お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年5月18日

343 視力も下がったパナマにおける謎の疾病、原因はジエチレングリコール

ジエチレングリコール2
パナマにおける謎の疾病、原因はジエチレングリコール
眼科として考えれば:
管理頁

ばら13パナマでは中国製の工業用ジエチレングリコールがグリセリンと誤って混入された風邪薬で多くの市民が死亡したことが話題になっています。

bara2ジエチレングリコール中毒例の多くは経口摂取によるものであり、中毒症状は吐き気、嘔吐、頭痛、下痢、腹痛で、大量のジエチレングリコールに暴露されると腎臓、心臓、神経系に影響を及ぼすそうです。ヒトに対する経口致死量(LD50)は1000mg/kg体重です。

ジエチレングリコール
視力の下がった患者も居たそうですので、ジエチレングリコールの眼毒性についても調査してみました。

bara3ジエチルグリコール摂取後の網膜の電気生理学および病理学的な変化(Electrophysiologic and histologic retinal changes after diethylene glycol administration. Klin Monatsbl Augenheilkd. 1987、191:458-61)という論文があって、ウサギにジエチレングリコールを経口投与したら、投与量に応じた網膜電図のb波の延長と,aおよびb波の振幅の減弱が見られたと報告し、さらに病理組織検査でもこれに対応する複屈折性の結晶が内顆粒層に見られたとしています。ジエチレングリコールの代謝物のシュウ酸エステルがその結晶らしく、シュウ酸カルシウムが腎や肝にも沈着していたとしています。

bara11またHasbaniらはEncephalopathy and peripheral neuropathy following diethylene glycol ingestionという論文をNEUROLOGY 2005;64:1273-1275に出しています。これはジエチレングリコールを含む液体を摂取して脳症と四肢麻痺をきたした24歳の男性症例を報告したものです。麻痺の進行と回復時の伝導速度と運動反応の変化を論じていて、これらの結果から原発性多発性で脱髄性の感覚運動ニューロンの障害が特に回復期に起きていると考察しています。この考えによれば、視力の低下は必ずしも網膜レベルではなく、もしかすると視神経にも視神経炎が観察される可能性が有る気がします。

bara121985年にはヨーロッパで白ワインに不凍液を混入して貴腐ワインとして出荷された事件もありました。日本でもタンクで輸入し原産地を隠して国産として出荷されたワインからジエチレングリコールが検出され騒ぎとなりました。しかし、このときには日本では健康被害は報告されませんでした。(パナマにおける謎の疾病、原因はジエチレングリコール)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

Categorised in: 未分類