お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2007年3月23日

310 清澤眼科医院通信85号(2007年3月23日、金曜日)

清澤眼科医院通信85号(2007年3月23日、金曜日)
136-0057江東区新砂3-3-53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929 (管理頁

杉花粉慈恵医科大学耳鼻科のホームページによると”品川での過去のスギ+ヒノキ科花粉飛散状況を検討し、花粉飛散数の多い日の最終日を確認したら”2000個未満の少量飛散年では100個/cm2/日以上の飛散は1997年の3月16日が最も遅く、50個/cm2/日(非常に多い)日は1997年の4月8日が最も遅い観測日となっていた。”ということですので、少量飛散年の今年は100個/cm2/日以上の飛散日はもう終わり、50個/cm2/日以上の「非常に多い」飛散日が今後まだ少し、また「やや多い」日は4月中旬ころまでに若干可能性があるそうです。ヒノキのアレルギーの方はまだこれからです。お大事に。花粉落下数は慈恵医大耳鼻科のページ (⇒3月のデータ) 

3号電話1、当医院は新患再来とも予約をお勧めしています。おいで戴けば予約なしでも拝見しますが、予約いただけますとカルテを別わけに準備してお待ちしています。あなたの貴重な時間と診療側の時間をマッチさせ、限られた医療資源をもっとも有効にお使いくいただきたいというのが予約制の趣旨です。日中の電話予約が簡単ですが、夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします 

030211 2、眼科受付、医療事務員募集:花粉症で患者さんが時々少し込み合っています。パート事務員募集を継続しています。私たちと一緒に”すべては患者さんのためにを目指す”眼科医院を作る意欲のある方はお問い合わせください。診療拡充のため、土曜日午前と日曜午前を含む週に数日の勤務をしてくださる方を希望します。住所の近い方で受付業務経験者を優遇します。応募の連絡をお待ちいたします。)。⇒当院求人ページへのリンク

職員当医院の目標のひとつは患者さんの感じる満足に従業員が達成感を持てる医院であることです。今月からは新しい視能訓練士も迎えて、新しい年度への船出をしました。

030633、このブログの読者が一日500人程度に増えてお問い合わせが増え、うれしい悲鳴をあげています。

03071当医院受診後の加療は当医院で受けて下さっても、前医で引き続き受けて下さってもよろしいです。私が診察もしないで、家族や友人からの病状の伝聞で安易にコメントすることは大変危険です。患者様御本人が一度御受診の上、当医の意見(セカンドオピニオン)や治療を求めください。保険診療ですから、普通は自己負担3割の保険診療で2500円程度(視野測定などを含めても5000円未満)です

030713質問箱がいつも開いているわけではなくて恐縮ですが、医学相談には、下に示す”患者の気持ちの”サイト中の当医への質問箱をお使いください> “患者の気持ち”の質問欄⇒(ここでリンク)。この質問箱は、医学情報を求める多くの方々に答えを共有していただくために作られたもので、その”質問と回答”の欄からさらに加筆して転載してこのブログにも公開させていただき、閲覧者にも見ていただきます。

患者の気持ちロゴ4、 ご質問は“患者の気持ち”の質問欄⇒(ここでリンク)からお寄せください。大変恐縮ですが、新しい質問が入ると答えを出すまで一時的に閉じます。

インターネット医科大学
○”インターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科の質問に短く答えています。

030645、花粉症がまだまだ来院しています。花粉落下数は慈恵医大耳鼻科のページ (⇒3月のデータ)駅前の眼科ですから、抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用のある新しい強めの抗アレルギー剤点眼薬を主に、飲み薬や点鼻薬も短時間で処方するよう心掛けています。。花粉症をしのぐ知恵に⇒リンク

030686、当医院への道案内(地下鉄、自動車、バス、徒歩)です、(⇒リンク)

オアシスとアドバンス7、コンタクトレンズ:アドバンス(普及品)とオアシス(高級品)のシリコンハイドロゲル製の2週間物の画期的新製品2種が発売されました。フリートライアル実施中当医院でもお試しいただけます。2週間用従来品よりも3倍高い酸素透過性と高い親水性が特徴です。

○コンタクト希望の方は保険証を持ち清澤眼科医院を御受診ください。クレジットカード一部可。正規の診察のうえ無料お試しレンズを数日装用後に購入を決定できます。⇒新価格表

○新砂コンタクトではオーツーオプティクスには(販売会社の計らいで)、販売時に次回の値引きに使えるクーポン(8月末日まで有効)をお渡ししています。

コスメ
8、 眼瞼痙攣の治療について瞼が痙攣する患者さんから、開いて居るのがつらいというだけの患者さんまで居ます。早めにご相談ください。

当医院の今後のボトックス投与予定:3月と4月は毎火曜と毎土曜です。電話で直接ご相談ください。

とれぼーの3○関東の私鉄系スーパーの無料誌”とれぼーの”のドクターのよもやま話の第3回(3月)のお題は眼瞼けいれんに悩む人は意外と多い⇒リンク私のインタビュー記事です。今週もこれを見てきてくださった患者さんが数人居られました。インタビュー記事への感想も編集室から届けられました。(感想をお寄せくださった読者に感謝しています。)

私の眼瞼痙攣治療策をまとめてみました。ボトックスは重要ですが、ボトックスばかりが眼瞼の痙攣に対する治療のすべてではありません。299 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣の清澤眼科医院における最新の治療について(⇒リンク)です。この記事を下書きとして、”眼瞼痙攣の治療法”という依頼原稿を日本眼科医会の機関紙である日本の眼科に近々提出します。

ボトックス関連の詳細記事は別ページにまとめてあります。眼瞼痙攣とボトックスに関心のある方はどうぞご覧ください。眼瞼痙攣特別号81B⇒リンクから。

眼瞼痙攣研究財団の二ユースレター3-4月号が来ました。近々収載の質問と答えを翻訳し私のコメントを付して紹介します。ボトックス後の複視の多くは下斜筋麻痺であるから下瞼正中部分のボトックスは眼瞼端から充分に離すことなどという具体的な話も出ています。(⇒眼瞼痙攣研究財団機関紙26-2号(3-4月)の問答にリンク

グーグル
9、当院ホームページは“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで眼科医院と御検索願うと2位に出ます。⇒リンク

10、◎病名説明記事検索○検索方法 1)病名解説は、control Fで”このページの検索”から検索できます。右の記事名クリックでページにリンク中。2)系統索引(御祖母ちゃんにもわかる目の病気)もあります(⇒リンク

迷ったときの医者選び
11.迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されました。眼科医は12人です。

 
03073◎12、 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○308 ウエルニッケ コルサコフ症候群Wernicke Korsakoff’s syndrome
○307 ラクーンアイズ raccoon eyes(アライグマの目)、両目の皮下出血、:頭蓋底骨折のサイン
○306 Duane’s syndrome:デュアン症候群
○299 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣の清澤眼科医院における最新の治療について
○298 線維性骨異形成
○287東京医科歯科大学眼科での清澤院長の外来診療の一日(水曜日)
○282 眼科で見るMeige症候群、メイジュ症候群
○272 眼瞼ミオキミア、眼輪筋波動症⇒リンク
○267 黄斑円孔の治療について⇒リンク

03074○15、今週の読書:
開業医だからこれだけ言える 庄司 肇著 \1600 王国社 発行年月:1993.3
先々週の本の著者つながりです。今度は島根県から本が届きました。かつて学校医は報酬を無視した名誉職であった、などの短編集です。著者が暖かい眼科医の目で語りかけてきます。昨今では患者さんをつれてくる利権でしょうか?

032117○今回、私は身体介護には門外漢ですが医師会の推薦で4月からの江東区介護認定審査会の委員をお引き受けしました。月に一度、金曜の夜に審査会があります。

◎医師会ブロック会での驚いた話題:私のブログでも日本の医療崩壊をお伝えしておりましたが、(リンク)、
○まず、医師不足や赤字で都内の中小の病院の廃止が頻発中(23区で20件以上)とのお話。さらに、2年前の研修制度の変更で各大学病院も医師が不足し現在の医療機能水準維持は困難であると。
○ 因みに(診療所は有るらしいのですが)、最近まで江東区に4軒有った正常分娩を受け付けた病院は、もう一箇所もなくなったのだそうです。江東区最後の墨東病院も正常分娩の予約受付はもう停止したとのこと。お産にからむ緊急事態の患者は(その医師個人の才覚で予め行く先の病院の医師に個人的に頼んで手術室を抑えてから)江戸川区や中央区の病院に救急車で運び込むしか助ける手段はないのだとか。医療崩壊が近いと申しましたら、産科医療はもう崩壊していますといわれてしまいました。(脳梗塞や心筋梗塞など)緊急の時に個人的に受け入れを頼める依頼先病院を持った経験と人脈のある開業医を主治医に持っておくことも、患者の自己責任という時代のようです。各科で医療崩壊がますます進んでいます。

マザー牧場の菜の花畑
◎近隣の見所(暫くぶりのご紹介)
マザー牧場にいってきました:千葉県の館山道、君津インターから20分位。広大な敷地に菜の花が満開。牛の乳搾り体験(無料、写真も可)、チーズとバターの製作体験(子供の体験に一度は良いが、ちと高い)、馬に乗って一周引いてもらったり、イチゴ狩り(当日分収穫終了で断念、水耕栽培で粒は小さい)。子供連れや足の弱い御祖母ちゃんずれ、それに愛犬同伴も可(一頭500円)。名前はダサいが、小学生が喜ぶとても健全な牧場パークです。☆☆☆

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

管理頁
携帯SEO
今日:
昨日:

Categorised in: 未分類