お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年11月27日

454 解離性動脈瘤の眼科診断 (翻訳原案)

解離性動脈瘤は頚動脈や椎骨動脈が内膜側と外膜側に解離して内腔が閉塞して急激な循環障害を起こす疾患です。内頚動脈に起きればホルネル症候群等も起こします。この疾患も眼科が主体になって治療するわけではありませんが、早急に脳外科医に正しい診断を想定して患者を渡す必要がある疾患です。これも米国眼科学会の疾患取り扱いマニュアルの翻訳案です。

ーーー引用開始ーーー

解離性動脈瘤

I. 解離性動脈瘤ノ診断を確立するアプローチを説明します

A. 解離性動脈瘤の病因について説明します
1. 外傷(首の回転、頚のひねりなど) それは僅かな外傷でしかないかもしれない
2. 弾性組織病 (Ehlers Danlos 症候群, Marfan 症候群など)、線維筋異形成症、遺伝子的疾病素質

B. 解離性動脈瘤の疫学に関連した側面を定義します
1. 若者の脳梗塞の最も一般的な原因の1つです

C. 解離性動脈瘤の病歴に有りうる記載を列挙します
1. 「外傷? 痛み? 卒中」の系列は非常に解離性動脈瘤を思わせます
2. 痛みの強いホルネル症候群は頚動脈の解離で特徴的です
3. 味覚の変化
4. 顔または首の痛み

D. 解離性動脈瘤ノ診断を確立するために適切な検査について説明します
1. 頚動脈と椎骨動脈の超音波
2. 磁気共鳴映像法(MRI)/ないし磁気の共鳴血管造影(MRA)で十分です
3. 従来の血管造影は通常は必要ではない

II. 解離性動脈瘤の危険因子を定義します
A. 外傷
B. 弾性組織病
C. 偏頭痛との合併

III. 鑑別診断を記載します

A. あらゆる卒中の原因になる疾患
B. 急性で痛みのあるホルネル症候群: そうでないと立証されるまでは解離性動脈瘤を考える
C. 群発頭痛などの偏頭痛症候群

IV. 治療と経過観察における患者の取り扱いをのべます

A. 薬物療法の選択肢について説明します。
1.急性で大脳半球の症状があるなら入院させます。単発で痛みのあるホルネル症候群であって、発症から1カ月未満と急性であるか、または狭搾したり塞がったりした内頚動脈の末梢が虚血になっているならば入院をさせます
 2. 頭蓋外で起きた30日以内の血管の解離では抗凝固か抗血小板療法が施されます

B. 外科的な療法の選択肢について説明します。
1. 通常、手術は必要ではありません。 解離した動脈には時に、血流力学的に狹窄した血管の形成手術ないしステントが行われます

V. 薬物療法の合併症、その防止と対策を記載します
A. 抗凝血剤と抗血小板の使用では出血します

VI. 病気に関連した合併症について説明します
A. 脳梗塞
B. 網膜や視神経または動脈の虚血
C. ホルネル症候群
D. 偽動脈瘤の形成
E. 慢性の内頚動脈や椎骨動脈の閉塞
F. 動脈解離の場所が頭蓋内であれば予後は悪い

VII. 適切な患者への指示について説明します
A. 頚をいじるのはやめなさい
B. 反復する痛みや神経学症状が現れるなら、専門家に相談します

追加の情報源
1. AAO, Optic Nerve Disorders, 1996, p.91, 119-128.
2. AAO, Basic and Clinical Science Course. Section 5: Neuro-ophthalmology, 2004-2005.
3. Biousse V, Touboul PJ, D’ Anglejan-Chatillon J, Levy C, Schaison M, Bousser MG. Neuro-ophthalmological manifestations of internal carotid artery dissections: a series of 146 patients. Am J Ophthalmol. 1998;126:565-577.

ーーー引用終了ーーー
引用終了

日本眼科学会では米国眼科学会から版権を取得して、米国における各眼科関連疾患の取り扱いの基準を日本語に翻訳する作業を進めています。そのうち神経眼科に関連する部分の翻訳の一部は日本神経眼科学会を通じて依頼を受け、清澤が担当して進めました。その翻訳原案の一部をこのブログに記載します。ここでは単語を補ってなるべく分かりやすく記載するように勤めますし、原稿が更に加筆されますので今後印刷されるものとは詳細が異なります。
その第4項目がこの”解離性動脈瘤の眼科診断”です。

何かと参考になれば幸いです。翻訳上の難点などお気づきの点がありましたらコメント欄にお教えください。

9
今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。
管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類