お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年6月24日

371 心気症と身体醜形障害の眼における表現

ゆり12
心気症と身体醜形障害の眼における表現とは

(この文章の骨子は367 眼と身体表現性障害のなかの4と5心気症と身体醜形障害の眼における表現の部分です。心気症の説明が短いので一項目にします。今後気がつくことがあれば記載を追加してゆきます。)

ゆり10
4、心気症 hypochodriasisとは

■ 身体症状または身体機能に対する誤った解釈に基づき、重病にかかっているのではないかという恐怖や考えにとらわれてしまう障害です。

内科や外科を受診し適切な医学的評価や説明を受けても、現代医学でもわからない奇病にかかっているなどといった考えが持続します。

心気症は20~30歳で起こることが最も多く、男性にも女性にも同程度にみられます。
数ヵ月から数年間の病相期と同じくらいの長さの寛解期が交互に現れます。
規則的な身体的診察が日常生活の障害を防ぐために有用とのことです。

ゆり95、身体醜形障害 body dysmorphic disorderとは、

■ 実際には欠陥はまったくないか、あったとしてもごくわずかであるにもかかわらず、自分の外見に欠陥があると過度に思い込み、深く悩んだり、機能障害が生じたりする障害です。

鼻などの顔の一部に関心が向けられていることが多いです。

青年期に発症することが多く、発症率に男女差はないといわれています。

身体醜形障害の人は自意識が強いため、仕事に出かけたり社会活動に参加することを含めて、人前に出るのを避けようとする傾向があります。

夜間にしか外出しなくなったり、まったく外に出なくなる人もいます。
その結果、社会的に孤立した状態に陥る場合もあります。

身体醜形障害から生じる苦痛や心身の機能不全のために、入退院を繰り返したり、自殺を図ることがあります。

身体醜形障害の人は自分の症状について話したがらないため、何年間も障害が見過ごされることがあります。

正常な人にも外見に関する悩みはごく普通にみられるが、身体醜形障害の場合は悩みに非常に多くの時間を費やし、激しい苦悩や機能障害が生じている点が異なります。

ゆり11

今日の講演では、石郷岡先生は患者さんの性格に関連して対人関係に難しい問題が生じた場面で、その患者さんが自己の容貌にその原因があると感じてしまうことに関連した現象であると説明していたようです。

効果的な治療に関する情報はあまりないです。セロトニン動作性薬物が有効な場合があり、強迫性障害との共通性が指摘されています。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類