お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年6月8日

358 眼瞼けいれんに関する質問と答え;第4回友の会用質問の答、清澤暫定版

眼瞼けいれんに関する質問とお答え;第4回友の会用質問の答 (管理頁
第4回眼瞼痙攣・眼面痙攣友の会の総会は11日に開催され140人にも及ぶ会場に満席の参加者を集めました。第一部はまず若倉先生のビデオレターでの眼瞼痙攣の説明。その後が私(清澤)の最近行っている眼瞼痙攣治療法の概要説明と最近の世界の治療法の動向の報告。井上眼科病院の荒川看護士長さんからは、患者さんを思う心温まる発表がなされました。第2部ははがきで寄せられた質問20題への私(清澤)と藤江先生からのお答えをいたしました。私の答えは次項(→リンク)にまとめてあります。

Q1:眼瞼けいれん・顔面けいれんの治療法・手術法で今現在の最新情報を教えて下さい。

ayame1A1;清澤眼科医院通信にある”清澤眼科医院での眼瞼痙攣の最新の治療法”をご参照ください。ブログ清澤眼科医院通信(→リンク)に入っていただき、右のリストの299番をクリックすると読めます。(→リンク)

ayame2

Q2;ボトックス注射の副作用とその対策法を教えて下さい。ボトックス注射以外で他に治療法はありますか?

A2:わずかな皮下出血(症例ベースで20%)、一時的な眼瞼下垂とまれに複視(私は最近2年ではほとんど見てないが2%程度か)。私は、ボトックス以外の眼瞼痙攣の有力な治療法は無いと思っていますが、代わりになるのではなくて先にあるいは併用で試せる方法はあります。(Q1の答え参照。)
Botoxより治療として軽くて安全で確実なものは無いともいえると思っています。”大金を払って受けたが効かなかった”という患者さん以外では、”なぜこんなに安全で有効な治療手段があるのにそれを避けようとするのかが私には理解できません。”という私の見解をお伝えしましょう。
”その効かなかったという患者さんには、打つ場所と量を十分に熟知した熟練した医師の治療を受けたのですか?”とお聞きします。それでもうまくいかぬ場合もありますが、”私はボトックスを人より上手に打てる自信がある”と言う以外の(おそらく講習は受けて登録されていても、月最低10人以上の治療をしていない)医師は避けたほうが無難です。詳細な合併症の報告は→リンク記事191 https://www.kiyosawa.or.jp/archives/50653110.html をご覧ください。

ayame3Q3:眼瞼けいれんとは、どのような病気ですか?いつか完治できるのでしょうか?

A3:風が当たると反射的に誰でも眼を閉じますが、このような瞼の反射が亢進する疾患です。筋の反射に対するGABAを介した抑制機構が不足する病態です。症状が自然に消えることはありますが、まじめに何かをすれば治せるという確実な方法はないと思います。残念ですが、今は、まだそれをどうしのぐか(軽く保つか)というレベルでの対応しかないでしょう。

ayame4Q4ボトックス注射の期間が短くなるようですが、補助する方法はあるのですか?

A4;清澤の治療法A1を参照してください。私はボトックスを打つ累積回数が増えても、間隔は変わって居ないと感じていますが。

ayame5Q5:眼瞼けいれんで以前麻痺も同時に起っていると聞きましたが、何処の部分に起っているのですか?

A5:片側顔面痙攣では、顔面神経に血管が触っている典型例のほかに、ベル麻痺などの顔面神経の麻痺後2年位してからに起きる過剰再生型の亜型があるということでしょうか?
(注意)この質問は会場での問答から”ボトックス療法とは過剰な筋の収縮をボトックスで止め、眼輪筋に麻痺を作ることで成立している治療法である”ということが聞きたい質問であったとわかりました。

ayame6
Q6;光が眩しいというのは眼瞼けいれんと、どういう関係があるのですか?

A6:確かにまぶしさや痛みなどの不快感を訴える患者さんが居ますが、痙攣だけの例と、まぶしさを訴える過敏な症例の間の差異の発生する原因の関係は不明です。しいて説明しようとすれば、この眼瞼痙攣は(単なる運動の異常ではなくて)感覚の変容が原因かも知れないという考え方があります。何らかの原因で光過敏が起きているのでしょうが。PETで調べると脳の反応も変化しているのがわかります。(→リンクhttps://www.kiyosawa.or.jp/archives/50647106.html)角膜表面の感覚を麻酔の点眼で抑えれば、一時的にはこのまぶしさもとめることができます。しかし、この方法を日的に常用させることは困難です。

ayame7Q7:4回ほどボトックス注射を受けましたが、初回は効果がありましたが以降ぱっとしません。段々注射が効かなくなることもあるのですか?

A7:以前にもこの質問は戴いたことがあるように思います。最初の効いたという感動がなくなっただけではないでしょうか?なれて効かなくなるという説明もありませんし、体内でBOTOXに対する抗体ができて効かなくなるという説も最近の製剤では否定された報告がでています。

ayame8
Q8:ボトックス注射の痛みと効き目の関係はあるのですか

A8:注射液の水としての量が多いと痛いかもしれないし、濃度が高いと痛いかも知れず、もしそうであれば痛かったときに効いたと感ずることがあるかもしれませんが、私は基本的には注射の痛みと痙攣を止める効果の間には相関はないとおもって居ます。

ayame9Q10:ボトックス注射の積算総量制限について、量・回数・期間を教えてください

A10:積算総量に制限はありません。3月たてば自然に消失するからです。回数や期間にも法的、医学的制限はありません。しかし、健康保険での使用は最低2月に一度、普通は2月くらい空け3月めよりも長い間がないと、保険請求が否認されて医療機関の負担になる恐れがあるでしょう。だから現在は効きが悪い場合の追加では(本人が初回に放棄した残余分と考えて、他人の残存量を融通させてもらい、)新たな保険請求や本人への請求は(薬剤費でも手技料でも)しないようにしています。
50単位製剤がでた場合、明らかに50単位で足りない場合は、100単位一瓶を請求せざるを得ない場合もありそうです。たとえば、片側顔面痙攣の私の注射の標準量は眼の周り5単位x6+口の周り3単位x4=42単位なので、すでに一杯一杯です。両側の痙攣では、5単位×12部位はすでに60単位で50単位のボトルでは足りません。50単位の制限を受けて、ぎりぎり伸ばして各点の注射量を減ずると、ボトックスの効果は不十分になるかもしれません。

ayame10
Q11:時々痙攣が止まることがあります、何故なんでしょうか?原因を教えてください。

A11:ドライアイが改善して角膜への刺激状況が変化したり、反射をコントロールする抑制系が改善したり、センソリートリックが働いたりしたものかと思いますが、妥当な答えはありません。

ayame11Q12:眼瞼けいれん・メイジュ症候群・ジストニアの関連、区別、症状、原因は?

A12:頭頸部ジストニアの一部に眼瞼痙攣もメイジュも含まれるものです。メイジュは両側の眼瞼痙攣に口の不随意運動が加わったものですが、一部の医師は両側の眼瞼痙攣をメイジュと呼ぶようです。おそらく眼瞼けいれんとメイジュ症候群の違いは脳内のジストニアを引き起こす病巣の広がりだけの違いかと思います。片側の眼瞼痙攣がメイジュに変わることもあるかもしれないです。
メイジュ⇒リンク。https://www.kiyosawa.or.jp/archives/50724714.html
眼瞼痙攣⇒リンクhttps://www.kiyosawa.or.jp/archives/50085228.html

ayame12
Q13:顔面けいれんで口元が歪んで飲み物をこぼしたり、笑顔が不自然になったりします。何かいい方法はありますか?

A13:むしろこれは顔面神経麻痺の症状ではないかと思います。ベル麻痺などの顔面神経麻痺は陳旧化すると、異常な神経の再生を伴って片側顔面痙攣様になることがあります。あるいは、口の周りに置いたボトックスが強すぎて顔面神経麻痺になったのでしょうか?口周りの一点での注射量(2単位)は一般に、目の周りの一点の4-5単位の半量でよいです。

ayame13Q14:眼瞼けいれん、顔面けいれんは昔からあった病気なのですか?昔の人はどうしていたのでしょうか?今現在どれ位の患者数いるのですか?

A14:昔からあったです。アーテン位の投与ででお茶を濁されたり、最大限の顔面神経の切除で対応されて来ました。アーテンはそれほど効かず、顔面神経切除は血だらけになって受けても効果はそれなりでしかありませんでした。ですからボトックスの発明は患者さんにとって、治療のブレイクスルーだったはずです。今、ボトックスが効かないというなら、術者が未熟で投与の一点量が圧倒的に少ないか、痙攣が強すぎて通常の対策では足りないか?などのケースを私は想像します。
藤江先生からは、患者数について、この薬使用許可が出たころで8000、現在20000人程度と追加討論がありました。
注意:日本の人口?x10万人あたりの有病率?/10万=潜在患者??ですが、まだ自分でそれと気がついてない潜在患者は相当数居るように思われます。

ayame14Q15:7年前から注射を受けていますが、瞼が象皮のようにしわだらけになり気にしています。注射とは関係ないのでしょうか?

A15:これは瞼の皮膚を異常に収縮させた結果おきた眼瞼の皮膚弛緩症でしょう。原因はボトックスではなく、持続的な異常痙攣が瞼の皮膚にあって、皮膚が物理的に伸びてしまったのでしょう。そのあたりの余剰な皮膚を、慣れた医師ならば柳の葉の形に切除してもいいはずです。

ayame10Q16;眼瞼けいれん、顔面けいれんは今後障害認定(特定疾患への指定のことか?)の可能性はあるのでしょうか?

A16:待っていてもこの疾患が特定疾患の指定を受けるのは難かしいと思いますが、大学の有力な教授や研究者の協力も求めてそのための運動は進めてゆくべきでしょう。

ayame12Q17.眼瞼けいれんの場合、こめかみの上の髪の生えぎわ辺りを吊り上げる手術は出来るのでしょうか?また効果はどうでしょうか?
A17. この質問者の意図がわかりかねます。眼瞼挙筋機能の悪い眼瞼下垂では吊り上げ法といって糸などで瞼を眉のあたりの骨膜に向かって吊り上げる方法が選ばれる場合がありますが、眼瞼痙攣は眼輪筋の異常な痙攣なので当てはまらないように思います。

注:前頭筋を吊り上げる手術の記載された文献の存在が、その後の調査で見つかりました。

ayame13Q18.側頭部痛・足元が不安定・頭の中がキンキンと響く、このような症状は、眼瞼けいれんと関係がありますか?

A18:関係無いと思います。この症状はむしろ海綿静脈洞部の動静脈シャント(CCF)を考えたいです。この疾患では動脈から静脈に血液が漏れ出していて、心拍に合った拍動性の雑音が耳の奥で聞こえると訴えます。物が二重に見えたり、眼が赤く充血する場面も見られます。

ayame9Q19:クラッチメガネとは、どのようなものですか?老眼が進むこともありますか?
A19:クラッチ眼鏡はメガネの蝶番部分に付けたピアノ線のばねで上瞼に触れ、センソリートリックを利用して開瞼を可能にしようとする道具です。
老眼はその好発年齢が眼瞼痙攣と重なりますが、老眼それ自体は痙攣や眼瞼とは関係ないと思います。

ayame10
Q20:①ティアバランス点眼薬とメチコバール錠(1人)・②リボトリールとアーテン(1人)を使用しているが症状は変わりません。何か他に良いお薬がありますか?

A20:リボトリールは眠くはなりますがそれなりに眼瞼痙攣を抑える効果があるはずです。メチコバールはおそらく無意味でしょう。ティアバランスは人工涙液であって保湿効果が多少有効でしょう。私ならボトックスの投与の前に点眼液の投与、風除けメガネ処方、加湿器設置勧告、そしてボトックスのムンテラと順に治療を進めます。

ayame8

うっかり医院の名刺を持ってゆくのを忘れていました。名刺を下さったり、名乗って下さる方々にはご無礼をいたしました。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類