域だけでは担げないので他所からも応援を求めますが、采配は地域のとび職の頭がするそうです。勝手な人を排除するため、配給される法被以外では神輿には触らせてももらえないのだとか。
前中央2本が花形ですが、後ろのへたった神輿は良くなくて、後方の背がシャント伸び前傾した神輿が粋だとか。氏神の馬橋稲荷の神輿は秋山三五郎の作。大正11年に上野で東京平和博覧会が行われ、出品されていた見事な神輿を購入したと馬橋稲荷神社のページには書いてあります。

揃いの黄色いのアノラックを着て拍子木を打ちながら、夜道ですれ違うすべての人にこんばんわと声をかけます。写真は相川公一さんの季節の花シリーズ。今年も後一月です。

sakaratte
逆ろうて候 岩井三四二著 信長に攻め落とされた美濃の国人、日根野弘就。
独立心に富む武将が、戦国の世に大名として生き残って一家を立てるが、やがて徳川の世になり自死に追い込まれるという物語。知られていないこんな武人も居たのだという感慨を感じました。本屋で見つけて購入。講談社文庫 781円 

1、近況:
1)新ホームページ運用中(リンク)。少しずつ改修中。

2.予約電話 03-5677-3930。ネット予約⇒リンク

3.清澤の東京医科歯科大学眼科の診療日は水曜。。⇒リンク 

4.直近の読者数ピーク:10月15日訪問者数: 732 / ページビュー: 1205

5.当医への眼科相談窓口 ⇒リンクご利用ください。

6.新砂コンタクトレンズ案内⇒リンク

7.眼瞼痙攣治療紹介⇒464 清澤眼科医院通信128B号(2007年12月4日、火曜日)

8. 当院ホームページ紹介⇒リンク

9.広報:

10.当ブログの新テーマ

129号本文はこの先です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから本文のはじまりです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●清澤眼科医院通信128号(2007年12月03日、月曜日)
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929

すべては患者さんのためにの額
尊敬する南東北病院の渡邉一夫理事長に病院の標語を揮毫してただきました。私は、長いスパンでみて一人でも多くの患者さんを呼べる医院である事が、よりよい診療所の証と考えて諸所に背伸びしています。

1、近況;
ブログ1)当医院独自ドメインのホームページ運用開始。(リンク)。 ”すべては患者様のために”の誤植をやっと”すべては患者さんのために”に修正できました。 従来の患者の気持ちページ”それに眼科質問箱、更にネット用予約システムにもここからリンクして運用中。

5
○神経眼科学会理事長で井上眼科病院院長の若倉雅登先生(研修医時代の私の指導医でもあります)が、講談社「週刊現代」で作家の渡辺淳一さんと対談しています。3日と10日発売のものに掲載との事。”こうい有名人との対談など滅多にないので、お知らせします。話は目の話ですが、みつけたらご笑覧ください。”とのメールをいただきました。早速購入して読みましたが、近視やレーシックの適用にも広がるお話の流れも至極真っ当な内容で、話に出てくる数字も実に具体的です。お得意の眼瞼痙攣にも言及されています。来週号も楽しみです。

旧式電話
2、当医院は新患再来とも予約をお勧めします。
日中の電話予約が簡単です。夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします。
 問診表に記入して持参されますと、受付け時間が短縮できます。(⇒印刷用問診票リンク:

地下鉄
当医院への地図です(⇒リンク)

12
3、水曜は東京医科歯科大学で診察しています。
医科歯科大学では診断医の業務のみを行います。(下記をご覧ください):東京医科歯科大学眼科HPも9月で改訂。水曜午前の清澤眼科医院は眼科専門医で女医の堀江ちはる先生が担当です。医院に堀江先生の専門医プレートも掲示しました。

 (⇒リンク287東京医科歯科大学眼科での外来診療の一日(水曜日) )

10 当院は病院診療所連携を重視しています。重症例は東京医科歯科大学(休日夜間救急は医科歯科大学付属病院、救命救急外来3813-6111大代表へご連絡を:勝手に掲載してすみません。)へ、白内障手術は順天堂東京江東高齢者医療センターにお連れし対応をお願いしています。難しいハードコンタクトレンズなどは西葛西井上眼科コンタクト診療所に繋ぎます。

6
医院紹介サイトQ-lifeが改訂されてます、→リンク。

2
4、当ブログ読者は一日500-700人。読者数ピークは9月10日で訪問者761。下に設置のカウンターでのページビューはまもなく総計14万に。
お問い合わせも増えうれしい悲鳴です。恐縮ですが診療中は未受診者からの電話相談には対応できません。お困りの方も本人が受診し、セカンドオピニオンや治療をお求めください。

5、医学相談には、”患者の気持ちの”サイト内の質問箱をご利用ください。 患者の気持ちロゴ  質問欄⇒(ここでリンク)。質問箱は、多くの方々に答えを共有していただきます。適切な質問は”質問と回答”に加筆し、当ブログに随時公開し閲覧に供します。

インターネット医科大学
○”インターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科担当教授として質問に短く答えます。質問で、お題を下さるのは歓迎です。

6、コンタクトレンズ:
オアシスとアドバンス
○コンタクト希望の方は保険証を持ち清澤眼科医院を御受診ください。O2オプティクス2500円など、可能な限り当日試用レンズを渡すか販売までします。⇒最新価格表

○いろんな意味で話題を集めているカラーコンタクトレンズですが、希望者も少なくないのでこの度チバビジョンの一日ものカラーのトライアルレンズ(フレッシュルックデーリーズ)を設置しました。似た製品には従来から扱っているJ&Jのワンデーアキビューデファイン(黒と茶)も有ります。ご希望の方はご相談ください。

各社年末のキャンペーン
オーツー快適体験キャンペーン:オーツーオプティクスをはじめて使う患者さんにエントリーカードをお渡しし、アンケート後エーオーセプトクリアケアなどを進呈中。

もえさよ
ワンデーアキビューデファイン2箱を買うとキレイの秘密BOXプレゼントのエントリーカード進呈。もえちゃんボックスか紗世ちゃんボックスの抽選に応募願えます。

○新砂コンタクトでオアシスかアドバンス(ジョンソン エンド ジョンソン社)新規の購入者にはアンケートを書いていただきクオカードを進呈中

7、 眼瞼痙攣の治療について 
コスメ
 瞼が痙攣する患者さんから、開いて居るのがつらいというだけの患者さん、眉間しわを気にするかたも居ます。早めにご相談ください。

◎いくつかの関連記事を載せました

○2007年11月27日、457 眼瞼痙攣・メイジュとともに生きる 12の戦略⇒リンク

3○ジストニアを特定疾患に指定してもらう請願のために署名をジストニア友の会が募集中。請願用紙(⇒リンク)をご覧ください。請願のが受入れられると、ボトックス治療が受けやすくなるはずです。医院にも署名用紙を用意して清澤始め職員も署名し、すでに50余名の署名をいただきました。第一陣は本部に郵送しました。

当医院の今後のボトックス投与予定:12月-1月は(年末年始を除く)毎火曜と毎土曜です。再初診とも電話でご予約ください。

ボトックス関連の詳細記事を別項にまとめました
6
464 清澤眼科医院通信128B号(2007年12月4日、火曜日)

グーグル

9、従来からの当院ホームページ
は“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで眼科医院と御検索願うと2番目です。⇒リンク

◎病名説明記事検索○検索方法 
1)いきなりGoogleに<清澤眼科医院 xxx>と病名xxxを入れ換えてサーチすると大概の疾患が出てきます。お試しください。解説希望の疾患がありましたらリクエストください。鋭意説明します。(ブログ記事のコメントに記入願えば、全記事のコメントを定期的にチェックしていますので筆者に匿名で伝わります。)

2)系統索引(おばあちゃんにもわかる目の病気、一般眼科編)と(⇒リンク)、おばあちゃんにもわかる眼の病気(神経眼科編)もあります。

9、関連記事:
迷ったときの医者選び
迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されています。収載の眼科医は12人です。

7○12月7日、夕刊フジの記者さんが流行性角結膜炎についての取材に来てくださいました。(聞かれて知らない事はすぐに調べるのが私の得意技。)当院11月の流行性角結膜炎またはその疑い患者も少なくはなく計12名。うち小児が4名で成人は8名とやはり成人が多めでした。クロマトグラフィー法(アデノチェック)でウイルス抗原を調べても余り陽性には出てはいません。
気道や消化管などでの感染ではなく、結膜にはアデノウイルスの特定の型(特にD群8,19,37型)に対応するレセプターが有り、そこにウイルスは感染する(つまり始めは眼表面への局所感染である)という記載があります。
1980年ごろと違い最近は夏に多いという季節性が無くなっていますが、その原因は不明。あくまで手指を介した接触感染という事です。接触とすれば、プールかつり革でしょうか?街での流行が報じられたら、帰宅後には確実な手洗いの励行をお勧めします。
また、この疾患を診断されたらタオルを分けるとか入浴は家族の最後にするなど家族や職場の同僚への感染予防が重要な事ははもちろんです。学校は感染の恐れがなくなるまで法で登校停止となりますが、どうかその間は買い物など人ごみへの外出もお控えください。
○17 流行性角結膜炎(はやり眼、はやり目) (清澤眼科医院通信通算4、2005年09月29日)⇒リンク
○468 流行性角結膜炎 (続報) 2007年12月09日
感染症の話(国立感染症研究所)、流行性角結膜炎:⇒リンク

8
10、 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○468 流行性角結膜炎 (続報)2007年12月09日
○467 鎌状網膜剥離2007年12月08日
○465第4回眼瞼・顔面けいれん友の会例会 質疑応答集(抜粋要約版)2007年12月05日 ○462特発性肥厚性硬膜炎の眼症状idiopathic hypertrophic pachimeningitis
○460 白質ジストロフィーの眼症状とは
○457 眼瞼痙攣・メイジュとともに生きる 12の戦略
○456 脳血管の血栓・塞栓性の現象に対する眼科診断 (翻訳原案)
○455 脳硬膜海綿静脈洞瘻と外傷性内頚動脈海綿静脈洞瘻の眼科診断 (翻訳原案)
○454 解離性動脈瘤の眼科診断 (翻訳原案) 
○453 脳血管疾患の眼科での診断(翻訳原案)
○452 脳の静脈と脳硬膜静脈洞の血栓症の眼科診断(翻訳原案)
○451 脳動脈瘤の眼科における診断 (翻訳原案)
○451 緑内障点眼薬の副作用について
○450 眼瞼下垂に気をつけろ!(コンタクトレンズで)
○449 薬剤性眼瞼痙攣
○448 炭素11標識フルマゼニルPETの視覚領での測定は半盲の予後判定に有用である

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。
管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

過去90日間で、blog.livedoor.jp/kiyosawagankaにリンクしたブログの数
テクノラティ グラフ

携帯SEO
今日:
昨日:
相互リンクページ

Categorised in: 未分類