お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年11月20日

441 清澤眼科医院通信124号

441 清澤眼科医院通信124号(2007.11.15)のヘッドライン(管理頁

2すっかり秋です。写真は相川公一さんのバラシリーズ

ターシャ
NHK ターシャからの贈りもの 魔法の時間のつくり方 :多くの苦労を乗り越え、”今が一番幸せ”と言う人形造り、庭造りと至極健全で多才な絵本作家ターシャ・テューダー(91歳)の最近の日々を美しく写しています。魔法の時間とは‥
昨年冬に放映された番組のDVD版で、本屋で偶然に見かけて購入。孫や曾孫に囲まれたターシャの田舎家コーギー・コテージでの手作りクリスマス準備が見ていて心地よいです。
医院の忘年会予約も出来たし、気分はハロウィーンから一気にクリスマスへ。今年のクリスマスにはこのターシャ・テューダー関連グッズが流行りそうな予感。

1、近況:
1)新ホームページ完成(リンク)。

2.予約電話 03-5677-3930。ネット予約⇒リンク

3.清澤の東京医科歯科大学眼科の診療日は水曜。。⇒リンク 

4.直近の読者数ピーク:10月15日訪問者数: 732 / ページビュー: 1205

5.当医の眼科相談窓口 ⇒リンクご利用ください。

6.新砂コンタクトレンズ案内⇒リンク

7.眼瞼痙攣治療紹介⇒124B号(2007年11月16日、金曜日)

8. 当院ホームページ紹介⇒リンク

9.広報:祝掲載:清水恵、堀江長春、鈴木幸久、清澤源弘、石井賢二、望月学、後頭葉梗塞により相貌失認と中枢性色覚異常を呈した一例、臨床眼科、61:1017-1020、2007。

10.当ブログの新テーマ

124号本文はこの先です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここから本文のはじまりです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●清澤眼科医院通信124号(2007年11月15日、木曜日)
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929

すべては患者さんのためにの額
この標語は南東北病院の標語を渡邉一夫理事長に揮毫してただいた物です。別の偉い先生に伺うところでは、スイスの著名な教育者ペスタロッチの墓碑銘に”すべてを他人のためにし、己には何物も”という一節があり、その改変ではないか?とのこと。国内他所にもこの語を掲げる医療施設があります。

1、近況;
ブログ
1)当医院独自ドメインのホームページ運用中。(リンク)。 従来の患者の気持ちページ”それに眼科質問箱、更にネット用予約システムにもここからリンクして運用。

旧式電話
2、当医院は新患再来とも予約をお勧めします。
日中の電話予約が簡単です。夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします。
 問診表に記入して持参されますと、受付け時間が短縮できます。(⇒印刷用問診票リンク:

地下鉄
当医院への地図です(⇒リンク)南砂町駅は利用者も増え、さらにエレベータ設置で狭くなった今のホームは、いかにも危険です。先月はホームから人が転落し負傷する場面にも遭遇しました。噂では、ホーム拡幅工事が予定中で、工事の資材置き場手配の交渉が始まった模様です。これも噂ですが、高齢者医療センター前の建物にはイオン系列の食品スーパーが入り7月に開店するという、これも噂です。

4
3、水曜は東京医科歯科大学で診察しています。医科歯科大学では継続的主治医としての診療はせず診断医業務のみを行います。(下記をご覧ください):医科歯科大学眼科HPも9月で改訂。水曜午前の清澤眼科医院は眼科専門医で女医の堀江ちはる先生担当です。

 (⇒リンク287東京医科歯科大学眼科での外来診療の一日(水曜日) )

当院は病院診療所連携を重視しています。重症例は東京医科歯科大学(休日夜間救急は医科歯科大救命救急外来3813-6111大代表へご連絡を:勝手に掲載してすみません。)へ、白内障手術は順天堂東京江東高齢者医療センターにお連れし対応をお願いしています。難しいハードコンタクトレンズなどは西葛西井上眼科コンタクト診療所に繋ぎます。

2医院紹介サイトQ-lifeの構成が改訂されてます、サイト訪問時にはコメントもお残しください。→リンク。

 

34、当ブログ読者は一日500-700人。読者数ピークは9月10日で訪問者761。下に設置のカウンターでのページビューはすでに総計12万を突破。

お問い合わせも増えうれしい悲鳴です。恐縮ですが診療中は未受診者からの電話相談には対応できません。本人が受診し、セカンドオピニオンや治療をお求めください。

5、医学相談には、”患者の気持ちの”サイト内の質問箱をご利用ください。 患者の気持ちロゴ  質問欄⇒(ここでリンク)。質問箱は、多くの方々に答えを共有していただきます。”質問と回答”に加筆し、当ブログにも公開閲覧します。

インターネット医科大学
○”インターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科担当教授として質問に短く答えます。質問で、お題を下さるのは歓迎です。

6、コンタクトレンズ:
オアシスとアドバンス
○コンタクト希望の方は保険証を持ち清澤眼科医院を御受診ください。O2オプティクス2500円など、可能な限り当日試用レンズを渡すか販売までします。⇒最新価格表

○最近、ハードコンタクトレンズを何年も使って来た患者さんに起きる眼瞼下垂が話題になっています。私も臨床眼科学会のインストラクションで取り上げ、当ブログでも紹介しましたが(2007年10月14日422 ハードコンタクトレンズ装用者の眼瞼下垂 (不明愁訴5、症例3) )、10月16日日本経済新聞夕刊の記事にも同様の事例が報道されています。しばらく前の読売オンラインにも記事があります。一昨日、某日刊新聞の記者さんが取材に来てくださいました。記事が出ましたらご披露します。

オーツー快適体験キャンペーン:オーツーオプティクスをはじめて使う患者さんにエントリーカードをお渡しし、アンケート後エーオーセプトクリアケアなどを進呈中。?

もえさよ
ワンデーアキビューデファイン2箱買うとキレイの秘密BOXプレゼントのエントリーカード進呈。もえちゃんボックスか紗世ちゃんボックスの抽選に応募願えます。??

7、 眼瞼痙攣の治療について 
コスメ
 瞼が痙攣する患者さんから、開いて居るのがつらいというだけの患者さん、眉間しわを気にするかたも居ます。早めにご相談ください。

4ジストニアを特定疾患に指定してもらう請願のために署名をNPO法人ジストニア友の会が募集中です。(この会は、聖マリアンナ医科大に事務局があります。)引用掲載しますので、請願用紙(⇒リンク)をご覧ください。請願の内容が受入れられると、この疾患に対する皆さんのボトックス治療が受けやすくなるはずです。医院にも署名用紙を用意しますので医院窓口でもご協力願えます。

当医院の今後のボトックス投与予定:11月-12月は毎火曜と毎土曜です。再初診とも電話でご予約ください。

24
ボトックス関連の詳細記事を別項にまとめました。 .眼瞼痙攣治療紹介⇒124B号(2007年11月16日、金曜日)

記事299は 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣の清澤眼科医院における最新の治療説明(⇒リンク)です。”眼瞼痙攣と片側顔面痙攣は単なる神経性痙攣ではなく、眼の疾患も主要な原因です。その治療は眼科医で行う”というのが私の考えです。
この内容を短縮して日本の眼科に”眼科医の手引き 眼瞼痙攣の治療”を寄稿しました。別刷りを医院受付で配布中。遠方の希望者ははがきで御請求ください。

グーグル

9、従来からの当院ホームページ
は“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで眼科医院と御検索願うと2番目です。⇒リンク

5
◎病名説明記事検索○検索方法 
1)いきなりGoogleに<清澤眼科医院 xxx>と適当な病名を入れてサーチすると大概の疾患が出てきます。お試しください。解説希望の疾患がありましたら医院にファックスででもリクエストください。鋭意説明します。

2)系統索引(おばあちゃんにもわかる目の病気、一般眼科編)と(⇒リンク)、おばあちゃんにもわかる眼の病気(神経眼科編)もあります。

9、関連記事:
迷ったときの医者選び
迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されています。収載の眼科医は12人です。

6○祝掲載:清水恵、堀江長春、鈴木幸久、清澤源弘、石井賢二、望月学、後頭葉梗塞により相貌失認と中枢性色覚異常を呈した一例、臨床眼科、61:1017-1020、2007。(6月号に掲載されていました。当ブログ内のこの話題のページ⇒リンク

26
10、 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○440 眼瞼痙攣研究財団、第25回国際年次総会と学術シンポジウム概要
○439 清澤眼科医院通信123号(2007.11.10)
○438 家族性滲出性硝子体網膜症は何%が失明するか?
○437 第2回 眼瞼・顔面けいれん友の会~患者交流会~(告知)
○436 アトピー性皮膚炎の眼合併症 (健康教室683より)
○434 大脳障害による眼球運動異常
○435 側頭葉・頭頂葉・後頭葉障害
○431 瞳孔を散大させる薬剤や疾患とは?

9
今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。
管理頁
清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

携帯SEO
今日:
昨日:
相互リンクページ

Categorised in: 未分類